カテゴリー:日本 - 生活必需品 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 釣り具

出願人 発明者
出願日 2007年2月23日 (7年8ヶ月経過) 出願番号 2007-043809
公開日 2008年9月11日 (6年1ヶ月経過) 公開番号 2008-206415
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2027年2月23日 (残12年3ヶ月) 状態 拒絶査定(最終処分)
技術分野
関連キーワード

図面 (4)

以下の情報は公開日時点(2008年9月11日)のものです。

課題

装飾面での軽量化を維持しながら、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、模様部といった多様な装飾形態を施どこされた釣り具表面装飾構造を提供する。

解決手段

竿素材Aの外周面に単一の装飾層2を形成する。装飾層2に、枠内が透明の中抜き部2A、色が徐々に変化するボカシ模様部2B、複数の異なる色を組み合わせ色分け模様部2C、濃色部分2aとを有する。中抜き部2A、ボカシ模様部2B、色分け模様部2Cに対応した情報に基づいてインクジェットヘッド5を制御する。インクジェットヘッド5の一回の装飾作動によって、基本となる複数種色インク任意の割合で配合して対象物に施し、中抜き部2A等を形成してある。

この項目の情報は公開日時点(2008年9月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

釣り具の一例である釣り竿においては、模様を形成する場合には、基本となる色の塗料竿素材に施すとともに、その基本色の上から異なる色の塗料を吹き付け塗装シゴキ塗装等の塗装方法を用いて行っていた(特許文献1参照)。 しかし、その場合には、塗装厚みが厚くなる等の欠点を有することとなり、軽量化に反することとなっていた。 一方、吹き付け塗装やシゴキ塗装の代わりに、スクリーン印刷等を利用して装飾を行うこともできるが、多色印刷が難しく、多色装飾を施すには作業性が悪い面があった。 また、社名等のロゴについてはシール塗装面に施していたが、シール面と他の塗装面との段差を解消すべくトップコート処理を必要として、作業の手間が大変であった。 したがって、以上のような欠点を解消するものとして、複数の塗料をその配合割合を変更した状態で調整し、その調整塗料を複数のノズルから塗布して、竿素材に塗布することによって竿の軽量化を図ったものがあった(特許文献2)。

特公平3−11735号公報 特開平9−23789号(段落番号〔0012〕、及び、図3)

概要

装飾面での軽量化を維持しながら、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、模様部といった多様な装飾形態を施どこされた釣り具の表面装飾構造を提供する。 竿素材Aの外周面に単一の装飾層2を形成する。装飾層2に、枠内が透明の中抜き部2A、色が徐々に変化するボカシ模様部2B、複数の異なる色を組み合わせ色分け模様部2C、濃色部分2aとを有する。中抜き部2A、ボカシ模様部2B、色分け模様部2Cに対応した情報に基づいてインクジェットヘッド5を制御する。インクジェットヘッド5の一回の装飾作動によって、基本となる複数種色インク任意の割合で配合して対象物に施し、中抜き部2A等を形成してある。

目的

本発明の目的は、装飾面での軽量化を維持しながら、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部いった多様な装飾形態を施どこされた釣り具及びその表面装飾方法を提供する点にある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2008年9月11日)のものです。

請求項1

素材外周面装飾層積層するとともに、前記装飾層を、必要な情報に基づいて基本となる複数種色インク任意の割合で配合したインクを施して、単一色一定領域に亘って施した単一色部、色をその濃淡が徐々に変化するボカシ模様部、複数の異なる色を組み合わせ色分け模様部、周縁部に着色を施し周縁部の内部は着色していない中抜き部、との内の少なくとも二つで構成してある釣り具

請求項2

素材の外周面に、必要な情報に基づいて基本となる複数種の色インクを任意の割合で配合して施こすインクジェット式装飾装置作動させて、単一色を一定領域に亘って施した単一色部、色の濃淡が徐々に変化するボカシ模様部、複数の異なる色を組み合わせた色分け模様部、周縁部に着色を施し周縁部の内部は着色していない中抜き部、との内の少なくとも二つを備えた装飾層を形成する釣り具の表面装飾方法

請求項3

前記装飾層の上に、透明な保護層を設けてある請求項1記載の釣り具の表面装飾構造

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2008年9月11日)のものです。

技術分野

0001

本発明は、釣り具及びその表面装飾方法に関する。


背景技術

0002

釣り具の一例である釣り竿においては、模様を形成する場合には、基本となる色の塗料竿素材に施すとともに、その基本色の上から異なる色の塗料を吹き付け塗装シゴキ塗装等の塗装方法を用いて行っていた(特許文献1参照)。 しかし、その場合には、塗装厚みが厚くなる等の欠点を有することとなり、軽量化に反することとなっていた。 一方、吹き付け塗装やシゴキ塗装の代わりに、スクリーン印刷等を利用して装飾を行うこともできるが、多色印刷が難しく、多色装飾を施すには作業性が悪い面があった。 また、社名等のロゴについてはシール塗装面に施していたが、シール面と他の塗装面との段差を解消すべくトップコート処理を必要として、作業の手間が大変であった。 したがって、以上のような欠点を解消するものとして、複数の塗料をその配合割合を変更した状態で調整し、その調整塗料を複数のノズルから塗布して、竿素材に塗布することによって竿の軽量化を図ったものがあった(特許文献2)。

0003

特公平3−11735号公報 特開平9−23789号(段落番号〔0012〕、及び、図3


発明が解決しようとする課題

0004

特許文献2に記載された発明においては、色の異なる部分同一仕上層に形成してあるので、模様を形成するために重ね塗りする必要がなく軽量化が図れるものではある。 しかし、複数のノズルから吹き付ける異なる色塗料の割合を一定設定した状態で吹き付ける塗装方法を採っているので、竿の軸線方向においては色塗料の割合を変更して異なる色の領域区画形成できるが、周方向においては同一色の塗装を施すことができるだけで、ロゴや模様等を同一周方向において形成することができない面があった。

0005

本発明の目的は、装飾面での軽量化を維持しながら、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部いった多様な装飾形態を施どこされた釣り具及びその表面装飾方法を提供する点にある。


課題を解決するための手段

0006

〔構成〕 請求項1に係る発明の特徴構成は、素材外周面装飾層積層するとともに、前記装飾層を、必要な情報に基づいて基本となる複数種色インク任意の割合で配合したインクを施して、単一色を一定領域に亘って施した単一色部、色をその濃淡が徐々に変化するボカシ模様部、複数の異なる色を組み合わせた色分け模様部、周縁部に着色を施し周縁部の内部は着色していない中抜き部、との内の少なくとも二つで構成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。

0007

〔作用〕 予め与えられた情報に基づいて基本となる複数種の色インクを任意の割合で配合して素材に施すことによって、単一色部、色分け模様部、ボカシ模様部、中抜き部を形成できる。

0008

〔効果〕 したがって、従来のように、模様を形成するのに重ね塗りする必要もなく、ロゴ等を作成するのにシールを添付する必要もなく、かつ、与えられた情報に基づいて装飾を行うので、釣り竿であっても軸線方向だけでなくあらゆる方向への異なる色を施すことができ、釣り具の製作が迅速に行える。

0009

〔構成〕 請求項2に係る発明の特徴構成は、素材の外周面に、必要な情報に基づいて基本となる複数種の色インクを任意の割合で配合して施こすインクジェット式装飾装置作動させて、単一色を一定領域に亘って施した単一色部、色の濃淡が徐々に変化するボカシ模様部、複数の異なる色を組み合わせた色分け模様部、周縁部に着色を施し周縁部の内部は着色していない中抜き部、との内の少なくとも二つを備えた装飾層を形成する点にあり、その作用効果は次の通りである。

0010

〔作用〕 予め単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部を施すに必要な情報を制御手段に備える。この情報に基づいて制御手段は作動情報をインクジェット式の装飾装置に与える。装飾装置はその制御情報に基づいて基本となる複数種の色インクを任意の割合で配合する。 そして、中抜き部においては、中抜き部の周縁部に配合調整したインクを施し、周縁部の内部ではインクを施さないように装飾装置を制御する。単一色部、ボカシ模様部と色分け模様部においては、対応した情報に基づいてインクを調合し、所定場所にその調合インクを施すことによって、それらを形成する。

0011

〔効果〕 このように、予め単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部に対応した情報を制御手段に与え、その情報に基づいて装飾装置を制御することができるので、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部を一方向に沿った状態だけでなく任意の方向に沿った状態で設けることができるにいたった。 これによって、装飾層の軽量を維持しながら、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部を利用して装飾層を形成でき、かつ、釣り具の表面凹凸の少ないものとできた。 特に、単一色部、中抜き部、ボカシ模様部、色分け模様部を利用して社名等のロゴを施すことができるので、シールを使用してロゴを施す場合に比べて、シールと他の塗装面との段差を無くすトップコート処理が必要ではなく、作業性の良好である。

0012

請求項3に係る発明の特徴構成は、前記装飾層の上に、透明な保護層を設けてある点にあり、その作用効果は次の通りである。

0013

〔作用効果〕 つまり、保護層によって中抜き部においても均平化処理され、従来のように、シールを使用した場合のように、均し処理を行う必要がない。


発明を実施するための最良の形態

0014

釣り竿に適用する形態について説明する。対象となる竿素材Aとしては、釣り竿を構成する穂先竿から元竿までの全ての竿体を構成する竿素材Aが対象となる。 図2及び図3示すように、竿素材Aの外周面にベース層1を施すとともに、ベース層1の上から装飾層2を施し、装飾層2の上に表面保護層3を施して、竿体を構成してある。

0015

ベース層1について説明する。図3に示すように、金、銀、白色等の光を反射する機能の高い塗料をシゴキまたはハケ塗り等の塗装方法、又は、インクジェット式の装飾装置Bを用いて竿素材Aの表面に施してある。ベース層1を構成する塗料としては、光を反射する機能の低い塗料であってもよい。

0016

装飾層2について説明する。 装飾層2には、枠内が透明の中抜き部2A、色が徐々に変化するボカシ模様部2B、複数の異なる色を組み合わせた色分け模様部2Cとが備えられている。 装飾層2を形成する領域の周縁部分にボカシ模様部2Bを形成するとともに、ボカシ模様部2Bで囲まれた内部にボカシ模様部2Bの内で最も濃い色を施してある濃色部分2aを形成してある。この濃色部分2aによって単一色部を形成する。

0017

図2に示すように、濃色部分2a内には、類似形状繰り返し展開する色分け模様部2Cが形成されており、この色分け模様部2Cには濃色部分2aとは異なる色が施してある。 濃色部分2aと色分け模様部2Cには、メー表示するロゴや製品主張する標語等が中抜き文字で表示された中抜き部2Aが形成されている。

0018

前記した、単一色部2a、中抜き部2A、ボカシ模様部2B、色分け模様部2Cを形成する製造方法について説明する。図1に示すように、インクジェット式の装飾装置Bは、基本となる複数種の色インクを収納したインクタンク4と、そのインクタンク4から供給されるインクを任意の割合で配合して対象物に施すインクジェットヘッド5とを装備して構成してある。 基本となる色インクは、シアン系マゼンダ系、イエロー系ブラック系のインクである。ただし、必要な場合によっては、白色等を追加してもよい。

0019

インクジェットヘッド5には、シアン系、マゼンダ系、イエロー系、ブラック系のインクを液滴として供給する複数本のノズルが配置されるとともに、図示しない制御手段からの作動情報を受けてインクを急激に加熱し液滴化を促すとともに気泡によって噴出させるべく、加熱媒体を装備してある。この方式は、サーマルジェット方式と呼ばれているが、ピエゾ方式を採用してもよい。

0020

竿素材Aに装飾を施す具体構成について説明する。図1に示すように、竿素材Aをマンドレル6に装着するとともに、マンドレル6と竿素材Aとをマンドレル6の軸芯周り回転可能に構成する。インクタンク4とインクジェットヘッド5とを含む装飾装置Bをマンドレル6の軸線に沿って移動可能に構成する。

0021

以上のような構成によって、竿素材Aを回転させながら、装飾装置Bを移動させることによって、制御手段からの作動情報に基づいて、複数種のインクを所望の割合に混合した調整インクを液滴としてドッド状に竿素材Aの表面に施していく。 これによって、装飾装置Bの一回の装飾行程で、前記した濃色部分2a、中抜き部2A、ボカシ模様部2B及び、色分け模様部2Cを形成することができる。

0022

中抜き部2Aとしては、この部分に調整インクを施さないことによって、形成される。したがって、この中抜き部2Aにおいては、ベース部1に施された光反射層の色が発色することとなる。ただし、ベース部1における前記中抜き部2Aに対応する部分を、単一色ではなく、前記したボカシ模様部2B、色分け模様部2Cに形成していれば、中抜き部2Aを通して、ボカシ模様部2B、色分け模様部2Cを視認することができる。

0023

ボカシ模様部2B及び濃色部分(単一色部)2aとしては、インクジェットヘッド4からの液滴ドッドを周縁部においては粗い状態で施し、内部の濃色部分2aに向かってドッド密度を高くし、濃色部分2aで最も密度を高くすることによって、形成してある。

0024

色分け模様部2Cにおいては、色を塗り分けることによって形成することができる。 尚、装飾層2における明度はその厚み(ノズルからの突出量)を変更することによって調節できるが、厚みの範囲は2〜35ミクロンである。また、装飾層2における色相としては、4色のインクの配合割合を変更することによって、調整可能である。

0025

装飾層2の上に設けられる表面保護層3について説明する。図3に示すように、透明のクリア塗料を使用し、吹き付け塗装、シゴキ塗装、或るいは、インクジェット式の装飾装置Bによって、装飾層2の上に表面保護層3を形成する。 また、クリア塗料以外に透明度の高い塗料であれば使用でき、メタリックパール含有する塗料であってもよい。

0026

別実施形態〕 (1)上記した実施形態では、釣り竿に適用する形態について説明したが、他の釣り具、例えば、リール、ルアー収納ケース等に適用してもよい。 (2)装飾装置Bと竿素材Aとの関係は、装飾装置Bを竿素材Aの周方向に移動させて装飾を施す形態を採ってもよい。 (3)装飾装置Bを竿素材Aの軸線方向に移動させる構成を示したが、竿素材Aの全長相当するインクジェットヘッド5を装備して移動する必要のないものとしてもよい。 (4)上記実施形態においては、ベース層1を設ける形態について説明したが、ベース層1がなく、直接、素材に装飾層2を施してもよい。 (5)装飾層2を形成するのに、一回の装飾作動で行う形態について説明したが、装飾対象物によっては、二回以上の装飾作動を行う制御形態を採ってもよい。


図面の簡単な説明

0027

インクジェット式の装飾装置で竿素材の外周面に装飾を施す状態を示す斜視図 中抜き部、ボカシ模様部及び濃色部分、模様部を示す側面図 竿素材に形成されたベース層、装飾層、表面保護層を示す縦断側面図


--

0028

1 ベース層 2 装飾層 2A 中抜き部 2B ボカシ模様部 2C 色分け模様部 2a 濃色部分(単一色部) A 竿素材 B 装飾装置


ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある課題・分野

将来の市場規模・変化の兆しを知りたい方- 課題視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • グローブライド株式会社の「釣具」が公開されました。(2014/01/20)

    【課題】被膜全体の剥離を防止でき、それにより、視覚的効果や滑り止め効果等の被膜本来の機能を維持できるとともに、外観の向上も図ることができる釣具を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の釣具は、釣 ... 詳細

  • グローブライド株式会社の「釣竿」が公開されました。(2014/01/20)

    【課題】釣竿の調子を変更する剛性差を有する釣竿は、釣竿を立てて取り込む際に、魚の引きによる竿の撓みの頂部が穂先側から元竿側へ移動する際に、竿の抗力の変化により魚に違和感を与えて、魚を暴れさせる事態が生 ... 詳細

  • 株式会社シマノの「スピニングリール及びスピニングリールのリール本体」が公開されました。(2014/01/16)

    【課題】機構装着空間への液体の浸入を抑え、かつネジ部材を後部に露出させることなくガード部材を容易に固定できるようにする。【解決手段】リール本体2の筐体部2aは、側部が開口する機構装着空間2dと、前縁部 ... 詳細

この技術と関連性が強い技術

関連性が強い技術一覧

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?