地下水・有害物質・バイオ

土壌汚染を解決する

最終更新日:2018/02/08

関連する社会課題: 環境の未来

 土壌汚染を解決すると、人を短期的な健康被害から救うだけでなく、水・大気等を通じて地球環境の浄化に繋がる。

 土壌汚染は、自然由来の汚染に加えて人間の生産活動や有害物質を含む廃棄物の埋設などによって生じ、目には見えにくいが、長期に亘り滞留する性質がある。
 人が地下水を飲用したり、手に付着した土やほこりが口から入ると体内に摂取され、中毒症状、肝臓や腎臓の機能障害を引き起こすほか、発がん性が高まるとされている。

 国内では規制法案が施行され、健康被害の防止措置が取られはじめたが、すでに汚染された土は、大気や地下水を経由して、大気汚染・水質汚染を招くことから、地球環境や健康に影響力は甚大である。
 この問題の解決に向け、現在、汚染された土壌を元に戻す技術が開発されはじめている。

土壌汚染を解決する

未来への変化の兆し

  • 汚染の可能性や深度を統計で推測

     茗溪不動産株式会社は、土壌汚染解決のコンサルティングを行っています。
     将来的には、土壌汚染ファンドを作り、土地を買い取って浄化して再販することを目指しています。また、土壌汚染の公示データを基に統計処理を行いデータベース化し、まずは「掘らなくても汚染を推計できるか」にチャレンジしています。

     開発によって生じた土壌汚染の解決は、今後の土地の利活用においても非常に重要です。最適化するコンサルティング、状況を把握するシステムの開発により、この問題の解決が期待されています。 汚染の可能性や深度を統計で推測
  • 環境バイオテクノロジーを応用した土壌浄化技術

     株式会社アース・ソリューションは、環境改善に取り組むコンサルティングファームです。
     土壌浄化事業では、バイオレメディエーションを行います。バイオレメディエーションとは、自然に存在する浄化力を活かして浄化を図る技術です。微生物や菌類や植物、あるいはそれらの酵素を用いて、地盤中で有害物質を除去し、汚染された土壌を元に戻すことが可能です。
     同社では、土壌調査や土壌浄化コンサルティング、土壌汚染対策工事もあわせて行うことで、クライアント企業の環境力向上を支援しています。

     こうした企業の生産活動と環境保全を同時に進める技術は、今後ますます需要が高まると見られています。 環境バイオテクノロジーを応用した土壌浄化技術

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「土壌汚染を解決する」に関連する解決すべき社会課題