嫌がらせ・労災・学校・報復

ハラスメント(セクハラ、パワハラなど)のない社会を実現する

最終更新日:2018/06/11

関連する社会課題: 文化の未来

職場の権力を利用した嫌がらせ行為として、代表的なものにハラスメントがあります。
被害者は意欲の減退・不眠などの不調を引き起こすことが多く、職場では雰囲気が悪化し、仕事の生産性が低下する恐れがあり、場合によっては法に抵触する可能性もあります。

この問題に対応するため、国内では罰則の強化に加え、社内のストレスチェック制度の義務化が始まっています。
しかし、多様な個人の価値観から、無自覚なハラスメントの予防は難しいとされています。
加えて、告発した人が周囲から白い目で見られるなど精神的な二次被害が起こりやすく、告発率の低下や告発後の心理的負荷が問題となっています。

現在、AIによる相談内容の法的判断や報告書の自動作成を通じて、ハラスメント告発の後押しをする技術が開発されています。
今後ハラスメントのない社会が実現すれば、職場などでの人生の悩みの減少や集団活活動・経済活動の活性化が期待されます。

ハラスメント(セクハラ、パワハラなど)のない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • セクハラ被害をAIで客観的に判断

    カナダ・モントリオールを拠点とする Botler.aiは、自然言語処理(NLP)を活用し、事件の内容がセクハラもしくはその他の性的犯罪に該当するかどうかを教えてくれます。
    目標は裁判で勝てる可能性を伝えることではなく、法律上の根拠の提供により女性を力づける点にあります。
    ボットのユーザが事件のことを警察、職場の人事部などしかるべき場所に報告したいと伝えれば、ボットは事件報告用レポートを作成してくれます。

    国を問わず、セクハラ被害者のほとんどは泣き寝入りをしており、勇気を持って被害を申し出た人の多くが、何らかの形で報復を受けています。

    このように刑法の規定や過去の例を提示し客観性を示すサービスは、支援者の存在による安心感と勇気を与えることが出来、ハラスメントの少ない世の中を実現するのではないかと期待されています。 セクハラ被害をAIで客観的に判断
  • 職場のハラスメントをなくす「tEQuitable」

    tEQuitableは、職場における偏見・差別・ハラスメント行為をなくすサービスを提供する、アメリカのベンチャー企業です。

    彼らの提供するサービスは、職場で受けたハラスメント行為などを従業員が秘匿性の高い状態で専門家に相談し、個人にあった対策や行動計画をアドバイスできる点が特徴です。
    また、このデータは個人情報を伏せた状態で組織側にも共有され、従業員の感情を把握し、よりよい組織文化のためのアドバイスを受けることで、職場のハラスメント行為を解消することに貢献します。

    アメリカのメディアでは、女性の約半数が職場でハラスメント行為を受けているとも言われており、自分1人では適切な解決手段を判断しづらい点も問題となっています。

    tEQuitableは、アメリカの著名ベンチャーキャピタルY Combinatorからも支援を受けており、今後は多くの企業向けにハラスメント行為の解消と、よりよい組織文化にするためのサポートを展開していく予定です。 職場のハラスメントをなくす「tEQuitable」
  • 職場での問題を1時間以内に解決する「Bravely」

    bravelyは、職場で起こる問題を1時間以内に専門家へ相談するサービスを提供する、アメリカのベンチャー企業です。

    彼らのサービスの特徴は、匿名で自分の職場の規模や業界に最適なアドバイスができる専門家とのマッチングを1時間以内に行える点です。
    特に職場で起きる問題や不満などは業界・企業規模によって異なるため、その人自身にあったアドバイスを、その後具体的に職場内での相談やレポートなどのアクションに繋がられるようにおこなっています。

    アメリカでは、不公平に扱われたと感じる人のうち約8割が退職し、従業員が挙げる成果面での問題はそのうち65%が職場内での人間関係やハラスメント行為に起因すると言われています。
    また、企業側も正しい状態で早期に問題を検出できれば対処できることがある一方で、従業員側からみれば人事部に相談すること自体をためらうケースもあります。

    2017年の創業以降、ベンチャーキャピタルから約2億円の資金調達を実施し、アメリカ東海岸区域を中心に職場の問題解決と対話を促す活動を続けています。
    職場での問題を1時間以内に解決する「Bravely」
  • 危険を事前察知して身を守る「MOLY.JP」

    株式会社Molyは、女性向けの防犯メディアと護身用アプリを提供する、日本のベンチャー企業です。

    防犯メディア「MOLY.JP」で、防犯知識および防犯情報を届けていると同時に、防犯アプリ「MOLY」によって、自分の周囲で起きた事件などを把握し、身を守るための方法を知るサービスを展開しています。
    警察・自治体やユーザーのSNS投稿から提供される犯罪・防犯情報をスマートフォンの位置情報に連動してプッシュ通知でお知らせすることで自分から探すことなくいち早く危険を察知することが出来ます。

    ひったくりや痴漢、暴力事件やナンパなどつきまとう行為など、女性にとってストレスに感じる情報を地図上に表示しています、

    すでに2017年にサービスをリリースし、今後は顧客数拡大を目指して活動しています。 危険を事前察知して身を守る「MOLY.JP」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「ハラスメント(セクハラ、パワハラなど)のない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題