カテゴリー:日本 - 固定構造物 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 ケーシングビット

出願人 発明者
出願日 2006年11月27日 (7年5ヶ月経過) 出願番号 2006-318535
公開日 2008年6月12日 (5年10ヶ月経過) 公開番号 2008-133599
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2026年11月27日 (残12年7ヶ月)
技術分野
関連キーワード
  • -

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2008年6月12日)のものです。

課題

土木建築等の分野で、鉄筋コンクリート杭施工に使用されるケーシングビットであって、規格通り外径を有するケーシングパイプを使用して、これよりも外径の大きい杭を形成することのできるケーシングビットを提供すること。

解決手段

ケーシングビットの外面が、ケーシングパイプの外周面よりも外側張出しており、かつその外面は、ケーシングビットの切削方向先端部が最も外側に位置し、後側部分の外面が次第に内側に位置するような傾斜面として形成されているケーシングビット。

この項目の情報は公開日時点(2008年6月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

PDFをダウンロードすると、すべての図面を閲覧可能です。

土木工事における鉄筋コンクリート杭施工法として、オールケーシング(全旋回)工法と呼ばれる工法が採用されている。この工法は、金属製ケーシングパイプケーシングチューブ)の先端部に、その円周に沿って超硬チップ付きカッタービットケーシングビット)を所定間隔複数個取り付け、該ケーシングパイプを軸回り回転させながら、カッタービットの刃先地盤掘削して、その内部に杭を形成する工法である。施工中は、定寸のケーシングパイプを継ぎ足しながら所定の深さまで掘削して行く。

ケーシングパイプで所定深さまで掘削したら、内部の土砂排出するとともに、ケーシングパイプを掘削した穴から抜き取り、その穴内空間鉄筋を配置して、その上からコンクリート打設することによって鉄筋コンクリートが形成される。

この種のケーシングパイプとケーシングビットについては、例えば下記特許文献開示されているようなものが知られている。

特開2005−139632号公報 特開2002−47648号公報 特開2006−188873号公報

概要

土木建築等の分野で、鉄筋コンクリート杭の施工に使用されるケーシングビットであって、規格通り外径を有するケーシングパイプを使用して、これよりも外径の大きい杭を形成することのできるケーシングビットを提供すること。 ケーシングビットの外面が、ケーシングパイプの外周面よりも外側張出しており、かつその外面は、ケーシングビットの切削方向先端部が最も外側に位置し、後側部分の外面が次第に内側に位置するような傾斜面として形成されているケーシングビット。 1

目的

カッタービットの刃先をケーシングパイプの外周面よりも外側に突出させて杭形成用の穴を掘削すると、その刃先によってケーシングパイプの外径よりも大径の穴が一応掘削されるが、掘削後には、土圧により掘削された穴壁競りだして来たり、土砂が崩れたりするので、ビットの刃先で所望の径の穴を掘削したとしても、コンクリート打設時点で、穴内径が小さくなり、形成される杭の外径が目的とする径よりも小さくなるという問題点があった。すなわち、掘削された穴内にコンクリートを注入すると、深い穴底部分では、コンクリートの圧力が高いため、土圧に打ち勝って、予定通りの外径が得られるとしても、穴の比較的浅い部分では、コンクリートの圧力が低いため、土圧によって穴径が小さくなり、形成される杭の外径も小さくなって、杭の強度が低下するという問題が生じていた。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2008年6月12日)のものです。

請求項1

ケーシングパイプ先端部に取り付けられ、該ケーシングパイプの回転によって地盤掘削するケーシングビットであって、前記ケーシングビットは、掘削された穴壁に対向する外面が前記ケーシングパイプの外周面よりも外側張出しており、かつその外面は、ケーシングビットの切削方向前側部分が最も外側に位置し、後側になるほど次第に内側に位置するような傾斜面として形成されていることを特徴とするケーシングビット。

請求項2

鋼製シャンク部の切削方向における先端側エッジ部に、該エッジ部に沿って補強用の超硬チップが固着されている請求項1に記載ケーシングビット。

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 株式会社西部工建の「硬質地盤掘削工法」が公開されました。(2013/12/19)

    【課題】岩盤または転石からなる硬質地盤に杭穴を掘削するとき、その掘削作業期間を短縮化することのできる硬質地盤掘削工法を提供することにある。【解決手段】回転するケーシング1により岩盤又は転石などからなる ... 詳細

  • 旭化成建材株式会社の「揚水井戸の設置方法及び鋼管ケーシング」が公開されました。(2013/12/05)

    【課題】深い深度までの施工を実現させることができる揚水井戸の設置方法を提供する。【解決手段】鋼管2と鋼管2の先端に脱着可能に取り付けられる蓋体10とを備える鋼管ケーシング1を用いて、鋼管ケーシング1内 ... 詳細

  • ニッシン環境株式会社の「雨水浸透枡の埋設工法」が公開されました。(2013/11/21)

    【課題】開口部がより小さく、かつ、より深い雨水浸透枡でも効率的に設置することができる工法を提供する。【解決手段】少なくとも底部に雨水排出孔を有する雨水浸透枡を地中に埋設するための工法であって、(1)掘 ... 詳細

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?