発酵または酵素を使用して所望の化学的物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法

特許出願件数 498件 (前年比 146.0%) 法人数 10,560社(前年比 +1.7%) (新規参入数: 315社、撤退数: 240社)
主な法人 ジェネンテック,インコーポレイティド , 独立行政法人産業技術総合研究所 , 中外製薬株式会社 , アムジエン・インコーポレーテツド
主な人物 三宅俊雄 , ルーベン,スティーブンエム. , ローゼン,クレイグエイ.

この分野を構成する分野 (分野番号表示 ON )※整理標準化データをもとに当社作成

この分野の
活動状況

技術力ランキングTOP5

分野別法人力スコアに基づくシェアにより、ランキングを掲載しています。

※分野別法人力スコアとは

分野別法人力スコアとは、世の中に公開されている特許情報(特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報)をもとに算出されるスコアです。技術に携わる法人について、分野ごとに技術力・発明力を評価したものです。

特許出願件数推移

出願件数(左軸)
  • 発酵または酵素を使用して所望の化学的物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
割合(右軸)
  1. ペプチドまたはたんぱく質の製造
  2. 酸素原子を含む有機化合物の製造
  3. 糖類基を含む化合物の製造

主要企業情報

参入・撤退などの活動状況

2009年8月~ 2019年8月までの特許出願のデータを参考にしています。

参入・撤退の状況概観

新規参入
発酵または酵素を使用して所望の化学的物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
(2,213社)
技術展開

この分野で活躍する法人が参入した分野359分野

この分野への新規参入

この分野からの撤退

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

この分野の主な発明者