カテゴリー:日本 - 繊維,紙 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 シャツの襟プレス装置

出願人 発明者
出願日 2009年7月6日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2009-159451
公開日 2011年1月20日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2011-010971
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2029年7月6日 (残14年11ヶ月) 状態 拒絶査定(最終処分)
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2011年1月20日)のものです。

課題

簡易な構成でプレス工程とボタン掛け工程との両工程を行うことが可能で、かつ、ボタン掛け作業を容易に行うことが可能なシャツ襟プレス装置を提供すること。

解決手段

シャツの襟プレス装置1は、シャツ2の第1ボタン掛けるボタン掛け作業を行うために、かつ、シャツ2の襟2aをプレスするために襟2aが配置される襟配置部3と、襟配置部3に配置された襟2aをプレスするプレス機構4とを備えている。襟配置部3は、襟配置部3に配置されたシャツ2の第1ボタンが、ボタン掛け作業を行う作業者がいる作業者側を向くように構成されている。

この項目の情報は公開日時点(2011年1月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

PDFをダウンロードすると、すべての図面を閲覧可能です。

従来、シャツ製造時やクリーニング後に、シャツのプレスする襟プレス装置として、シャツの襟が巻回される芯部材と、襟をプレスするプレス部材とを備える襟プレス装置が知られている(たとえば、特許文献1参照)。この特許文献1に記載の襟プレス装置では、芯部材は、その断面略楕円形状となる筒状に形成されており、その軸方向水平になるように配置されている。また、この襟プレス装置では、プレス部材は、芯部材の上方に配置され、芯部材に対して上下動するように構成されている。なお、この襟プレス装置では、芯部材に襟が巻回されたシャツの背中側は、襟のプレス作業を行う作業者が立っている作業者側(すなわち、襟プレス装置の前面側)に垂れている。

また、襟をプレスした後には、一般的に、作業者によるシャツのボタン掛け作業が行われる。従来、シャツのボタン掛け作業を行うための構成として、図6に示すように、円錐台状に形成されたシャツ受け101とポール102とを備えるネックスタンドが知られており、このネックスタンドを利用してシャツ103のボタン掛け作業が行われている。

概要

簡易な構成で襟のプレス工程とボタン掛け工程との両工程を行うことが可能で、かつ、ボタン掛け作業を容易に行うことが可能なシャツの襟プレス装置を提供すること。シャツの襟プレス装置1は、シャツ2の第1ボタンを掛けるボタン掛け作業を行うために、かつ、シャツ2の襟2aをプレスするために襟2aが配置される襟配置部3と、襟配置部3に配置された襟2aをプレスするプレス機構4とを備えている。襟配置部3は、襟配置部3に配置されたシャツ2の第1ボタンが、ボタン掛け作業を行う作業者がいる作業者側を向くように構成されている。

目的

そこで、本発明の課題は、簡易な構成で襟のプレス工程とボタン掛け工程との両工程を行うことが可能で、かつ、ボタン掛け作業を容易に行うことが可能なシャツの襟プレス装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2011年1月20日)のものです。

請求項1

シャツの第1ボタンを少なくとも掛けボタン掛け作業を行うために、かつ、前記シャツのプレスするために前記襟が配置される襟配置部と、前記襟配置部に配置された前記襟をプレスするプレス機構とを備え、前記襟配置部は、前記襟配置部に配置された前記シャツの前記第1ボタンが、前記ボタン掛け作業を行う作業者がいる作業者側を向くように構成されていることを特徴とするシャツの襟プレス装置

請求項2

前記襟配置部は、前記襟配置部に配置された前記シャツの前記第1ボタンが前記作業者側を向くように固定され、前記プレス機構は、前記作業者側の反対側となる反作業者側に配置され、前記シャツの奥襟側から前記襟をプレスすることを特徴とする請求項1記載のシャツの襟プレス装置。

請求項3

前記襟配置部は、前記襟が当接する外周面を有する略円柱状略円筒状略楕円柱状または略楕円筒状に形成されるとともに、その軸方向が上側に向かうにしたがって前記作業者側に向かってしだいに傾斜するように固定されていることを特徴とする請求項2記載のシャツの襟プレス装置。

請求項4

前記襟配置部を下側から支持する第1の支持柱と、前記プレス機構を下側から支持する第2の支持柱とを備え、前記襟配置部に前記襟が配置された前記シャツの背中側は、前記第1の支持柱と前記第2の支持柱との間に配置されることを特徴とする請求項2または3記載のシャツの襟プレス装置。

請求項5

前記第1ボタンが掛けられた状態で前記襟配置部に配置された前記襟を保持する襟保持機構を備えることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載のシャツの襟プレス装置。

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 株式会社宮田工機の「被整形物仕上げ装置」が公開されました。(2013/04/04)

    【課題】この発明は、被整形物に縫着されたボタンと対応する部分の生地を、良好な仕上がり状態にプレス整形することができる被整形物仕上げ装置の提供を目的とする。【解決手段】ワイシャツRのカフス部Yに縫着され ... 詳細

  • 株式会社プレックスの「衣服折畳機」が公開されました。(2012/11/01)

    【課題】ズボンの裾等に付いた圧痕を伸ばすことができる衣服折畳機を提供する。【解決手段】搬送ハンガーhのキャッチh2に挟まれた衣服Zが搬入され、衣服Zを折り畳む衣服折畳機Aであって、キャッチh2により付 ... 詳細

  • 株式会社三幸社の「衣服プレス仕上げ機」が公開されました。(2012/09/10)

    【課題】 衣服を着せる人体型を備え、前側のプレス鏝が左右方向にスライド可能に形成されている衣服プレス仕上げ機において、プレス鏝を左右方向に案内するガイド部材の取り付け面の垂直面出しに係る手間暇を軽減 ... 詳細

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?