ハフイヤインスティテュート

御社の開放特許を掲載しませんか?100万人のユーザーに広くPRできます。お問合せはこちらから

この法人の
活動状況
  • 2014年5月 化学,冶金の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。
  • 2009年12月 生活必需品の分野に新規参入した可能性が高いことが分かりました。

ハフイヤインスティテュート の「提携・競合」関係

ハフイヤインスティテュート が強みを持つ分野

【非環式または炭素環式化合物含有医薬】硫黄、セレン、テルルを含む化合物 - 硫黄を含む化合物 - チオール(—SH) - S原子がアミノ基とCO2R基含有炭素鎖に(図面) - システインのアミド誘導体
分野1位
【他の有機化合物及び無機化合物含有医薬】環構成にN原子又はSe,Te,ハロゲン原子を含む有単式複素環化合物(図面) - 環構成にセレン,テルル,ハロゲン原子含有(図面)
【有機低分子化合物及びその製造】アミノカルボン酸(C07C227/229のいずれかが付与されている場合に、付与している) - カルニチン

ハフイヤインスティテュート に関わりのある主な発明者

参入・撤退などの活動状況

2015年12月~2018年12月までの特許出願のデータを参考にしています。

参入・撤退の状況概観

ハフイヤインスティテュート

撤退した分野

0分野

2015年12月~2018年12月の期間において撤退した分野はありません

異分野参入・
横展開した分野

0分野

2015年12月~2018年12月の期間において異分野参入・横展開した分野はありません

  • 2015年12月~2018年12月における、該当する活動状況がありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

ハフイヤインスティテュート
に関する技術履歴

ハフイヤインスティテュートの技術一覧