カテゴリー:日本 - 処理操作,運輸 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 溶接歪取り装置

出願人 発明者
出願日 2008年8月8日 (6年2ヶ月経過) 出願番号 2008-205767
公開日 2010年2月18日 (4年8ヶ月経過) 公開番号 2010-036249
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2028年8月8日 (残13年10ヶ月) 状態 未査定
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性がある課題・分野

関連する未来の課題
重要な関連分野

図面 (4)

以下の情報は公開日時点(2010年2月18日)のものです。

課題

プレス式溶接歪取り装置が、騒音粉塵の発生を抑制し、容易に溶接歪み変形)を矯正できる。

解決手段

溶接歪取り装置は、平板状の載置部(矩形板)11を有する台車と、この載置部に搭載した荷重手段と、載置部を貫通し上下動可能な押圧部20とを有する。押圧部は下端部に車輪からなる一対キャスター70を有する。一対のキャスターを、溶接部を挟んで被溶接物に押圧しながら、溶接線方向移動させて被溶接物の歪を取る。

この項目の情報は公開日時点(2010年2月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

溶接対象部材溶接した後に歪取りする従来の方法は、機械的方法加熱方法とに大別される。機械的方法では溶接による歪み変形部)を人力または機械的ハンマー等で打ち叩いて修正していた。このような従来の歪取りの例が、特許文献1に記載されている。

この特許文献1に記載のものでは、下部ベッド被加工物を載置し、この下部ベッドをまたいで前後方向に移動自在にシリンダ支持部を設け、このシリンダ支持部に上部ビーム取付け、上部ビームに油圧シリンダ左右方向に移動自在に取り付けている。そして、油圧シリンダを上下方向に移動させることにより、被加工物を加圧するようになっている。

従来の溶接後の歪取りの他の方法が、特許文献2に記載されている。この公報に記載のものでは、歪取り対象であるワーク上方形フレームを配置し、このフレームの枠内プラズマトーチ縦方向および横方向に移動可能としている。そしてワークとプラズマトーチとの間隔一定に保持し、予め定めた加熱条件でワークをプラズマトーチで加熱している。

特開平11−151600号公報 特開2006−205176号公報

概要

プレス式溶接歪取り装置が、騒音粉塵の発生を抑制し、容易に溶接歪み(変形)を矯正できる。溶接歪取り装置は、平板状の載置部(矩形板)11を有する台車と、この載置部に搭載した荷重手段と、載置部を貫通し上下動可能な押圧部20とを有する。押圧部は下端部に車輪からなる一対キャスター70を有する。一対のキャスターを、溶接部を挟んで被溶接物に押圧しながら、溶接線方向に移動させて被溶接物の歪を取る。

目的

本発明は上記従来技術の不具合に鑑みなされたものであり、その目的は、騒音や粉塵の発生を抑制し、容易に溶接歪み(変形)を矯正できるようにすることにある。また、本発明の他の目的は、可動式の簡単な装置溶接ひずみ矯正することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2010年2月18日)のものです。

請求項1

平板状の載置部を有する台車と、この載置部に搭載した荷重手段と、前記載置部を貫通し上下動可能な押圧部とを有し、前記押圧部は下端部に車輪からなる一対キャスターを有し、この一対のキャスターを溶接部を挟んで被溶接物に押圧しながら溶接線方向移動させて被溶接物の歪を取ることを可能にする溶接歪取り装置

請求項2

前記台車を自走させる自走手段と、この自走手段の自走速度を制御する制御手段とを前記台車に搭載し、前記自走手段は、電動モータと、このモータを駆動するインバータと、電動モータと台車が有する車輪に取り付け回転軸とを連結するチェーンおよびチェーンスプロケットと、を有することを特徴とする請求項1に記載の溶接歪取り装置。

請求項3

溶接による被溶接物の歪を検出する手段を前記台車に取付け、この歪量の変化に応じて前記キャスターを有する押圧部の高さを変化させること特徴とする請求項2に記載の溶接歪取り装置。

請求項4

前記押圧部の近傍に前記キャスターが蛇行するのを防止するキャスター蛇行防止手段を設け、前記載置部にのぞき穴を形成し、この溶接歪取り装置の自走中に溶接部が一対のキャスター間にあるのを確認可能にしたことを特徴とする請求項3に記載の溶接歪取り装置。

請求項5

前記自走手段が有する制御手段は、この溶接歪取り装置の自走速度と、前進または後退の切替えを制御することを特徴とする請求項2に記載の溶接歪取り装置。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2010年2月18日)のものです。

技術分野

0001

本発明溶接歪取り装置係り、特に溶接対象アルミニウム板材またはアルミニウム型材であるときの突合せ溶接後の歪取り好適プレス式の溶接歪取り装置に関する。


背景技術

0002

溶接対象部材溶接した後に歪取りする従来の方法は、機械的方法加熱方法とに大別される。機械的方法では溶接による歪み変形部)を人力または機械的ハンマー等で打ち叩いて修正していた。このような従来の歪取りの例が、特許文献1に記載されている。

0003

この特許文献1に記載のものでは、下部ベッド被加工物を載置し、この下部ベッドをまたいで前後方向に移動自在にシリンダ支持部を設け、このシリンダ支持部に上部ビーム取付け、上部ビームに油圧シリンダ左右方向に移動自在に取り付けている。そして、油圧シリンダを上下方向に移動させることにより、被加工物を加圧するようになっている。

0004

従来の溶接後の歪取りの他の方法が、特許文献2に記載されている。この公報に記載のものでは、歪取り対象であるワーク上方形フレームを配置し、このフレームの枠内プラズマトーチ縦方向および横方向に移動可能としている。そしてワークとプラズマトーチとの間隔一定に保持し、予め定めた加熱条件でワークをプラズマトーチで加熱している。

0005

特開平11−151600号公報 特開2006−205176号公報


発明が解決しようとする課題

0006

ところで、機械的方法で使用される金属製ハンマーやジャッキを、直接歪取り対象物当てると、対象物に傷が発生する恐れがある。ひとたび傷が生じると、グラインダー等を用いて傷を取る作業が増すとともに、グラインダー作業時騒音測定値約110dB)や発生する粉塵について、対策する必要を生じる。さらに、ハンマー打ち法を用いると、ハンマー作業時の騒音(測定値約120dB)を対策する必要もある。上記特許文献1に記載のものでも、プレス時に発生する騒音対策が必要になる。それとともに、装置が大型化し、小部品の歪取りに適用することが困難である。

0007

一方、特許文献2に記載のような加熱方法を用いる場合、対象物がアルミニウム合金の場合には温度変化に敏感であるから、対象物とプラズマトーチとの距離移動速度等を正確に制御する必要があり、加熱条件が異なる多種少量生産には不向きである。とくに過熱が生じても色が変化しないので外観上は変化が不明であり、その結果、アルミニウム合金の種類によっては強度の低下や結晶粒の粗大化、耐食性が低下するおそれがある。また、加熱のための装置や正確な距離の設定等、装置の大型化や高コスト化を招く。

0008

本発明は上記従来技術の不具合に鑑みなされたものであり、その目的は、騒音や粉塵の発生を抑制し、容易に溶接歪み(変形)を矯正できるようにすることにある。また、本発明の他の目的は、可動式の簡単な装置で溶接ひずみ矯正することにある。


課題を解決するための手段

0009

上記目的を達成する本発明の特徴は、溶接歪取り装置が、平板状の載置部を有する台車と、この載置部に搭載した荷重手段と、載置部を貫通し上下動可能な押圧部とを有し、押圧部は下端部に車輪からなる一対キャスターを有し、この一対のキャスターを溶接部を挟んで被溶接物に押圧しながら溶接線方向に移動させて被溶接物の歪を取ることを可能にしたことにある。

0010

そしてこの特徴において、台車を自走させる自走手段と、この自走手段の自走速度を制御する制御手段とを台車に搭載し、自走手段は、電動モータと、このモータを駆動するインバータと、電動モータと台車が有する車輪に取り付けた回転軸とを連結するチェーンおよびチェーンスプロケットと、を有することが好ましい。また、溶接による被溶接物の歪を検出する手段を台車に取付け、この歪量の変化に応じてキャスターを有する押圧部の高さを変化させるのがよい。

0011

上記特徴において、押圧部の近傍にキャスターが蛇行するのを防止するキャスター蛇行防止手段を設け、載置部にのぞき穴を形成し、この溶接歪取り装置の自走中に溶接部が一対のキャスター間にあるのを確認可能にするのが好ましく、自走手段が有する制御手段は、この溶接歪取り装置の自走速度と、前進または後退の切替えを制御することが望ましい。


発明の効果

0012

本発明によれば、プレス式溶接歪取り装置を自走可能にし、さらに装置の自重で歪を強制するようにしたので、アルミニウム板やアルミニウム型材の突合せ溶接による歪矯正時に、騒音や粉塵の発生を抑制できるとともに、容易に溶接歪み(変形)を矯正できる。また、可動式の簡単な装置を用いるだけで、溶接歪を矯正できる。


発明を実施するための最良の形態

0013

以下本発明に係る溶接歪取り装置の一実施例を、図面を用いて説明する。図1に、プレス式の溶接歪取り装置100の一実施例を斜視図で、図2図1に示したプレス式溶接歪取り装置100を側面図で、それぞれ示す。台車25の上に主要部を搭載した構成となっている。すなわち、主要構成部品を搭載する矩形板11の長手方向前後部に、角材枠状に形成された取っ手部12、13が上部に行くにしたがいその間隔を広げるように取付けられている。矩形板11と取っ手部12、13とは、装置本体フレーム10を構成する。

0014

矩形板11の下部の4隅部には、装置本体フレーム10を支持する4個の車輪55、56が取付けられている。一方の取っ手部12側の2個の車輪56は、方向転換が行える様、図示しないベアリングを介して回転フリーになっている。他方の取っ手部13側の2個の車輪55は、矩形板11に載置した電動モータ50で駆動される駆動輪である。

0015

2個の車輪55は、図示しない同一回転軸の両軸端部に取付けられており、この回転軸にはチェーンスプロケットが取り付けられている。電動モータ50の軸端にもチェーンスプロケットが取付けられており、これら2つのチェーンスプロケットには、伝達チェーン57が装架されている。この伝達チェーン57を通すために、矩形板11には、チェーン用穴が形成されている。電動モータ50を操作することで、本溶接歪取り装置100は自走可能になっている。電動モータ50は、インバータ駆動モータであり、インバータは矩形板11上に載置した制御盤40内に収容されている。インバータにより、溶接歪取り装置100の移動速度調整や走行方向(前進/後退)の切り替えが可能になっている。

0016

電動モータ50の回転部位および伝達チェーン57には、巻き込み防止カバー(図示せず)を取付けており、異物等の巻き込みを防止している。一方の取っ手部12の横木は、パイプ材で作られたハンドル15であり、通常使用時には溶接歪取り装置100を押す方向に動かす。このハンドル15には、コントロールボックス60が取付けられている。

0017

コントロールボックス60は取り外し可能であり、他方の取っ手部13へ移し変えることもできる。したがって、プレス式溶接歪取り装置100を方向転換させずに、前後どちらの方向にも走行させることができる。なお走行中は、コントロールボックス60の走行スイッチ62を押し続けた状態で走行させるようにしている。そのため、走行スイッチ62を離せば止まり、不慮の事態にも対応できる。

0018

次に、溶接後の歪取りに直接関連する歪取り部の詳細を、図3を用いて説明する。図3は、4個の車輪55、56間に配置したプレス用双輪キャスター70部の拡大図斜視図である。例として、板厚3mmのアルミニウム材を突合せ溶接した後に、歪みを矯正する場合である。

0019

矩形板11には、制御盤40に隣り合って、歪取りに用いる重り30が載置されている。矩形板11の、制御盤40が載置される場所と重り30が載置される場所との間の部分には、貫通ねじ孔が形成されている。このねじ孔には、加圧双輪キャスター高さ調整ねじ20が鉛直方向に貫挿されている。

0020

加圧双輪キャスター高さ調整ねじ20の上端には、つまみ24が付いた円形のハンドル22が取付けられており、このハンドル22を回転させると、加圧双輪キャスター高さ調整ねじ20とアルミニウム板材110の距離を変えることができる。加圧双輪キャスター高さ調整ねじ20の下端側には、加圧双輪キャスター70が設けられている。加圧双輪キャスター70は、加圧双輪キャスター高さ調整ねじ20の下端に取付けた板材26と、板材26の下面に垂直に取付けたステー27と、ステー27に直交するように取付けたキャスター軸72と、キャスター軸72の両端部に回転自在に取付けたキャスター74とを有している。

0021

最初ステップとして、溶接対象であるアルミニウム板材110について、溶接部115の歪み量変形量)を曲尺等の測定手段を用いて測定する。歪み量(変形量)を測定したアルミニウム板材110の下に、幅70mm、長さ150mm、厚さ5mmのC型鋼受け台80を配置する。受け台80を置く際には、アルミニウム板110の溶接部115がC型鋼製受け台80の溝中心位置するようにする。なお、歪量(変形量)やアルミニウム材110の板厚が大きく異なるときは、受け台80の大きさをアルミニウム板110に応じて変える。

0022

受け台80上にアルミニウム板110がセットされたので、このアルミニウム板110の上に、プレス式溶接歪取り装置100をセットする。その際、加圧双輪キャスター70の2つのキャスター74間の距離を20〜50mmの間に設定し、2つのキャスター74間に溶接部115が位置するように、プレス式溶接歪取り装置100をセットする。

0023

ここで、矩形板11には矩形状のぞき窓18が形成されているので、こののぞき窓15から矩形板11の下方に位置する加圧双輪キャスター70と溶接部115を確認できる。本溶接歪取り装置100を操作する操作者は、取っ手部12、13を動かして溶接歪取り装置100を走行させながら溶接部を見ることが可能であり、加圧双輪キャスター70の位置決め時に、矩形板15の下方を前後左右から覗き込んで位置決めする必要がない。

0024

加圧双輪キャスター70を位置決めした後は、矩形板15のねじ穴に嵌挿した加圧双輪キャスター高さ調整ネジ20のハンドル22を回転させて、加圧双輪キャスター70を2〜5mm押し下げる。矩形板15に搭載した重り30を含んだ自重(500kg)を加圧双輪キャスター70に負荷する。溶接による歪み(変形部)に対して、加圧双輪キャスター70がプレスする

0025

なお、本溶接歪取り装置100の自走中に、加圧双輪キャスター70が蛇行しないように、溶接歪取り装置100は加圧双輪キャスター蛇行防止装置90を設けている。これは、以下の理由による。加圧双輪キャスター70の回転軸の中央付近には、垂直に延びる軸が設けられており、この軸は高さ調整ねじ20の下端部で、図示しない軸受を介して高さ調整ねじ20に保持される。そのため、加圧双輪キャスター70は、高さ調整ねじ20の回転角にかかわらず、水平面内での自由回転が可能になっている。

0026

高さ調整ねじ20の回転に加圧双輪キャスター70の移動が左右されないことは好ましいが、その結果、加圧双輪キャスター70が蛇行する恐れが生じた。そこで、蛇行防止装置90を設ける。蛇行防止装置90は、垂直に配置した2本の平行な棒92と、図示しないがこの平行な棒92の下端部に加圧双輪キャスター70の回転軸を押圧する押圧部とを有している。押圧部が加圧双輪キャスター70の回転軸の動き規制するので、蛇行が防止される。なお、垂直な棒92の高さは、高さ調整ねじ20の回転により、板材26が移動する距離に応じて決定される。

0027

以上のように、溶接歪取り装置100を位置決めし、取っ手部12に取付けたコントロールボックス60から、溶接歪取り装置100を2〜5m/minの自走速度で前進または後退させる。それとともに、加圧双輪キャスター70を用いて溶接部115をプレスし、歪み(変形)を矯正する。このとき、発生する騒音は、測定値で66dB以下であり、粉塵等も発生せず、環境にやさしい溶接歪取り装置を実現できた。

0028

以上述べたように本実施例によれば、溶接部に静荷重を加えるようにしたので、騒音も塵埃の発生も抑制できる。また、歪取り装置が小型で簡便であるので、歪取りの小回りが利き、小さな部品にも容易に対応できる。さらに、歪取りに使用する場所も比較的狭い場所で対応できる。


図面の簡単な説明

0029

本発明に係るプレス式の溶接歪取り装置の一実施例の斜視図。 図1に示した溶接歪取り装置の側面図。 図1に示した溶接歪取り装置が備える加圧相隣キャスターの部分拡大断面図。


--

0030

10…プレス式溶接歪取り装置本体フレーム、11…矩形板(載置部)、20…加圧双輪キャスター高さ調整ネジ、台車…25、30…重り、40…制御盤、50…電動駆動モータ、60…コントロールボックス、70…加圧双輪キャスター(押圧部)、80…受け台、90…加圧双輪キャスター蛇行防止、100…プレス式溶接歪取り装置、110…アルミニウム板(被溶接物)、115…溶接部。


ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある課題・分野

将来の市場規模・変化の兆しを知りたい方- 課題視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 東洋精鋼株式会社の「ピーニング処理方法」が公開されました。(2014/01/20)

    【課題】 エアを利用したピーニング装置を用いながら、超音波ピーニング装置と略同等の疲労強度改善効果を得ることを可能とする。【解決手段】 エアで駆動される部材によって打撃ピンの基端に打撃力を付与し、 ... 詳細

  • JFEスチール株式会社の「溶接継手およびその形成方法」が公開されました。(2014/01/16)

    【課題】溶接継手の主板に、反復応力が繰り返し作用した際、溶接継手の溶接止端部に応力が集中することを抑止して、優れた疲労特性を発現する溶接継手を得ることを目的とする。【解決手段】溶接継手における溶接ビー ... 詳細

  • JFEスチール株式会社の「溶接部のピーニング方法」が公開されました。(2013/11/21)

    【課題】鋼橋など優れた疲労特性が要求される鋼構造物に好適な、溶接部に新たな応力集中部となる変形を与えずに圧縮残留応力を導入し疲労強度を向上させるピーニング方法を提供する。【解決手段】振動端子によって溶 ... 詳細

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?

    図面 (/)