運輸省船舶技術研究所長

御社の開放特許を掲載しませんか?100万人のユーザーに広くPRできます。お問合せはこちらから

この法人の
活動状況
  • 2020年4月 処理操作,運輸の分野から撤退した可能性が高いことが分かりました。
  • 2019年8月 化学,冶金の分野から撤退した可能性が高いことが分かりました。
  • 2018年8月 電気の分野から撤退した可能性が高いことが分かりました。
  • 2017年6月 機械工学,照明,加熱,武器,爆破の分野から撤退した可能性が高いことが分かりました。
  • 2016年8月 固定構造物の分野から撤退した可能性が高いことが分かりました。
  • 2006年5月 生活必需品の分野から撤退した可能性が高いことが分かりました。
  • 1988年1月 化学,冶金の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1987年10月 電気の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1986年5月 生活必需品の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1985年11月 処理操作,運輸の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1985年10月 機械工学,照明,加熱,武器,爆破の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1985年1月 固定構造物の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 1984年10月 物理学の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。

運輸省船舶技術研究所長 の「提携・競合」関係

運輸省船舶技術研究所長 が強みを持つ分野

空中線の見かけの移動が,複数の固定空中線の循環的,順次的付勢により作り出されるもの
リング,ピストンの
上記の同期された信号または連続波の断続列系であって,その断続は,方向線および位置線を決定するためのものでなく,かつその伝播時間は位相差の測定により比較されるもの
受信機においてビームの搬送波の実質的に連続する正弦波包路線信号を作り出し,かつその位相角がビーコンに対する基準方向との間の角度に依存するところの広ビーム方式,例.カージオイド方式
方向に依存する包絡線信号の位相角が,方向に依存しない基準信号と比較されるもの

運輸省船舶技術研究所長 に関わりのある主な発明者

参入・撤退などの活動状況

2017年9月~2020年9月までの特許出願のデータを参考にしています。

参入・撤退の状況概観

運輸省船舶技術研究所長

撤退した分野

3分野

異分野参入・
横展開した分野

0分野

2017年9月~2020年9月の期間において異分野参入・横展開した分野はありません

  • 2020年4月 撤退 処理操作,運輸の分野から撤退した可能性が高いことがわかりました。
  • 2019年8月 撤退 化学,冶金の分野から撤退した可能性が高いことがわかりました。
  • 2018年8月 撤退 電気の分野から撤退した可能性が高いことがわかりました。

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

運輸省船舶技術研究所長
に関する技術履歴

運輸省船舶技術研究所長の技術一覧