図面 (/)

技術 タッチスクリーン用キーボードパッド

出願人 サムソンエレクトロ−メカニックスカンパニーリミテッド.
発明者 キム・ヒュンジュンオ・ヨンスリ・ジョンヨン
出願日 2010年12月6日 (5年8ヶ月経過) 出願番号 2010-271251
公開日 2012年3月8日 (4年5ヶ月経過) 公開番号 2012-050054
状態 拒絶査定
技術分野 キーボード等からの入力 位置入力装置 表示による位置入力 デジタル計算機のユーザインターフェイス デジタル計算機のユーザインターフェイス
主要キーワード 自体弾性力 非導電性材質 上下電極板 シリコーン材 分キー テキスト基盤 伝導性フィルム 吸着板

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

図面 (7)

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

課題

タッチスクリーンに具現されるキーボード使用感を向上させ、タッチ信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供する。

解決手段

本発明はタッチスクリーンに脱着するように形成されたキーボードパッドに関し、具体的には、前記タッチスクリーンをカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成される。

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

一般的に、モバイルやPDAのような端末機ショートメッセージサービスSMS)が提供されていて、最近は電子メールのようなテキスト基盤通信が可能になるように技術が発展している。

これにより、モバイルを含んだ各種端末機には消費者要求に応じてクアーティー(QWERTY)型キーボードが提供されている。前記クアーティー型キーボードは、より早いテキスト入力が可能である長所を有する反面、端末機で占める比重が大きいため、その分スクリーンの大きさが小くなる短所がある。

このような問題点を解決するために、最近タッチスクリーンの技術が導入されたモバイルやPDAのような端末機は、前記タッチスクリーンを通じてクアーティー型キーボードを具現することにより、スクリーンの大きさが小くなる短所を解決するようになった。

しかし、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いてテキストを入力することは使用感が悪いという短所がある。即ち、平らで硬い感じの前記タッチスクリーン上にクアーティー型キーボードが具現されるため、各キー(key)のでこぼこの感触やキーが押される感触がないというのである。

また、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いてテキストを入力する過程で、タッチ信頼性が低下する短所がある。即ち、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いる時、指先で各キーの正確な位置を感知することができず、キーの位置を外れてもこれを指先で感知することができないため、偶発的な入力が頻繁に発生するのである。また、前記タッチスクリーンにクアーティー型キーボードをフルサイズで具現するためには、各キーの大きさが小さくて、各キーの間の間隔が狭くなるしかないため、その分キー入力エラーが頻繁に発生するようになる。

一方、前記タッチスクリーンは普遍的に抵抗膜方式(Resistive Type)と静電容量方式(Capacitive Type)を用いたタッチ技術が適用されている。

前記抵抗膜方式のタッチスクリーンは、第1透明電極が形成された第1透明フィルムと第2透明電極が形成された第2透明フィルムがドットスペーサー(dot spacer)を間に置いて互いに対向する構造製作される。従って、抵抗膜方式のタッチスクリーンを指やペンを用いてタッチすると、例えば上部の第1透明基板が曲がって第1、2透明電極が互いに接触し、この部分の抵抗値の変化を感知して座標認識するようになる。

前記静電容量方式のタッチスクリーンは、上下の第1、2透明フィルムの間に透明電極が形成された構造で製作される。従って、指や導電性ペンが上部フィルムに接触されると、その部分で前記透明電極の静電容量の変化を感知して座標を認識するようになる。

概要

タッチスクリーンに具現されるキーボードの使用感を向上させ、タッチの信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供する。本発明はタッチスクリーンに脱着するように形成されたキーボードパッドに関し、具体的には、前記タッチスクリーンをカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成される。

目的

本発明は従来の問題点を解決するためのものであり、タッチスクリーンに具現されるキーボードの使用感を向上させ、タッチの信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

ページトップへ

請求項

請求項1

タッチスクリーンカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成されることを特徴とするタッチスクリーン用キーボードパッド

請求項2

前記キーボードパッドは透明で柔軟なゴムまたはシリコーン材質で形成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項3

前記突出部は前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー(QWERTY)型キーボードに対応して形成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項4

前記突出部の上部と下部に夫々位置し、前記突出部を貫通して互いに連結される上部及び下部電極板をさらに含んで構成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項5

前記上部及び下部電極板の間を連結するスプリングをさらに含んで構成されることを特徴とする請求項4に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項6

前記キーボードパッドの両側には前記タッチスクリーンまたは前記タッチスクリーンを含む端末機に脱着するための脱着手段を含んで構成されることを特徴とする請求項1に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

請求項7

前記脱着手段は前記キーボードパッドの両側から延長され、前記タッチスクリーンを含む端末機をくるんで固定するバンドで形成されることを特徴とする請求項6に記載のタッチスクリーン用キーボードパッド。

詳細

技術分野

0001

本発明はタッチスクリーンに脱着するように形成されたキーボードパッドに関する。


背景技術

0002

一般的に、モバイルやPDAのような端末機ショートメッセージサービスSMS)が提供されていて、最近は電子メールのようなテキスト基盤通信が可能になるように技術が発展している。

0003

これにより、モバイルを含んだ各種端末機には消費者要求に応じてクアーティー(QWERTY)型キーボードが提供されている。前記クアーティー型キーボードは、より早いテキスト入力が可能である長所を有する反面、端末機で占める比重が大きいため、その分スクリーンの大きさが小くなる短所がある。

0004

このような問題点を解決するために、最近タッチスクリーンの技術が導入されたモバイルやPDAのような端末機は、前記タッチスクリーンを通じてクアーティー型キーボードを具現することにより、スクリーンの大きさが小くなる短所を解決するようになった。

0005

しかし、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いてテキストを入力することは使用感が悪いという短所がある。即ち、平らで硬い感じの前記タッチスクリーン上にクアーティー型キーボードが具現されるため、各キー(key)のでこぼこの感触やキーが押される感触がないというのである。

0006

また、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いてテキストを入力する過程で、タッチ信頼性が低下する短所がある。即ち、前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー型キーボードを用いる時、指先で各キーの正確な位置を感知することができず、キーの位置を外れてもこれを指先で感知することができないため、偶発的な入力が頻繁に発生するのである。また、前記タッチスクリーンにクアーティー型キーボードをフルサイズで具現するためには、各キーの大きさが小さくて、各キーの間の間隔が狭くなるしかないため、その分キー入力エラーが頻繁に発生するようになる。

0007

一方、前記タッチスクリーンは普遍的に抵抗膜方式(Resistive Type)と静電容量方式(Capacitive Type)を用いたタッチ技術が適用されている。

0008

前記抵抗膜方式のタッチスクリーンは、第1透明電極が形成された第1透明フィルムと第2透明電極が形成された第2透明フィルムがドットスペーサー(dot spacer)を間に置いて互いに対向する構造製作される。従って、抵抗膜方式のタッチスクリーンを指やペンを用いてタッチすると、例えば上部の第1透明基板が曲がって第1、2透明電極が互いに接触し、この部分の抵抗値の変化を感知して座標認識するようになる。

0009

前記静電容量方式のタッチスクリーンは、上下の第1、2透明フィルムの間に透明電極が形成された構造で製作される。従って、指や導電性ペンが上部フィルムに接触されると、その部分で前記透明電極の静電容量の変化を感知して座標を認識するようになる。


発明が解決しようとする課題

0010

本発明は従来の問題点を解決するためのものであり、タッチスクリーンに具現されるキーボードの使用感を向上させ、タッチの信頼性を向上させるためのタッチスクリーン用キーボードパッドを提供することを目的とする。


課題を解決するための手段

0011

本発明のタッチスクリーン用キーボードパッドは、タッチスクリーンをカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部を含んで構成される。
前記突出部を含むキーボードパッドは透明で柔軟なゴムまたはシリコーン材質で形成される。
前記突出部は前記タッチスクリーンに具現されるクアーティー(QWERTY)型キーボードに対応して形成される。
前記突出部の上部と下部に夫々位置し、前記突出部を貫通して互いに連結される上下電極板をさらに含んで構成される。

0012

前記上部及び下部電極板の間を連結するスプリングをさらに含んで構成される。
前記キーボードパッドの両側には前記タッチスクリーンまたは前記タッチスクリーンを含む端末機に脱着するための脱着手段を含んで構成される。
前記脱着手段は前記キーボードパッドの両側から延長され、前記タッチスクリーンを含む端末機をくるんで固定するバンドで形成される。

0013

本発明の特徴及び利点は添付図面に基づいた以下の詳細な説明によってさらに明らかになるであろう。
本発明の詳細な説明に先立ち、本明細書及び請求範囲に用いられた用語や単語は通常的かつ辞書的な意味解釈されてはならず、発明者が自らの発明を最善の方法で説明するために用語の概念を適切に定義することができるという原則にしたがって本発明の技術的思想にかなう意味と概念に解釈されるべきである。


発明の効果

0014

本発明のタッチスクリーン用キーボードパッドによると、前記キーボードパッドをタッチスクリーンの前面に付着した後、突出部を通じてタッチスクリーンに具現されるキーボードをタッチすることにより、使用感とタッチの信頼性がさらに向上される効果がある。
本発明のタッチスクリーン用キーボードパッドによると、前記キーボードパッドが透明な材質で形成されるため、前記タッチスクリーンをカバーした状態でも画面を遮らずに便利に用いることができる効果がある。
本発明のタッチスクリーン用キーボードパッドによると、前記突出部の上下面に形成される上部及び下部電極板によって静電容量方式のタッチスクリーンでも便利に用いることができる効果がある。
本発明のタッチスクリーン用キーボードパッドによると、前記脱着手段によってキーボードパッドをタッチスクリーンから簡便に付着または除去することができて、使用が便利になる効果がある。


発明を実施するための最良の形態

0015

本発明の目的、特定の長所及び新規の特徴は添付図面に係る以下の詳細な説明および好ましい実施例によってさらに明らかになるであろう。本明細書において、各図面の構成要素に参照番号を付け加えるに際し、同一の構成要素に限っては、たとえ異なる図面に示されてもできるだけ同一の番号を付けるようにしていることに留意しなければならない。また、本発明の説明において、係わる公知技術に対する具体的な説明が本発明の要旨を不必要にぼかす可能性があると判断される場合は、その詳細な説明を省略する。

0016

以下、本発明の好ましい実施例を添付の図面を参照して具体的に説明する。
本発明のタッチスクリーン用キーボードパッド100は、図1から図4に図示されたように、タッチスクリーン10をカバーし、前記タッチスクリーンを通じて具現されるキーボードの各キーに対応して、凸に突出された多数個の突出部110を含んで構成される。

0017

前記キーボードパッド100は前記タッチスクリーン10に密着されるように平らに形成され、前記突出部110はその底面が前記タッチスクリーンの表面から離隔されるように凸に形成される。前記突出部110が前記タッチスクリーン10と離隔された状態で凸に突出されることにより、指で押す時に弾性力が発生して、使用感が向上される。この際、前記突出部110は前記キーボードパッド100とともに一体に成形する。

0018

前記突出部110を含むキーボードパッド100は透明で柔軟なゴムまたはシリコーン材質で形成される。

0019

前記突出部110を含むキーボードパッド100が透明な材質で形成されることにより、前記キーボードパッド100を前記タッチスクリーン10に具現されるキーボード上に正確に位置させることができ、前記キーボードパッド100でタッチスクリーン10をカバーした状態でも、前記タッチスクリーン10に具現される全ての画面を見ることができるようになる。

0020

また、前記突出部110を含むキーボードパッド100が柔軟なゴムまたはシリコーン材質で形成されることにより、前記突出部110を押してタッチスクリーン10を容易にタッチすることができ、前記突出部110を押している手を離すと、自体弾性力によって再び突出されて、常に形態を維持するようになる。

0021

前記突出部110は図1及び図2に図示されたように、前記タッチスクリーン10に具現されるクアーティー(QWERTY)型キーボードに対応するように形成される。ここで、前記突出部110がクアーティー型キーボードに対応して形成されることは一つの実施例であり、広い意味では既存に用いられていたものや、今後変形可能な全ての形態のキーボードに対応して形成することができる。

0022

前記キーボードパッド100は、抵抗膜方式(Resistive Type)と静電容量方式(Capacitive Type)のタッチスクリーン10の両方で有用に用いることができるように形成される。

0023

前記抵抗膜方式のタッチスクリーン10に用いるキーボードパッド100の実施例として、上述のように突出部110が凸に突出された構成で十分である。即ち、抵抗膜方式のタッチスクリーン10は背景技術に説明したように、上部フィルムをタッチした時、互いに離れている第1、2透明電極が互いに接触してキーボードのキーが入力されるようにするものであるため、前記突出部110を通じて前記タッチスクリーンの上部フィルムを押すことができるように形成すれば良い。

0024

前記静電容量方式のタッチスクリーン10に用いるキーボードパッド100の実施例として、図5に図示されたように、前記突出部110の上部と下部に夫々位置し、前記突出部110を貫通して互いに連結される上部及び下部電極板120a、120bを含んで構成されることができる。

0025

前記静電容量方式のタッチスクリーン10は、背景技術に説明したように、指や導電性ペンを用いて上部フィルムをタッチした時、透明電極の静電容量が変化してキーボードのキーが入力されるようにするものであるため、前記キーボードパッド100は非導電性材質で形成する一方、前記突出部110には指や導電性ペンが触れた時に導電性を帯びて前記タッチスクリーンに接触する上部及び下部電極板120a、120bが形成されるのである。

0026

前記上部及び下部電極板120a、120bの実施例として、図6に図示されたように、前記上部及び下部電極板120a、120bの間がスプリング130で連結される。この場合、前記上部電極板120aは突出部110の上面に固定され、前記下部電極板120bはスプリング130の端に結合されて前記タッチスクリーン10に密着された状態を維持するようになる。従って、前記上部電極板120aをタッチした時、下部電極板120bを通じるタッチスクリーン10のタッチ信頼性が高くなる。

0027

前記上部及び下部電極板120a、120bは、タッチスクリーン10に具現されるキーボードを遮らないように透明な材質で形成する。前記透明な素材の上部及び下部電極板120a、120bは例えば伝導性フィルムで形成することができる。

0028

前記キーボードパッド100は、前記タッチスクリーン10または前記タッチスクリーンを含む端末機20に脱着するための脱着手段140を含んで構成される。即ち、前記キーボードパッド100は脱着手段140によって前記タッチスクリーン10上に簡便に付着または除去することができるようになる。

0029

前記脱着手段140は、前記キーボードパッド100の両側から延長され、前記タッチスクリーン10を含む端末機20をくるんで固定するバンドで形成される。前記脱着手段140としてバンドは一つの実施例であり、広い意味では、キーボードパッド100をタッチスクリーン10に貼り付けて外すことが可能な吸着板や、接着テープまたは端末機20に嵌めて取り付けケースなどの全ての形態の適用が可能である。

0030

このような構成の本発明によると、前記キーボードパッド100をタッチスクリーン10の前面に付着した後、突出部110を通じてタッチスクリーン10に具現されるキーボードをタッチすることにより、使用感とタッチの信頼性がさらに向上される。

0031

また、前記キーボードパッド100が透明な材質で形成されるため、前記タッチスクリーン10をカバーした状態でも画面を遮らずに便利に用いることができるようになる。
また、前記突出部110の上下面に形成される上部及び下部電極板120a、120bによって、静電容量方式のタッチスクリーン10でも便利に用いることができるようになる。

0032

また、前記脱着手段140によって、キーボードパッドをタッチスクリーンから簡便に付着または除去することができて、使用が便利になる。

0033

以上、本発明を具体的な実施例に基づいて詳細に説明したが、これは本発明を具体的に説明するためのものであり、本発明によるタッチスクリーン用キーボードパッドはこれに限定されず、該当分野における通常の知識を有する者であれば、本発明の技術的思想内にての変形や改良が可能であることは明白であろう。
本発明の単純な変形乃至変更はいずれも本発明の領域に属するものであり、本発明の具体的な保護範囲は添付の特許請求の範囲により明確になるであろう。


図面の簡単な説明

0034

本発明が適用されたタッチスクリーン用キーボードパッドを図示した斜視図である。
本発明が適用されたタッチスクリーン用キーボードパッドを図示した斜視図である。
本発明が適用されたタッチスクリーン用キーボードを図示した断面図である。
要部拡大図である。
本発明が適用されたタッチスクリーン用キーボードパッドの他の実施例を図示した断面図である。
本発明が適用されたタッチスクリーン用キーボードパッドのまた他の実施例を図示した断面図である。

0035

10タッチスクリーン
20端末機
100キーボードパッド
110 突出部
120a、120b 上部及び下部電極板
130スプリング
140 脱着手段


ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • パナソニック株式会社の「電子機器」が公開されました。(2015/12/24)

    【課題・解決手段】電子機器10は、ユーザのタッチ操作を受け付けるタッチパッド11と、タッチパッド11を支持する支持部12と、タッチパッド11に取り付けられており、タッチパッド11をたわみ変形させる振動 ... 詳細

  • 株式会社村田製作所の「操作入力装置および情報表示装置」が公開されました。(2015/12/24)

    【課題・解決手段】操作入力装置(1)は、情報表示装置(2)が収容される凹部(500)を有する筐体(50)を備える。筐体(50)の基部(501)には、平膜状の圧電素子(10)およびこれに接続するコントロ ... 詳細

  • パナソニックインテレクチュアルプロパティコーポレーションオブアメリカの「携帯電子機器」が公開されました。(2015/12/21)

    【課題・解決手段】タッチパネル3に指先が接していない場合に、指先とタッチパネル3との距離を検出し、加速度センサ4の出力が所定の加速度以上である場合で、かつ、指先とタッチパネル3との距離が第2の距離以上 ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連性が強い未来の課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

アンケートご協力のお願い

企業様内においてastamuseを安心してご利用けるようサービス向上のためのアンケートを行っております。お手数ですがどうぞご協力よろしくお願いいたします。

回答が必要なお問い合わせに
つきましてはこちら

ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

お問い合わせ