カテゴリー:日本 - 物理学 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 タッチスクリーン用キーボードパッド

出願人 発明者
出願日 2010年12月6日 (3年7ヶ月経過) 出願番号 2010-271251
公開日 2012年3月8日 (2年4ヶ月経過) 公開番号 2012-050054
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2030年12月6日 (残16年4ヶ月) 状態 拒絶査定(最終処分)
技術分野
関連キーワード

以下の情報は公開日時点(2012年3月8日)のものです。

課題

タッチスクリーンに具現されるキーボード使用感を向上させ、タッチ信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供する。

解決手段

本発明はタッチスクリーンに脱着するように形成されたキーボードパッドに関し、具体的には、前記タッチスクリーンをカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成される。

この項目の情報は公開日時点(2012年3月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

PDFをダウンロードすると、すべての図面を閲覧可能です。

一般的に、モバイルやPDAのような端末機ショートメッセージサービスSMS)が提供されていて、最近は電子メールのようなテキスト基盤通信が可能になるように技術が発展している。

これにより、モバイルを含んだ各種端末機には消費者要求に応じてクアーティー(QWERTY)型キーボードが提供されている。前記クアーティー型キーボードは、より早いテキスト入力が可能である長所を有する反面、端末機で占める比重が大きいため、その分スクリーンの大きさが小くなる短所がある。

このような問題点を解決するために、最近タッチスクリーンの技術が導入されたモバイルやPDAのような端末機は、前記タッチスクリーンを通じてクアーティー型キーボードを具現することにより、スクリーンの大きさが小くなる短所を解決するようになった。

しかし、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いてテキストを入力することは使用感が悪いという短所がある。即ち、平らで硬い感じの前記タッチスクリーン上にクアーティー型キーボードが具現されるため、各キー(key)のでこぼこの感触やキーが押される感触がないというのである。

また、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いてテキストを入力する過程で、タッチ信頼性が低下する短所がある。即ち、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いる時、指先で各キーの正確な位置感知することができず、キーの位置を外れてもこれを指先で感知することができないため、偶発的な入力が頻繁に発生するのである。また、前記タッチスクリーンにクアーティー型キーボードをフルサイズで具現するためには、各キーの大きさが小さくて、各キーの間の間隔が狭くなるしかないため、その分キー入力エラーが頻繁に発生するようになる。

一方、前記タッチスクリーンは普遍的抵抗膜方式(Resistive Type)と静電容量方式(Capacitive Type)を用いたタッチ技術が適用されている。

前記抵抗膜方式のタッチスクリーンは、第1透明電極が形成された第1透明フィルムと第2透明電極が形成された第2透明フィルムがドットスペーサー(dot spacer)を間に置いて互いに対向する構造製作される。従って、抵抗膜方式のタッチスクリーンを指やペンを用いてタッチすると、例えば上部の第1透明基板が曲がって第1、2透明電極が互いに接触し、この部分抵抗値の変化を感知して座標認識するようになる。

前記静電容量方式のタッチスクリーンは、上下の第1、2透明フィルムの間に透明電極が形成された構造で製作される。従って、指や導電性ペンが上部フィルムに接触されると、その部分で前記透明電極の静電容量の変化を感知して座標を認識するようになる。

概要

タッチスクリーンに具現されるキーボードの使用感を向上させ、タッチの信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供する。本発明はタッチスクリーンに脱着するように形成されたキーボードパッドに関し、具体的には、前記タッチスクリーンをカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成される。

目的

本発明は従来の問題点を解決するためのものであり、タッチスクリーンに具現されるキーボードの使用感を向上させ、タッチの信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2012年3月8日)のものです。

請求項1

タッチスクリーンカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成されることを特徴とするタッチスクリーン用キーボードパッド

請求項2

前記キーボードパッドは透明で柔軟なゴムまたはシリコーン材質で形成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項3

前記突出部は前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー(QWERTY)型キーボードに対応して形成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項4

前記突出部の上部と下部に夫々位置し、前記突出部を貫通して互いに連結される上部及び下部電極板をさらに含んで構成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項5

前記上部及び下部電極板の間を連結するスプリングをさらに含んで構成されることを特徴とする請求項4に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項6

前記キーボードパッドの両側には前記タッチスクリーンまたは前記タッチスクリーンを含む端末機に脱着するための脱着手段を含んで構成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項7

前記脱着手段は前記キーボードパッドの両側から延長され、前記タッチスクリーンを含む端末機をくるんで固定するバンドで形成されることを特徴とする請求項6に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?