カテゴリー:日本 - 処理操作,運輸 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 ホースバンド位置決め工具

出願人 発明者
出願日 2008年3月10日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2008-059897
公開日 2009年9月24日 (5年0ヶ月経過) 公開番号 2009-214223
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2028年3月10日 (残13年6ヶ月) 状態 未査定
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2009年9月24日)のものです。

課題

片手作業で短時間で作業を行うことができるホースバンド位置決め工具を提供する。

解決手段

第1の延長部27が部26から直角に張り出し、第2の延長部29が顎部28から直角に張り出し、このような第2の延長部29から位置決め片31が張り出している。この位置決め片31の先端容器当てることで、容器とホースバンドとの距離一定にすることができる。

効果

物差しを必要としないので、片手作業が可能となり、作業時間の短縮化が図れる。

この項目の情報は公開日時点(2009年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

ホース差し込み口からホースが抜けることを防止するために、ホース端ホースバンドと称する留め具装着される。ホースバンドは環状のばねであり、ホースバンドの緩め作業には、ホースバンド位置決め工具が用いられる。ホースバンド位置決め工具の形態幾つか提案されている(例えば、特許文献1参照。)。 特開平6−143156号公報(図1)

特許文献1を次図に基づいて説明する。 図9は従来のホースバンド位置決め工具の斜視図であり、このホースバンド位置決め工具100は、部101、102の先端からピボット軸103に平行にくちばし104、105を延ばしてなる。

チューブ106に嵌められたホース107に取付けられているホースバンド108を外すには、先ず、くちばし104、105でホースバンド108側の一対突片111、112を挟み、互いに接近させる。これでホースバンド108の内径拡大する。そこで、ホースバンド位置決め工具100を移動させて、想像線で示す位置まで移動する。これで、チューブ106からホース107を抜くことができる。

ホース107にホースバンド108を取付ける場合は、想像線で示すホースバンド108をくちばし104、105で挟み、実線で示す位置まで移動する。 この際に、ホース107の先端と実線で示すホースバンド108との距離L1が重要になることがある。

距離L1が重要である場合には、次のいずれかの対策を講じる。 右手でホースバンド位置決め工具100を握り左手物差しを持ち、物差しで測りながらホースバンド位置決め工具100を移動する。この場合は「両手作業となる。 又は、左手が塞がっている場合は、右手でホースバンド位置決め工具100の操作と、物差しでの計測とを交互に行う。この場合は「片手」作業となるが、作業が繁雑になり時間が掛かる。 そこで、片手作業で短時間で作業を行うことができるホースバンド位置決め工具が必要となる。

従来のホースバンド位置決め工具100には更なる問題がある。 図10は従来のホースバンド位置決め工具の作用図であり、(a)に示すように、くちばし104、105を突片111、112に当てる。そして、(b)に示すように、ホースバンド108の内径をホース107の外径より十分に大きくする。 (a)から明らかなように、顎部101、102に、ホース107を囲うように大きな湾曲部113、114を設ける必要がある。そのため、ホースバンド位置決め工具100の幅W1が必然的に大きくなる。この結果、ホースバンド位置決め工具100は重くなり、大きくなり、作業に支障をきたす。 そこで、より軽く、コンパクトなホースバンド位置決め工具が求められる。

概要

片手作業で短時間で作業を行うことができるホースバンド位置決め工具を提供する。第1の延長部27が顎部26から直角に張り出し、第2の延長部29が顎部28から直角に張り出し、このような第2の延長部29から位置決め片31が張り出している。この位置決め片31の先端を容器に当てることで、容器とホースバンドとの距離を一定にすることができる。物差しを必要としないので、片手作業が可能となり、作業時間の短縮化がれる。

目的

本発明は、片手作業で短時間で作業を行うことができるホースバンド位置決め工具を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2009年9月24日)のものです。

請求項1

ワークから突出させたホース差し込み口ホース差し込み、このホースにホースバンド取付ける際に、前記ホースバンドから延びている一対突片を挟んでホースバンドの内径拡大させる作業に供するホースバンド位置決め工具であって、このホースバンド位置決め工具は、第1の握り部を有する第1のアームと、第2の握り部を有する第2のアームと、これらの第1のアームと第2のアームが交差する交点で一対のアームを枢着するピボット軸と、前記第1のアームの部の先端から前記ピボット軸に平行に延ばされ前記突片の一方を収納するポケット切り欠き形成されている第1の延長部と、前記第2のアームの顎部の先端から前記ピボット軸に平行に延ばされ前記突片の他方を収納するポケットが切り欠き形成されている第2の延長部と、この第2の延長部から前記ワークに向かって延ばされ前記ワークとホースバンドとの距離を定める位置決め片と、からなることを特徴とするホースバンド位置決め工具。

請求項2

前記位置決め片は、樹脂ブロックであることを特徴とする請求項1記載のホースバンド位置決め工具。

請求項3

前記位置決め片は、前記第2の延長部に締結部材で取付けられていることを特徴とする請求項2記載のホースバンド位置決め工具。

請求項4

前記位置決め片は、前記締結部材を緩めたときに前記ワークに向かってスライドさせることができる構造になっていることを特徴とする請求項3記載のホースバンド位置決め工具。

請求項5

前記第1のアームの顎部及び前記第2のアームの顎部は、20°〜50°の折曲角で、くの字に折り曲げられていることを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3又は請求項4記載のホースバンド位置決め工具。

請求項6

前記ポケットは、サイズが異なる複数のポケットで構成されていることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項記載のホースバンド位置決め工具。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2009年9月24日)のものです。

技術分野

0001

本発明は、ホースバンド内径拡大させる作業に供するホースバンド位置決め工具に関する。


背景技術

0002

ホース差し込み口からホースが抜けることを防止するために、ホース端にホースバンドと称する留め具装着される。ホースバンドは環状のばねであり、ホースバンドの緩め作業には、ホースバンド位置決め工具が用いられる。ホースバンド位置決め工具の形態幾つか提案されている(例えば、特許文献1参照。)。 特開平6−143156号公報図1

0003

特許文献1を次図に基づいて説明する。 図9は従来のホースバンド位置決め工具の斜視図であり、このホースバンド位置決め工具100は、部101、102の先端からピボット軸103に平行にくちばし104、105を延ばしてなる。

0004

チューブ106に嵌められたホース107に取付けられているホースバンド108を外すには、先ず、くちばし104、105でホースバンド108側の一対突片111、112を挟み、互いに接近させる。これでホースバンド108の内径は拡大する。そこで、ホースバンド位置決め工具100を移動させて、想像線で示す位置まで移動する。これで、チューブ106からホース107を抜くことができる。

0005

ホース107にホースバンド108を取付ける場合は、想像線で示すホースバンド108をくちばし104、105で挟み、実線で示す位置まで移動する。 この際に、ホース107の先端と実線で示すホースバンド108との距離L1が重要になることがある。

0006

距離L1が重要である場合には、次のいずれかの対策を講じる。 右手でホースバンド位置決め工具100を握り左手物差しを持ち、物差しで測りながらホースバンド位置決め工具100を移動する。この場合は「両手」作業となる。 又は、左手が塞がっている場合は、右手でホースバンド位置決め工具100の操作と、物差しでの計測とを交互に行う。この場合は「片手」作業となるが、作業が繁雑になり時間が掛かる。 そこで、片手作業で短時間で作業を行うことができるホースバンド位置決め工具が必要となる。

0007

従来のホースバンド位置決め工具100には更なる問題がある。 図10は従来のホースバンド位置決め工具の作用図であり、(a)に示すように、くちばし104、105を突片111、112に当てる。そして、(b)に示すように、ホースバンド108の内径をホース107の外径より十分に大きくする。 (a)から明らかなように、顎部101、102に、ホース107を囲うように大きな湾曲部113、114を設ける必要がある。そのため、ホースバンド位置決め工具100の幅W1が必然的に大きくなる。この結果、ホースバンド位置決め工具100は重くなり、大きくなり、作業に支障をきたす。 そこで、より軽く、コンパクトなホースバンド位置決め工具が求められる。


発明が解決しようとする課題

0008

本発明は、片手作業で短時間で作業を行うことができるホースバンド位置決め工具を提供することを課題とする。


課題を解決するための手段

0009

請求項1に係る発明は、ワークから突出させたホース差し込み口へホースを差し込み、このホースにホースバンドを取付ける際に、前記ホースバンドから延びている一対の突片を挟んでホースバンドの内径を拡大させる作業に供するホースバンド位置決め工具であって、 このホースバンド位置決め工具は、第1の握り部を有する第1のアームと、第2の握り部を有する第2のアームと、これらの第1のアームと第2のアームが交差する交点で一対のアームを枢着するピボット軸と、前記第1のアームの顎部の先端から前記ピボット軸に平行に延ばされ前記突片の一方を収納するポケット切り欠き形成されている第1の延長部と、前記第2のアームの顎部の先端から前記ピボット軸に平行に延ばされ前記突片の他方を収納するポケットが切り欠き形成されている第2の延長部と、この第2の延長部から前記ワークに向かって延ばされ前記ワークとホースバンドとの距離を定める位置決め片と、からなることを特徴とする。

0010

請求項2に係る発明では、位置決め片は、樹脂ブロックであることを特徴とする。

0011

請求項3に係る発明では、第2の延長部に締結部材で取付けられていることを特徴とする。

0012

請求項4に係る発明では、位置決め片は、締結部材を緩めたときにワークに向かってスライドさせることができる構造になっていることを特徴とする。

0013

請求項5に係る発明では、第1のアームの顎部及び第2のアームの顎部は、20°〜50°の折曲角で、くの字に折り曲げられていることを特徴とする。

0014

請求項6に係る発明では、ポケットは、サイズが異なる複数のポケットで構成されていることを特徴とする。


発明の効果

0015

請求項1に係る発明では、ワークに位置決め片が当たったら、ホースバンド位置決め工具を緩めて、ホースバンドを装着状態にする。位置決め片を採用したので、ワークからホースバンドまでの距離が一定になる。物差しを必要としないので、片手作業が可能となり、作業時間の短縮化が図れる。

0016

請求項2に係る発明では、位置決め片は、樹脂ブロックとした。ワークが樹脂製で傷つき易い場合、樹脂ブロックであれば疵が発生する心配がない。

0017

請求項3に係る発明では、位置決め片は、第2の延長部にビスなどの締結部材で取付けられている。繰り返しの使用で位置決め片が摩耗することがある。この場合、締結部材を緩めるだけで新品交換することができる。

0018

請求項4に係る発明では、位置決め片は、締結部材を緩めたときにワークに向かってスライドさせることができる構造になっている。すなわち、位置決め片の取付け位置を自由に調節することができる。

0019

請求項5に係る発明では、第1のアームの顎部及び第2のアームの顎部は、20°〜50°の折曲角で、くの字に折り曲げられている。くの字に曲げると、延長部の延長線上作業者の手が重なる心配が無く、作業者は延長部及びホースバンドを容易に視認することができる。

0020

請求項6に係る発明では、ポケットは、サイズが異なる複数のポケットで構成されているので、1個の工具サイズ違いの複数のホールバンドを扱うことができ、作業能率が向上する。


発明を実施するための最良の形態

0021

本発明を実施するための最良の形態を添付図に基づいて以下に説明する。 図1はホースバンドの説明図であり、(a)に示すように、薄い金属板から打ち抜かれた、帯状のバンド素材10には、一端に舌状突片11が形成され、他端に角状突片12が形成され、この角状突片12の近傍に細長台形の窓13が開けられ、他の部分に2個の三角窓14、14が開けられている。 そして、(b)に示すように、湾曲化し、窓13に舌状突辺11を通す。これで、(c)に示すホースバンド15を得ることができる。突片11に突片12を接近させると、内径D1が拡大する。

0022

図2は本発明に係るホースバンド位置決め工具の正面図であり、ホースバンド位置決め工具20は、例えば親指で握られる第1の握り部21を有する第1のアーム22と、例えば親指を除く指で握られる第2の握り部23を有する第2のアーム24と、これらの第1のアーム22と第2のアーム24が交差する交点で一対のアームを枢着するピボット軸25と、第1のアームの顎部26の先端からピボット軸25に平行に(図面おもて方向へ)延ばされている第1の延長部27と、第2のアームの顎部28の先端からピボット軸25に平行に(図面おもて方向へ)延ばされている第2の延長部29と、この第2の延長部29から図面おもて方向へ延ばされている位置決め片31と、からなる。

0023

そして、第1のアームの顎部26は、20°〜50°折曲角θ1でくの字に折り曲げられ、第2のアームの顎部28も、20°〜50°折曲角θ2でくの字に折り曲げられている。 ホースバンド位置決め工具20が閉じられたときには、一対の延長部27、29は想像線32の延長上に位置する。作業者の目線が想像線32に沿っていれば、第1の握り部21に視界を遮られる心配がない。

0024

θ1、θ2は、50°を超えると、折曲げ過ぎで作業に支障がでることがある。また、θ1、θ2が20°未満になると作業者に目線に第1の握り部21が重なるため好ましくない。そこで、20°〜50°の範囲から選択する。なかでも、30°〜40°が好適である。

0025

図3図2の3−3線断面であり、第1の延長部27及び第2の延長部29に互いに対向するようにしてポケット33、34が切り欠き形成されている。また、第2の延長部29には、ポケット34とは逆側に、締結部材としてのビス35、35で位置決め片31が取り外し可能に取付けられている。この位置決め片31は、先端とポケット34との距離L2が所定の値になるように、第2の延長部29からはみ出させる。

0026

位置決め片31にビス穴を2個開けるが、これらのビス穴は第2の延長部29の長手方向に延びる長穴とすることができる。長穴であれば、ビス35、35を緩め、位置決め片31をワークに向かってスライドさせ、適当な位置でビス35、35を締めるという操作で、位置決め片31の位置を調整することができる。 また、ビス35は、ボルトクランプに代えてもよい。したがって、締結部材の種類、形状任意である。なお、クランプの場合は、ビス穴や長穴は不要となる。

0027

位置決め片31は、相手部材に疵を付けることがないように、樹脂材料で構成することが望ましい。そして、目立つように有彩色(赤、黄、青)とする。 ビス35、35で固定するようにすれば、距離L2の調整が可能である。また、摩耗した場合は新品と交換することができる。 しかし、第2の延長部29の先端面に位置決め片を接着することや、相手部材が硬ければ、金属製の第2の延長部29を更に延長して、位置決め片に相当する再延長部を形成しても良い。 したがって、位置決め片31の形態、材質は適宜変更することができる。

0028

図4は本発明に係るホースバンド位置決め工具の斜視図であり、第1の延長部27が顎部26から直角に張り出し、第2の延長部29が顎部28から直角に張り出し、このような第2の延長部29から位置決め片31が張り出していることが示されている。そして、顎部26と顎部28の全幅W2は十分に小さいことが分かる。

0029

以上の構成からなるホースバンド位置決め工具の作用を次に説明する。 図5はホースの取付けからホースバンドの移動開始までの作業を説明する図であり、(a)に示すように、ワークとしての樹脂製の容器37からホース差し込み口38が突出している。ホースバンド15を仮位置にセットしたホース39を、ホース差し込み口38へ差し込む。 次に、(b)に示すように、ホースバンド15にホースバンド位置決め工具20をセットする。すなわち、ホースバンド15側の突片11、12に、延長部27、29側のポケット33、34を嵌合する。そして、親指41と他の指42で握り部21、23を握る。すると、ホースバンド15は内径が拡大し、ホース39に対して緩くなる。

0030

図6はホースバンドの移動からホースバンド位置決め工具の撤去までの作業を説明する図であり、(a)に示すように、ホースバンド位置決め工具20を図左へ移動する。この移動は位置決め片31が容器37に当たるまで続ける。移動が終了したら、親指41と他の指42を緩めて、ホースバンド位置決め工具20をホースバンド15から外す。

0031

(b)に示すように、容器37からホースバンド15までの距離L3は所定の距離になる。このL3は、上述のL2とほぼ同一である。 そして、図5(b)〜図6(a)で説明した作業は、片手作業であった。物差しで距離L3を確認する必要がないので、作業は短時間で済ませることができる。

0032

次に、図3別実施例及び図4の別実施例を順に説明する。 図7図3の別実施例を示す図であり、(a)に示すように、第1の延長部27には、広幅のポケット33の底に狭幅のポケット43が設けられ、同様に、第2の延長部29には、広幅のポケット34の底に狭幅のポケット44が設けられている。丸断面金属ワイヤ製造したホースクリップは、狭幅のポケット43、44を用いて内径を拡大させる。帯板から製造したホースバンドは、広幅のポケット33、34を用いて内径を拡大させればよい。

0033

又は、(b)に示すように、第1の延長部27には、広幅のポケット33の底に中幅のポケット45が設けられ、この中幅のポケット45の底に狭幅のポケット43が設けられ、同様に、第2の延長部29には、広幅のポケット34の底に中幅のポケット46が設けられ、この中幅のポケット46の底に狭幅のポケット44が設けられている。

0034

この例では、広幅のホースバンドと中幅のホースバンドと丸断面のホースクリップの三種を1個のホースバンド位置決め工具で取扱うことができ、便利である。 すなわち、ポケットは、サイズが異なる複数のポケットで構成されているので、1個の工具でサイズ違いの複数のホールバンドを扱うことができ、作業能率が向上する。

0035

図8図4の別実施例を説明する図であり、ホースバンド位置決め工具20Bは、第1顎部26に外へ(図左へ)凸となる湾曲部47を有し、第2顎部28に外へ(図右へ)凸となる湾曲部48を有している。図示するように、湾曲部47、48が設けられているので、第1顎部26と第2顎部28とでホース39を挟むことができる。結果、ホースバンド位置決め工具20Bは、ホース39に沿って容易に移動させることができ、位置決め片31の先端をワークへ簡単に当接させることができ、作業性をより高めることができる。

0036

尚、アームの顎部は、くの字に折り曲げることが望ましいが、直線形状であってもよい。 また、ワークは、樹脂製タンク金属製オイルパンシリンダブロックなど各種のものが適用できるため、種類は問わない。

0037

本発明は、樹脂製の容器に取付けるホースバンドの位置決めに好適である。


図面の簡単な説明

0038

ホースバンドの説明図である。 本発明に係るホースバンド位置決め工具の正面図である。 図2の3−3線断面である。 本発明に係るホースバンド位置決め工具の斜視図である。 ホースの取付けからホースバンドの移動開始までの作業を説明する図である。 ホースバンドの移動からホースバンド位置決め工具の撤去までの作業を説明する図である。 図3の別実施例を示す図である。 図4の別実施例を説明する図である。 従来のホースバンド位置決め工具の斜視図である。 従来のホースバンド位置決め工具の作用図である。


--

0039

11、12…一対の突片、15…ホースバンド、20…ホースバンド位置決め工具、21…第1の握り部、22…第1のアーム、23…第2の握り部、24…第2のアーム、25…ピボット軸、26、28…アームの顎部、27…第1の延長部、29…第2の延長部、31…位置決め片、33、34…ポケット、35…締結部材(ビス)、37…ワーク(容器)、38ホース差し込み口、39…ホース、41…親指、42…他の指、D1…ホースバンドの内径、L3…ワークとホースバンドの距離、θ1、θ2…折曲角。


ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • CKD株式会社の「接続用工具」が公開されました。(2013/12/12)

    【課題】シール部材を破壊することなく第1部品及び第2部品をシール部材に対して圧入することができること。【解決手段】 樹脂よりなる第1部品2と樹脂よりなる第2部品3とを互いに接続する薬液用機器のシール ... 詳細

  • 陳旺松の「管継手用係止レバー」が公開されました。(2013/12/09)

    【課題】管継手に用いられ、二段階で係止することができるセーフティ装置付き係止レバーの提供。【解決手段】第1及び第2の係止カム541、542を有し、第1の係止カム541が係止槽201から離れると共に、第 ... 詳細

  • ナスコフィッティング株式会社の「管継手、閉鎖バルブ及び弛緩用工具」が公開されました。(2013/12/05)

    【課題】汎用工具を用いてもフェルールによる気密性能が失われず、必要が生じたときにフェルールによる気密を解除できるようにする。【解決手段】管継手Jaは、固定部材66aを締め付け方向に回転させてねじ込んだ ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?