カテゴリー:日本 - 固定構造物 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 ボーリングロッド

出願人 発明者
出願日 2007年7月6日 (7年3ヶ月経過) 出願番号 2007-177995
公開日 2009年1月29日 (5年9ヶ月経過) 公開番号 2009-019333
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2027年7月6日 (残12年8ヶ月) 状態 未査定
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性がある課題・分野

関連する未来の課題
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2009年1月29日)のものです。

課題

インナーロッド先端アウターロッドの先端よりやや突出し構造ボーリングロッドにおいて、スライム排出効率を低下させることなく掘削時のインナーロッドの回転ブレを低減する。

解決手段

インナーロッド3の先端部の外径縮径し、アウターロッド2の先端部の内周面内側張り出させ、アウターロッドの内周面とインナーロッドの外周面との間隔を小さくしてインナーロッド3の先端部の外周面を軸支する軸受部2dを形成する。また、軸受部2dで広幅となったアウターロッド2の先端面にスライムをアウターロッド2内へ取り込む取込口2cをロッド間隙間とは別に形成する。さらに、掘削水をアウターロッド2の先端面近傍へ向けて吐水する吐水口3cをインナーロッド3の側面位置に形成する。

この項目の情報は公開日時点(2009年1月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

従来、アウターロッドインナーロッドを挿入し、インナーロッドに与えた回転力打撃力をアウターロッドに伝達し、インナーロッドを通じて送り込んだ掘削水先端から吐水しながらアウターロッドとインナーロッドの先端に備え掘削ビット地盤掘削し、スライムをアウターロッド内取り込んで後方排出するようにした二重管構造ボーリングロッド特許文献1に開示されている。

ところで、前記技術では、スライムを取り込むために先端のロッド間に取込口となる間隔を形成している。この為、インナーロッドに作用する荷重により間隔の分だけブレ易くなり、偏摩耗する問題があった。また、ロッド間の間隔を小さくするとインナーロッドの回転ブレは低減されるが、スライムが取り込まれ難くなって排出効率が低下する問題があった。特に、インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出し構造のボーリングロッドでは、インナーロッドの先端に荷重が集中するから回転ブレが顕著であった。

一方、インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出した構造のボーリングロッドが特許文献2に開示されている。この技術は、アウターロッドをインナーロッドに螺合した状態で掘削するから回転ブレは生じ難いが、掘削水の吐水口がインナーロッドの先端に形成されているから、掘削水がアウターロッドまで行き渡り難く、スライムの排出効率に満足できるものではなかった。 実開平7−42859号公報 特開2003−166390号公報

概要

インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出した構造のボーリングロッドにおいて、スライムの排出効率を低下させることなく掘削時のインナーロッドの回転ブレを低減する。 インナーロッド3の先端部の外径縮径し、アウターロッド2の先端部の内周面内側張り出させ、アウターロッドの内周面とインナーロッドの外周面との間隔を小さくしてインナーロッド3の先端部の外周面を軸支する軸受部2dを形成する。また、軸受部2dで広幅となったアウターロッド2の先端面にスライムをアウターロッド2内へ取り込む取込口2cをロッド間の隙間とは別に形成する。さらに、掘削水をアウターロッド2の先端面近傍へ向けて吐水する吐水口3cをインナーロッド3の側面位置に形成する。

目的

本発明が解決しようとする課題は、従来のこれらの問題点を解消し、インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出した構造のボーリングロッドにおいて、スライムの排出効率を低下させることなく掘削時のインナーロッドの回転ブレを低減できるボーリングロッドを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2009年1月29日)のものです。

請求項1

先端面掘削ビット備えインナーロッドが先端面に掘削ビットを備えたアウターロッド先端よりやや突出する二重管構造で、インナーロッドの先端部から掘削水切羽吐水しながらインナーロッドに与えた回転力打撃力をアウターロッドに伝達してそれぞれの掘削ビットで地盤掘削するボーリングロッドであって、インナーロッドの先端部の外径縮径し、アウターロッドの先端部の内周面内側張り出させ、アウターロッドの内周面とインナーロッドの外周面との間隔を小さくしてインナーロッドの先端部を軸支する軸受部とし、同軸受部で広幅となったアウターロッドの先端面にスライムをアウターロッド内取り込む取込口を貫通し、掘削水をアウターロッドの先端面近傍へ向けて吐水する吐水口をインナーロッドの側面位置に形成したことを特徴とする、ボーリングロッド。

請求項2

アウターロッドの先端面をその外周側内周側より後退するように傾斜させた、請求項1記載のボーリングロッド。

請求項3

軸受部の内周面の後部を前部より拡径して軸受部に侵入したスライムを収容するポケットを形成した、請求項1又は2記載のボーリングロッド。

請求項4

アウターロッドの取込口が回転方向に沿って長円状に形成したもので、インナーロッドの掘削水の吐水口をアウターロッドの取込口の回転方向とは反対側となる端部近傍位置するように形成した、請求項1〜3いずれか記載のボーリングロッド。

請求項5

インナーロッドの先端部の外径をアウターロッドの外径の1/2〜1/4の範囲とした、請求項1〜4いずれか記載のボーリングロッド。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2009年1月29日)のものです。

技術分野


背景技術

0002

従来、アウターロッドインナーロッドを挿入し、インナーロッドに与えた回転力打撃力をアウターロッドに伝達し、インナーロッドを通じて送り込んだ掘削水先端から吐水しながらアウターロッドとインナーロッドの先端に備え掘削ビット地盤掘削し、スライムをアウターロッド内取り込んで後方排出するようにした二重管構造のボーリングロッドが特許文献1に開示されている。

0003

ところで、前記技術では、スライムを取り込むために先端のロッド間に取込口となる間隔を形成している。この為、インナーロッドに作用する荷重により間隔の分だけブレ易くなり、偏摩耗する問題があった。また、ロッド間の間隔を小さくするとインナーロッドの回転ブレは低減されるが、スライムが取り込まれ難くなって排出効率が低下する問題があった。特に、インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出し構造のボーリングロッドでは、インナーロッドの先端に荷重が集中するから回転ブレが顕著であった。

0004

一方、インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出した構造のボーリングロッドが特許文献2に開示されている。この技術は、アウターロッドをインナーロッドに螺合した状態で掘削するから回転ブレは生じ難いが、掘削水の吐水口がインナーロッドの先端に形成されているから、掘削水がアウターロッドまで行き渡り難く、スライムの排出効率に満足できるものではなかった。 実開平7−42859号公報 特開2003−166390号公報


発明が解決しようとする課題

0005

本発明が解決しようとする課題は、従来のこれらの問題点を解消し、インナーロッドの先端がアウターロッドの先端よりやや突出した構造のボーリングロッドにおいて、スライムの排出効率を低下させることなく掘削時のインナーロッドの回転ブレを低減できるボーリングロッドを提供することにある。


課題を解決するための手段

0006

かかる課題を解決した本発明の構成は、 1) 先端面に掘削ビットを備えたインナーロッドが先端面に掘削ビットを備えたアウターロッドの先端よりやや突出する二重管構造で、インナーロッドの先端部から掘削水を切羽へ吐水しながらインナーロッドに与えた回転力と打撃力をアウターロッドに伝達してそれぞれの掘削ビットで地盤を掘削するボーリングロッドであって、インナーロッドの先端部の外径縮径し、アウターロッドの先端部の内周面内側張り出させ、アウターロッドの内周面とインナーロッドの外周面との間隔を小さくしてインナーロッドの先端部を軸支する軸受部とし、同軸受部で広幅となったアウターロッドの先端面にスライムをアウターロッド内へ取り込む取込口を貫通し、掘削水をアウターロッドの先端面近傍へ向けて吐水する吐水口をインナーロッドの側面位置に形成したことを特徴とする、ボーリングロッド 2) アウターロッドの先端面をその外周側内周側より後退するように傾斜させた、前記1)記載のボーリングロッド 3) 軸受部の内周面の後部を前部より拡径して軸受部に侵入したスライムを収容するポケットを形成した、前記1)又は2)記載のボーリングロッド 4) アウターロッドの取込口が回転方向に沿って長円状に形成したもので、インナーロッドの掘削水の吐水口をアウターロッドの取込口の回転方向とは反対側となる端部近傍に位置するように形成した、前記1)〜3)いずれか記載のボーリングロッド 5) インナーロッドの先端部の外径をアウターロッドの外径の1/2〜1/4の範囲とした、前記1)〜4)いずれか記載のボーリングロッド にある。


発明の効果

0007

本発明によれば、インナーロッドの先端部の外径を縮径し、アウターロッドの先端部の内周面を内側へ張り出させてインナーロッドの先端部の外周面を軸支する軸受部を形成したから、軸受部分のアウターロッドとインナーロッドとの間の間隔はインナーロッドが回転できる程度のわずかなものとなり、インナーロッドに荷重が集中してもほとんどブレることなく軸受部で軸支されながら円滑に回転して掘進でき、偏摩耗することがない。また、軸受部で広幅となったアウターロッドの先端面にスライムの取込口をロッド間の隙間とは別に形成したから、取込口の開口面積を従来のロッド間の隙間と同等以上に確保でき、スライムの排出効率を低下させない。さらに、掘削水はインナーロッドの側面位置からアウターロッドの先端面近傍へ向けて吐水されるから、掘削水がアウターロッドまで廻り込んでインナーロッドとアウターロッドそれぞれに充分に行き渡り、スライムを効率良く排出できる。


発明を実施するための最良の形態

0008

本発明では、アウターロッドの先端面を外周側が内周側より後退するように傾斜させると、掘削水及びスライムの流れを円滑にするとともに掘削抵抗を低減する。軸受部の内周面の後部を前部より拡径してポケットを形成すると、軸受部に侵入したスライムをポケットに収容させてインナーロッドの後退時に後方へ排出させ、スライムの滞留を防止する。アウターロッドの取込口を回転方向に沿って長円状に形成し、インナーロッドの掘削水の吐水口をアウターロッドの取込口の回転方向とは反対側となる端部近傍に位置するように形成すると、吐水した掘削水が直に取込口に取り込まれず、土砂と十分混ざり合った後に次に回転してきた取込口に取り込まれるようになり、スライムの排出効率に優れるものとなる。インナーロッドの先端部の外径はアウターロッドの外径の1/2〜1/4の範囲が好ましく、インナーロッドの外径は30〜50mm、アウターロッドの外径は120mm前後が実用的で、インナーロッドの突出長さは30mm以下が望ましく、10mm以下がよりが望ましい。1/2以上だとアウターロッドの取込口が小さくなってスライムの排出能力に劣り、1/4以下だとインナーロッドの強度不足する。以下、本発明の各実施例図面に基づいて具体的に説明する。

0009

図1実施例1のボーリングロッドの正面図、図2図1のA−A断面図、図3図2のA−A断面図、図4図2のB−B断面図、図5は実施例1のスライムの排出を示す説明図である。図中、1はボーリングロッド、2はアウターロッド、2aは掘削ビット、2bは係止部、2cは取込口、2dは軸受部、2eは切欠き、3はインナーロッド、3aは掘削ビット、3bは係止部、3cは吐水口、3dは水路、4は排土路、Wは掘削水、Gは地盤、Gaは切羽、Gbはスライム、Hは削孔である。

0010

実施例1のボーリングロッド1は、図1〜4に示すように先端に複数の掘削ビット2aを備えた外径d4が121.2mmのアウターロッド2と、先端に複数の掘削ビット3aを備えた外径d2が86.0mmのインナーロッド3とで構成されている。インナーロッド3には長手方向に沿って溝を3箇所形成し、アウターロッド2とインナーロッド3との間を通じてスライムGbを後方へ排出する排土路4を形成している。

0011

アウターロッド2の内面とインナーロッド3の外面にはインナーロッド3の回転時に互いを係止してアウターロッド2に回転力を伝達させる係止部2b,3bを形成している。インナーロッド3の先端部はアウターロッド2から13.5mm前方へ突出し、水路3dを通じて送り込んだ掘削水Wをアウターロッド2の先端面近傍へ向けて吐水する3箇所の吐水口3cをインナーロッド3の側面位置に形成している。アウターロッド2の先端の内側縁には吐水口3cから吐水した掘削水Wを切羽Gaへ偏向する切欠き2eを形成している。

0012

インナーロッド3の先端から70mmの部分の外径d1を40mmに縮径し、アウターロッド2の先端から55mmの部分は内周面を内側へ張り出させて内径d3を44mmに形成し、アウターロッド2の内周面とインナーロッド3の外周面との間隔を小さくしてインナーロッド3の先端部を軸支する軸受部2dを形成している。その軸受部2dで広幅となったアウターロッド2の先端面には回転方向に沿って長円状の取込口2cを3箇所貫通している。吐水口3c及び切欠き2eは、アウターロッド2とインナーロッド3とが係止部2b,3bで係止した際に、取込口2cの回転方向とは反対側となる端部近傍に位置するように形成している。

0013

実施例1では、図5に示すようにインナーロッド3に回転力と打撃力を与えると、係止部2b,3bが係止してアウターロッド2に回転力が伝達されるとともに、インナーロッド3がアウターロッド2の軸受部2dの後端面打撃し、インナーロッド3を通じて送り込んだ掘削水Wを吐水口3cからアウターロッド2の先端面近傍へ向けて吐水しながら掘削ビット2a,3aで地盤Gを掘削する。スライムGbはアウターロッド2の取込口2cから取り込まれて排土路4を通じて後方へ排出され、一部はアウターロッド2と削孔Hとの間を通じて排出される。

0014

インナーロッド3の先端に荷重が集中しても、軸受部2dの部分のアウターロッド2とインナーロッド3との間の隙間はインナーロッド3が回転できる程度のわずかなものとなっているから、インナーロッド3はブレることなく軸受部2dで軸支されながら円滑に回転して掘進し、偏摩耗することがない。また、取込口2cの開口面積は従来のロッド間の隙間と同等以上に確保されており、スライムGbの排出効率は低下しない。さらに、掘削水Wはインナーロッド3の側面位置からアウターロッド2の先端面近傍へ向けて吐水されるから、掘削水Wがアウターロッド2まで廻り込んでインナーロッド3とアウターロッド2それぞれに充分に行き渡り、スライムGbが効率良く排出される。

0015

図6は実施例2のボーリングロッドの説明図、図7は実施例2のスライムの排出を示す説明図である。図中、2fはポケットである。実施例2のボーリングロッド1は、図6に示すようにアウターロッド2の先端面をその外周側が内周側より後退するように半径250mmの緩やかな曲面に傾斜させ、軸受部2dの内周面の後部を前部より拡径し、インナーロッド3とアウターロッド2との隙間を大きくしてポケット2fを形成し、インナーロッド3の先端部をアウターロッド2から5.97mm前方へ突出させている。

0016

実施例2では、アウターロッド2の先端面を外周側が内周側より後退するように傾斜させたから、掘削水W及びスライムGbの流れが円滑になるとともに掘削抵抗が低減される。また、軸受部2dの内周面の後部を前部より拡径してポケット2fを形成したから、図7に示すように軸受部2dに侵入したスライムGbがポケット2fに収容され、インナーロッド3の後退時に後方へ排出されてスライムGbが滞留し難くなる。その他、符号、構成、作用効果は実施例1と同じである。

0017

本発明の技術は、インナーロッドに荷重が集中しやすい構造のボーリングロッドに有用である。


図面の簡単な説明

0018

実施例1のボーリングロッドの正面図である。 図1のA−A断面図である。 図2のA−A断面図である。 図2のB−B断面図である。 実施例1のスライムの排出を示す説明図である。 実施例2のボーリングロッドの説明図である。 実施例2のスライムの排出を示す説明図である。


--

0019

1 ボーリングロッド 2 アウターロッド 2a 掘削ビット 2b 係止部 2c 取込口 2d 軸受部 2e 切欠き 2f ポケット 3 インナーロッド 3a 掘削ビット 3b 係止部 3c 吐水口 3d 水路 4 排土路 W 掘削水 G 地盤 Ga 切羽 Gb スライム H 削孔


ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある課題・分野

将来の市場規模・変化の兆しを知りたい方- 課題視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 旭化成建材株式会社の「揚水井戸の設置方法及び鋼管ケーシング」が公開されました。(2013/12/05)

    【課題】深い深度までの施工を実現させることができる揚水井戸の設置方法を提供する。【解決手段】鋼管2と鋼管2の先端に脱着可能に取り付けられる蓋体10とを備える鋼管ケーシング1を用いて、鋼管ケーシング1内 ... 詳細

  • プレミアムプロテクターの「石油採掘パイプを包むためのポリマフィルム」が公開されました。(2013/11/21)

    【課題・解決手段】本発明は、ネジ山を備える石油掘削パイプ(4)と、石油掘削パイプ(4)のネジ山のためのプロテクタ(1)であって、本体及び石油掘削パイプ(4)のネジ山に相補的であるネジ部を含むプロテクタ ... 詳細

  • プレミアムプロテクターの「石油採掘パイプ用プロテクタ」が公開されました。(2013/09/26)

    【課題・解決手段】本発明は、石油採掘パイプ用プロテクタ(1,7)に関する。本発明は、近位端部(21)、遠位端部(22)、及びパイプのネジ山に相補的なネジ山(42)を有する、中空の実質的に円錐台の接続部 ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?

    図面 (/)