図面 (/)

技術 ドラム缶保護カバー

出願人 新邦工業株式会社
発明者 金子賢三
出願日 2006年4月5日 (10年9ヶ月経過) 出願番号 2006-127913
公開日 2007年10月25日 (9年2ヶ月経過) 公開番号 2007-276872
状態 未査定
技術分野 剛性または準剛性容器の細部
主要キーワード 部保護カバー 圧空成型 真空成型 ドラム缶 油汚れ 注ぎ口 需要家 ハーフカット

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

以下の情報は公開日時点(2007年10月25日)のものです。

課題

取手付きドラム缶の底の縁は移動時の接触などで表面処理が剥げ、缶を床に何回と置かれ底部にゴミ等が付着し、その状態で重ねられドラム缶上部の窪みにゴミが溜まること、損傷を防ぐと共に持ち運びし易くする。

解決手段

肉薄プラスチック材料圧空成型真空成型などで製作した、取手付きドラム缶の上面形状に沿い縁を巻き込んだ保護カバーと底部形状に沿い縁を巻き込んだ底部保護カバーを付けた状態でドラム缶を重ねることができ、且つ、保護カバーにドラム缶の取手付近を穴、断続的な筋目、ハーフカットの筋目、切り落としの筋目を加工する。保護カバー、底部保護カバーが付いた状態で輸送、保管時は積み重ねが出来、持ち運び時にはドラム缶の取手を保護カバーの穴を通し、断続的な筋目、ハーフカットの筋目は簡単に切断することができ、切り落とし筋目から取手を取り出し保護カバーを付けたままドラム缶の持ち運びができる。

この項目の情報は公開日時点(2007年10月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

ドラム缶の縁にの形状に沿って成型された保護カバーを被せ、ドラム缶が重ねることができ、移動時には缶に付随した取手を保護カバーから出せるようにする。ドラム缶底部に底部保護カバーを被せ一対で使用する。

概要

取手付きドラム缶の底の縁は移動時の接触などで表面処理が剥げ、缶を床に何回と置かれ底部にゴミ等が付着し、その状態で重ねられドラム缶上部の窪みにゴミが溜まること、損傷を防ぐと共に持ち運びし易くする。肉薄のプラスチック材料で圧空成型、真空成型などで製作した、取手付きドラム缶の上面形状に沿い縁を巻き込んだ保護カバーと底部形状に沿い縁を巻き込んだ底部保護カバーを付けた状態でドラム缶を重ねることができ、且つ、保護カバーにドラム缶の取手付近を穴、断続的な筋目、ハーフカットの筋目、切り落としの筋目を加工する。保護カバー、底部保護カバーが付いた状態で輸送、保管時は積み重ねが出来、持ち運び時にはドラム缶の取手を保護カバーの穴を通し、断続的な筋目、ハーフカットの筋目は簡単に切断することができ、切り落とし筋目から取手を取り出し保護カバーを付けたままドラム缶の持ち運びができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2007年10月25日)のものです。

請求項1

上部に取手が付随したドラム缶にドラム缶上側に被せられる形状を有した成型されたカバーを、缶の上面に被せ、上側カバー中央付近平面部に必要な箇所に穴、断続的な筋目ハーフカットの筋目、及び切り落としの筋目を1乃至複数を有し、又この筋目が交差する形状も考慮し缶を移動する時にカバーが被さった状態で缶に付随している取手を穴に通して持つ事ができ、断続的な筋目、ハーフカットの筋目は少しの力で破れ、及び切り落としの筋目はそのままその筋目から取手を取り出し、取手を持って移動が可能になり缶の縁を保護すると共に重ねる際に缶の底に付いたゴミ等が直接缶に付かないようにしたドラム缶保護カバー。

請求項2

上記請求項1のカバーと缶底部に被せられる形状を有し成型されたカバーを缶底部に被せ、缶の縁等を保護するカバーと上記請求項1のカバーと一対で使用するようにしたドラム缶保護カバー。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2007年10月25日)のものです。

技術分野

0001

本発明は取手付きドラム缶の製造から保管、移動、輸送そして、ドラム缶に内容物を充填に際して保管、移動、輸送等は重ねて置くのが通例で且つ、充填されたドラム缶を短い距離の移動はドラム缶を斜めにして回転しながら移動する。ドラム缶の縁を保護及び、上面の凹みの部分にゴミ、油汚れ等が付かないようにし、且つ、移動時に持ち易くできるようにしたドラム缶保護カバー


背景技術

0002

ドラム缶の縁に缶の形状に沿って成型された保護カバーを被せ、ドラム缶が重ねることができ、移動時には缶に付随した取手を保護カバーから出せるようにする。ドラム缶底部に底部保護カバーを被せ一対で使用する。


発明が解決しようとする課題

0003

取手付きドラム缶の製造から充填そして商品として需要家に渡るまでに、ドラム缶の底の縁は移動時の接触などで表面処理が剥げ、缶を床に何回と置かれ底部にゴミ等が付着し、その状態で重ねられドラム缶上部の窪みにゴミが溜まることになる。

0004

そこで本発明は取手付きドラム缶の上面形状に成型された保護カバーをドラム缶上部に被せ、ドラム缶底部に底部形状に成型された底部保護カバーを被せ、缶の縁部の損傷を防ぎゴミ、油汚れなどが直接ドラム缶に付着せず、カバーを被せても積み重ねに差し支えなく、持ち運びの際に取手が保護カバーを被せたまま使う事ができるように利便性の向上を図ることが出来るようにした。


課題を解決するための手段

0005

本発明は取手付きドラム缶の上面形状及び底部形状に沿い縁を巻き込んだ保護カバー、底部保護カバーは肉薄のプラスチック材料で圧空成型、真空成型などで製作し、ドラム缶に付随している取手の付近に保護カバーに穴、断続的な筋目、ハーフカットの筋目、切り落としの筋目を加工する。

0006

ドラム缶に保護カバーが付いた状態で保管時は積み重ね、移動の際にはドラム缶の付随している取手を保護カバーの穴、断続的な筋目、ハーフカットの筋目、切り落としの筋目などから取り出し保護カバーを付けたまま持ち運びができるようにしたドラム缶保護カバー。


発明の効果

0007

本発明のドラム缶保護カバーは取手付きドラム缶を移動に於ける接触で缶の縁に施された表面処理が剥がれる。又、移動時には床のゴミ、油汚れなどが缶の底部に付着し、保管、輸送を行うたびに重ねられドラム缶本体上部に缶底部のゴミ、油汚れなどから保護できる効果がある。


発明を実施するための最良の形態

0008

取手付きドラム缶の上面形状に沿い縁を巻き込んだ保護カバー、底部形状に沿い縁を巻き込んだ底部保護カバーは肉薄のプラスチック材料で圧空成型、真空成型などで製作し、保護カバー、底部保護カバーを付けた状態でドラム缶を重ねることができ、且つ、保護カバーにドラム缶の取手付近を穴、断続的な筋目、ハーフカットの筋目、切り落としの筋目を加工する。ドラム缶に保護カバー、底部保護カバーが付いた状態で輸送、保管時は積み重ねが出来、持ち運びなどの移動時にはドラム缶の取手を保護カバーの穴を通し、断続的な筋目、ハーフカットの筋目は簡単に切断することができ、切り落とし筋目から取手を取り出し保護カバーを付けたままドラム缶の持ち運びができる。以下は図面を参照して説明する。図1は取手付きドラム缶の一例の斜視図。図2は請求項1のドラム缶に保護カバーを被せた一例の斜視図。図3はドラム缶に請求項1の保護カバーと底部に底部保護カバーを被せた一対で使用した一例の斜視図。

0009

図1は取手付きドラム缶1(以下、缶と記す)の一例の斜視図。缶1の上部に取手2注ぎ口3を有し、取手2は通常は横になっており持ち運ぶときに取手2を起こし缶1を持ち上げる。缶1の上部の周りに縁4が有り、底部の周りにも縁5が有る。

0010

図2は缶1に保護カバー6を被せた一例の斜視図。図4は保護カバー6に穴7を開けた斜視図、図5は保護カバー6に断続的な筋目8を加工した斜視図、図6は保護カバー6にハーフカットの筋目9を加工した斜視図、図7は保護カバー6に切り落としの筋目10を加工した斜視図、図8は保護カバー6にハーフカット、切り落とし、断続的な筋目の何れかを交差11させた加工の斜視図である。

0011

図9は缶1に保護カバー6を被せ、穴7、又は各種の筋目12の何れかに取手2を通し保護カバー6が被ったまま取手2を持つ事が出来る斜視図である。

0012

図10は底部保護カバー20で図3に於いて、缶1の上部に請求項1の保護カバー6を被せ、缶1の底部の縁5を傷が付かないように保護する底部保護カバー20を保護カバー6と一対で使用した請求項2の斜視図の一例。

0013

ドラム缶を製造し納品迄の品質管理、ドラム缶に内容物を充填し、出荷までの品質管理に於いて傷、汚れなどが付着しないように外観に気を使う。保護カバー、底部保護カバーを被せることでドラム缶の積み重ねによる傷、汚れがドラム缶に直接付かなくなり、持ち運びに於いても保護カバーが被さったまま取手を持つ事が出来る利点がある。


図面の簡単な説明

0014

取手付きドラム缶の一例の斜視図請求項1のドラム缶に保護カバーを被せた一例の斜視図請求項2の斜視図保護カバーに穴を開けた斜視図保護カバーに断続的な筋目を加工した斜視図保護カバーにハーフカットの筋目を加工した斜視図保護カバーに切り落としの筋目を加工した斜視図保護カバーにハーフカット、切り落とし、断続的な筋目の何れかを交差させた加工した斜視図缶に保護カバーを被せ、穴、又は各種の筋目の何れかに取手を通し保護カバーが被ったまま取手を持つ事が出来る斜視図底部保護カバーの斜視図


符号の説明

0015

1ドラム缶
2取手
3注ぎ口
4 上部の周りの縁
5 底部の周りの縁
6保護カバー
7 穴
8断続的な筋目
9ハーフカットの筋目
10切り落としの筋目
11交差
12各種の筋目
20底部保護カバー


ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 旭加工紙株式会社の「合成樹脂製コンテナに貼着するベースシート」が公開されました。(2016/09/29)

    【課題】 合成樹脂製コンテナに貼付した表示ラベルを剥がしやすく、しかも合成樹脂製コンテナの使用時等においても表示ラベルが剥がれにくいベースシートを提供する。【解決手段】 このベースシートは、合成樹 ... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「突刺具付容器、蓋付容器及び突刺具」が公開されました。(2016/09/29)

    【課題】突刺具を蓋材に突き刺した状態において、突刺具の周りと突き破られた蓋材との間から内容物が漏れ出すことを抑制可能な突刺具付容器を提供する。【解決手段】突刺具付容器1は、開口10aが形成された、内容 ... 詳細

  • 大王製紙株式会社の「家庭用薄葉紙収納容器」が公開されました。(2016/09/29)

    【課題】ケース体内の家庭用薄葉紙を取出口側に向けて押し上げつつも、未使用の家庭用薄葉紙の取出口からの突出量を抑制する。【解決手段】家庭用薄葉紙収納容器1は、上面に取出口21を有し、内側に家庭用薄葉紙P ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する未来の課題

関連性が強い未来の課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ