財団法人韓国機械研究院

御社の開放特許を掲載しませんか?100万人のユーザーに広くPRできます。お問合せはこちらから

この法人の
活動状況
  • 1999年11月 固定構造物の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1999年11月 電気の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1997年4月 生活必需品の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1996年12月 化学,冶金の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1996年10月 機械工学,照明,加熱,武器,爆破の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1995年9月 処理操作,運輸の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1995年9月 物理学の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。

財団法人韓国機械研究院 が強みを持つ分野

磁性粉の製造
センサ−をもつもの
非電気的に音を増幅する装置.例.非電気的メガホン
トルクモ−タ直結式サ−ボ弁
【機械的振動・音波の測定】電気的測定手段 - 型式 - 他の物理量に変換した後検出するもの
分野1位

財団法人韓国機械研究院 に関わりのある主な発明者

参入・撤退などの活動状況

2016年11月~2019年11月までの特許出願のデータを参考にしています。

参入・撤退の状況概観

財団法人韓国機械研究院

撤退した分野

0分野

2016年11月~2019年11月の期間において撤退した分野はありません

異分野参入・
横展開した分野

0分野

2016年11月~2019年11月の期間において異分野参入・横展開した分野はありません

  • 2016年11月~2019年11月における、該当する活動状況がありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

財団法人韓国機械研究院
に関する技術履歴

財団法人韓国機械研究院の技術一覧