地下水・有害物質・バイオ

土壌汚染のない社会を実現する

最終更新日:2018/06/11

関連する社会課題: 環境の未来

土壌が綺麗になることで、人の健康はもちろん、水・大気等を通じて地球環境の浄化を叶えることができます。

土壌汚染は、自然由来の汚染に加えて、人間の生産活動や有害物質を含む廃棄物の埋設などによって生じます。
その汚染された地下水を飲用したり、手に付着した土やほこりが口から入ると人の体内に摂取されます。
目には見えにくいものの、長期にわたって滞留する性質があり、中毒症状、肝臓・腎臓の機能障害を引き起こします。また、発がん性も高まるとされています。

この問題を防ごうと、国内では規制法案が施行されています。
しかし、すでに汚染されている土からも、大気や地下水を経由して大気汚染・水質汚染が発生します。
そこで現在は、汚染された土壌を元に戻す技術が開発されはじめており、土壌汚染のない社会の実現が近づきつつあります。

土壌汚染のない社会を実現する

未来への変化の兆し

  • 汚染の可能性や深度を統計で推測

    茗溪不動産株式会社は、土壌汚染解決のコンサルティングを行っています。
    将来的には、土壌汚染ファンドを作り、土地を買い取って浄化して再販することを目指しています。また、土壌汚染の公示データを基に統計処理を行いデータベース化し、まずは「掘らなくても汚染を推計できるか」にチャレンジしています。

    開発によって生じた土壌汚染の解決は、今後の土地の利活用においても非常に重要です。最適化するコンサルティング、状況を把握するシステムの開発により、この問題の解決が期待されています。 汚染の可能性や深度を統計で推測
  • 環境バイオテクノロジーを応用した土壌浄化技術

    株式会社アース・ソリューションは、環境改善に取り組むコンサルティングファームです。
    土壌浄化事業では、バイオレメディエーションを行います。バイオレメディエーションとは、自然に存在する浄化力を活かして浄化を図る技術です。微生物や菌類や植物、あるいはそれらの酵素を用いて、地盤中で有害物質を除去し、汚染された土壌を元に戻すことが可能です。
    同社では、土壌調査や土壌浄化コンサルティング、土壌汚染対策工事もあわせて行うことで、クライアント企業の環境力向上を支援しています。

    こうした企業の生産活動と環境保全を同時に進める技術は、今後ますます需要が高まると見られています。 環境バイオテクノロジーを応用した土壌浄化技術
  • 安全に汚染物質を吸着出来る素材

    従来の水処理技術は汚染物質を完全に除去することが出来ず、有害物質を含んだままの排水が土壌汚染を生んでいます。

    ロンドンのバイオテクノロジー企業CustoMemは、水に含まれる有害な微量汚染物質を回収できる吸着材を開発し、この問題に挑んでいます。
    同社の開発した「CGM」は、微生物を選択的に回収し、リサイクル・処分できる吸着剤です。このCGM自体も有害な化学物質を含んだり、生むことはありません。この技術によって土壌汚染の発生・悪化の軽減が期待されています。

    2018年には140万ユーロの助成金を得て、現在は企業と連携し現在は初期テストを実施しています。 安全に汚染物質を吸着出来る素材
  • 汚染した土壌を元に戻す「Geotech Soil stabilisation」

    Geotech Soil stabilisationは、土壌安定化技術を開発する、イギリスのベンチャー企業です。

    彼らが開発した「Geobind」は環境負荷や健康への悪影響の少ない土壌を専門の工場によって開発し、一度汚染された土壌も元の状態に戻すことが出来る点が、大きな特徴です。
    連絡を受けて7日以内に洗浄作業を開始できることが可能で、その土壌ごとの最適なアプローチを分析するためのサンプル抽出なども活用し、従来の方法よりもより少ないCO2排出量とローラーによる整地作業を実現しました。

    化合物を扱う工場周辺などでは、土壌汚染が深刻化しており、その土地の再利用を妨げるだけでなく、健康被害や水質汚染にもつながります。
    彼らのサービスは低コストで環境に負荷を掛けずに処理を実行できる点から、今後に期待されています。

    設立以降毎年倍以上のペースで事業を拡大し、2018年には投資家からの資金援助もうけ、今後の事業拡大を見込んでいます。 汚染した土壌を元に戻す「Geotech Soil stabilisation」

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この社会課題に関連するタグ

この課題を解決するために共有する

公募課題を投稿しませんか

この社会課題に取り組んでいる企業

関連する企業はありません

「土壌汚染のない社会を実現する」に関連する挑戦したい社会課題