カテゴリー:日本 - 固定構造物 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置

出願人 発明者
出願日 2006年3月24日 (8年6ヶ月経過) 出願番号 2006-083505
公開日 2007年10月4日 (6年11ヶ月経過) 公開番号 2007-255143
登録日 2011年11月18日 (2年10ヶ月経過) 登録番号 4864505
特許期限 2026年3月24日 (残11年6ヶ月) 状態 特許維持
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2007年10月4日)のものです。

課題

簡単な構成で、操作紐起因する不快音の防止、周辺部への引っ掛かりなどを防止する。

解決手段

窓シャッター1の操作紐16の吊玉17、24、28に係止部22、27、31を設け、シャッターカーテン7を開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐16の下端の吊玉を、係止部を介して屋外側位置する障子13の竪框13aに形成された戸当たりフィン15に嵌着させる。屋外側に位置する障子13の竪框13aの所定部位強磁性体からなる固定面33を設け、シャッターカーテン7を開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐16の下端の吊玉24´を、磁石23を介して固定面33に磁着させる。

この項目の情報は公開日時点(2007年10月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

従来、窓開口部に設けられる窓シャッターでは、シャッターケース内巻取りドラム巻装されたシャッターカーテンを、その座板に設けた操作用下方引き操作することで引き下ろして窓開口部を閉鎖し(特許文献1)、閉鎖状態にあるシャッターカーテンを開放する際には、シャッターカーテンを手動で持ち上げることで、巻取りドラムに内蔵されたバランススプリング付勢力バランスされながらシャッターカーテンが上昇して窓開口部を開放する構成となっている。

ところが、シャッターカーテンを開放した場合に、カーテン最下端の座板が窓枠を形成する上枠位置まで上昇すると、座板に止着した紐が開放された窓開口部内垂れ下がり、紐に取り付け把持用の吊玉が風で揺れ動くことで、この吊玉が網戸障子窓障子等に当接して不快音が発生してしまうことになる。また吊玉を吊した紐が窓開口部の周辺に引っ掛かっていることを知らずに、窓障子やシャッターカーテンの開放、閉鎖の操作を行うと、紐の切断や窓障子、シャッターカーテンの損傷などの不具合を誘発するおそれもある。 特開2001−311341号

概要

簡単な構成で、操作紐起因する不快音の防止、周辺部への引っ掛かりなどを防止する。窓シャッター1の操作紐16の吊玉17、24、28に係止部22、27、31を設け、シャッターカーテン7を開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐16の下端の吊玉を、係止部を介して屋外側に位置する障子13の竪框13aに形成された戸当たりフィン15に嵌着させる。屋外側に位置する障子13の竪框13aの所定部位強磁性体からなる固定面33を設け、シャッターカーテン7を開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐16の下端の吊玉24´を、磁石23を介して固定面33に磁着させる。

目的

本発明は、簡単な構成で、操作紐に起因する不快音の防止、周辺部への引っ掛かりなどを防止する窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2007年10月4日)のものです。

請求項1

障子によって開閉される窓開口部の屋外側に設置した窓シャッターにおいて、該窓シャッターは、一端がシャッターカーテン下端側に連結され、他端に吊玉が設けられた操作紐を有し、前記吊玉に係止部を設け、シャッターカーテンを開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐の下端の吊玉を、該係止部を介して屋外側に位置する障子の竪框に形成された被係止部に嵌着させるようにした、窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置

請求項2

障子によって開閉される窓開口部の屋外側に設置した窓シャッターにおいて、該窓シャッターは、一端がシャッターカーテン下端側に連結され、他端に磁石備えた吊玉が設けられた操作紐を有し、屋外側に位置する障子の竪框の所定部位強磁性体からなる固定面を設け、シャッターカーテンを開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐の下端の吊玉を、該磁石を介して前記固定面に磁着させるようにした、窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置。

請求項3

請求項1、2いずれかにおいて、前記操作紐は、シャッターカーテンの幅方向略中央部位から垂下しており、前記吊玉が固定される竪框は窓開口部閉鎖時において開口幅方向略中央部位に位置しており、シャッターカーテンの全閉状態において、吊玉を前記竪框に嵌着ないし磁着させるようにした、窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2007年10月4日)のものです。

技術分野

0001

本発明は、建物窓開口部に設けられる窓シャッター係り、詳しくは、窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置に関するものである。


背景技術

0002

従来、窓開口部に設けられる窓シャッターでは、シャッターケース内巻取りドラム巻装されたシャッターカーテンを、その座板に設けた操作用下方引き操作することで引き下ろして窓開口部を閉鎖し(特許文献1)、閉鎖状態にあるシャッターカーテンを開放する際には、シャッターカーテンを手動で持ち上げることで、巻取りドラムに内蔵されたバランススプリング付勢力バランスされながらシャッターカーテンが上昇して窓開口部を開放する構成となっている。

0003

ところが、シャッターカーテンを開放した場合に、カーテン最下端の座板が窓枠を形成する上枠位置まで上昇すると、座板に止着した紐が開放された窓開口部内垂れ下がり、紐に取り付け把持用の吊玉が風で揺れ動くことで、この吊玉が網戸障子窓障子等に当接して不快音が発生してしまうことになる。また吊玉を吊した紐が窓開口部の周辺に引っ掛かっていることを知らずに、窓障子やシャッターカーテンの開放、閉鎖の操作を行うと、紐の切断や窓障子、シャッターカーテンの損傷などの不具合を誘発するおそれもある。 特開2001−311341号


発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、簡単な構成で、操作紐に起因する不快音の防止、周辺部への引っ掛かりなどを防止する窓シャッターにおける操作紐の吊玉の固定装置を提供することを目的とする。


課題を解決するための手段

0005

本発明が採用した第1の技術手段は、障子によって開閉される窓開口部の屋外側に設置した窓シャッターにおいて、該窓シャッターは、一端がシャッターカーテン下端側に連結され、他端に吊玉が設けられた操作紐を有し、前記吊玉に係止部を設け、シャッターカーテンを開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐の下端の吊玉を、該係止部を介して屋外側に位置する障子の竪框に形成された被係止部に固定させるようにしたものである。係止部の構成は、1つの態様では、吊玉の面部に係止片を設けることで、面部と係止片との間で被係止部を嵌着するものであり、他の態様では、吊玉の本体係止溝を形成し、当該係止溝に被係止部を嵌着するものである。1つの態様では、被係止部は、戸当たりフィンである。

0006

本発明が採用した第2の技術手段は、障子によって開閉される窓開口部の屋外側に設置した窓シャッターにおいて、該窓シャッターは、一端がシャッターカーテン下端側に連結され、他端に磁石備えた吊玉が設けられた操作紐を有し、屋外側に位置する障子の竪框の所定部位強磁性体からなる固定面を設け、シャッターカーテンを開放した際に、上昇したシャッターカーテン下端側から垂下する操作紐の下端の吊玉を、該磁石を介して前記固定面に固定させるようにしたものである。

0007

第1の技術手段では、障子の竪框が予め戸当たりフィンを有する場合には、戸当たりフィンが被係止部を構成するので、より少ない部品点数で固定装置を構成することができる。第2の技術手段では、吊玉が予め磁石を備えている場合には、より少ない部品点数で固定装置を構成することができる。第1、第2の技術手段において、吊玉が固定される竪框は、1つの態様では、網戸障子の竪框であり、他の態様では、窓障子の竪框である。

0008

本発明の他の態様では、前記操作紐は、シャッターカーテンの幅方向略中央部位から垂下しており、前記吊玉が固定される竪框は窓開口部閉鎖時において開口幅方向略中央部位に位置しており、シャッターカーテンの全閉状態において、吊玉を前記竪框に嵌着ないし磁着させるようにしている。


発明の効果

0009

本発明によれば、より少ない部品点数で固定装置を構成することができ、窓シャッターの操作紐の吊玉を障子の屋外側に固定することができ、風によって操作紐が揺れ動いて吊玉が障子に当接することによる不快音の発生を防止できる。また、操作紐を適度な緊張状態に保持するように吊玉を固定することで、シャッターカーテンを開放した窓開口部において、その周辺部位に吊玉や操作紐が引っ掛かることもない。

0010

屋外側に位置する障子の竪框に固定された吊玉は、竪框の屋外側の面よりもさらに屋外側に突出することになる。したがって、操作紐は、シャッターカーテンの幅方向略中央部位から垂下しており、吊玉が固定される竪框は開口部閉鎖時において開口幅方向略中央部位に位置しているものにおいて、シャッターカーテンの全閉状態において、吊玉を前記竪框に固定させることで、当該吊玉をシャッターカーテンと障子との当接を緩和する緩衝材として機能させることができる。


発明を実施するための最良の形態

0011

本発明の実施形態図面に基づいて詳細に説明する。図1は本発明の操作紐の固定装置を採用した窓シャッターの室外側から見た正面図、図2横断面図であり、窓シャッター1は、上枠2、下枠3および左右縦枠4、4からなる窓枠5の屋外側に配設されており、上枠2の上部に配設したシャッターケース6内のシャッターカーテン7が、左右位置離間対向状に立設したガイドレール8、8に案内されて昇降することにより、窓開口部9を開放、閉鎖するように構成されている。図1において、参照番号10はシャッターカーテン7の下端の座板である。

0012

窓枠5には、引き違い構成の窓障子11、12が左右方向移動自在に設けてあり、さらに、屋外側に位置する窓障子12の屋外側には網戸障子13が左右方向に移動自在に設けてある。図2は窓障子11、12による窓開口部9の閉鎖時を示しており、屋内側の窓障子11の戸尻側の竪框11aと、屋外側の窓障子12の戸尻側の竪框12aが内外に重なり合うことで召し合わせ部となっている。屋外側の窓障子12の屋外側には、網戸障子13が位置しており、網戸障子13の一方の竪框13aは、窓障子12の戸尻側の竪框12aに重なり合うことで召し合わせ部となっている。これらの召し合わせ部、すなわち、窓開口部9の閉鎖時における竪框11a、12a、13aは、窓開口部9の幅方向の略中央部に位置している。

0013

網戸障子13の各竪框13a、13aには、対向状の戸当たりフィン15、15が高さ方向に亘って延出形成されており、網戸障子13が一方の縦枠4に当接した際に、戸当たりフィン15,15間に窓枠5側の縦枠4、4に形成した突片14、14を呑み込むようになっている。戸当たりフィン15は、後述する吊玉17の係止部22を固定する片として機能するようになっている。

0014

シャッターカーテン7の下端に設けられた座板10の長さ方向の略中央部には操作紐16の一端が連結されており、その他端には吊玉17が設けてある。操作紐16の引き操作で全開状態からシャッターカーテン7を降下させて開口部の閉鎖を行うようになっている。尚、操作紐16の一端を、座板に代えて、シャッターカーテン下端側に設けた施錠装置レバーに連結するものであってもよい(特開2002−295154号公報参照)。

0015

吊玉17は、図3(c)〜(f)に示すように、四隅面取りした樹脂製本体18の中央に、操作紐16を挿通して端末抜け止め処理19が施されている。面部20には、互いに離間する方向に当該面部20と平行して延出する係止片22が一体形成されている。係止片22は面部20に対して僅かに拡開可能なような弾性を備えており、係止片22と面部20との間にフィン15を嵌着することができる。また面部21には磁石23が埋設されており、シャッターカーテン7が降下した状態で、磁石23をシャッターカーテン7のスラットに磁着させることで、操作紐16が床面接触することを防止する。

0016

本発明に係る窓シャッターにおいて、窓開口部9を閉鎖するシャッターカーテン7を開放する場合には、手動でシャッターカーテン7を上昇させると、シャッターケース6内の図示しない巻取りドラムを巻き取り方向に付勢するバランススプリング(図示せず)の巻き取り付勢力にバランスされながら、シャッターカーテン7が上昇して窓開口部9を全開状態に開放し、シャッターカーテン7の下端に設けた座板10が、図1に示すように、窓開口部9上方に移動し、座板10に連結した操作紐16が窓開口部9内に垂下することになる。

0017

そして、このような窓開口部9の全開状態で、図3(a)(b)に示すように、操作紐16の他端に設けた吊玉17の係止片22を、操作紐16が適度な緊張状態を保持するように、網戸障子13の竪框13aに形成された戸当たりフィン15に係止すれば、操作紐16が風で揺れて吊玉17が窓障子11、12や網戸障子13に当接することを防止することができる。

0018

図4(a)(b)は、それぞれ係止部を備えた吊玉の他の態様を示すものである。同図(a)に示す吊玉24は、中央に操作紐16を挿通して係止した樹脂製の本体25の短辺側側面26、26に係止溝27、27を形成して係止部としている。同図(b)に示す吊玉28は、中央に操作紐16を挿通して係止した樹脂製の本体29の長辺側の側面(底面)30に係止溝31を形成して係止部としている。本体25に係止溝27、31を形成するものは、本体25に設けた係止片22に比べて、破損のおそれがなく、また、吊玉を握った時のフィット感も良好である。

0019

窓開口部9の全開状態で、図5(a)(b)に示すように、操作紐16の他端に設けた吊玉24、28の係止溝27、31を、操作紐16が適度な緊張状態を保持するように、網戸障子13の竪框13aに設けた戸当たりフィン15に嵌着すれば、操作紐16が風で揺れて吊玉24、28が窓障子11、12や網戸障子13に当接することを防止することができる。

0020

図6図7は本発明の他の実施形態を示すものである。本実施形態では、網戸障子13´の竪框13´aの所定部位に鉄板部材32を配設して固定面33を形成し、固定面33に吊玉24´の面部21に埋設した磁石23を介して磁着して吊玉24´を竪框13´aに固定する構成となっている。鉄板部材32を配置する位置は、好ましくは、シャッターカーテン7を上昇させて操作紐16が垂下した状態で、操作紐16の下端の吊玉24´の磁石23を当該鉄板部材32に磁着させた時に、操作紐16が適度な緊張状態を保持するような位置である。鉄板部材32の装着の構成は限定されないが、薄肉の鉄板部材32を竪框13´aの所定部位の表面に貼り付ける態様、鉄板部材32を竪框13´aの内部に所定部位に位置して貼り付ける態様が例示される。

0021

窓開口部9の全開状態で、図7(b)に示すように、操作紐16の他端に設けた吊玉24´の面部21の磁石23を、操作紐16が適度な緊張状態を保持するように、網戸障子13の竪框13aに設けた鉄板部材32に磁着すれば、操作紐16が風で揺れて吊玉24´が窓障子11、12や網戸障子13に当接することを防止することができる。

0022

図7に示す態様では、吊玉24´の短辺側の側面26、26に形成した係止溝27、27の戸当たりフィン15への固定と、当該磁石23による固定面33への固定とを選択的に行えるようになっており、吊玉24´の固定装置として自由度の高い対応が可能となっている。

0023

上述の実施形態では、網戸障子の竪框に吊玉を固定する構成を示したが、屋外側の窓障子を用いて本発明を具現化することも可能である。また、図2図5図7から明らかなように、屋外側に位置する障子の竪框に固定された吊玉は、竪框の屋外側の面よりもさらに屋外側に突出することになる。したがって、操作紐は、シャッターカーテンの幅方向略中央部位から垂下しており、吊玉が固定される竪框は開口部閉鎖時において開口幅方向略中央部位に位置しているものにおいて、シャッターカーテンの全閉状態において、吊玉を前記竪框に固定させることで、シャッターカーテンが風圧で屋内側に撓んで障子に当接したような場合に、当該吊玉をシャッターカーテンと障子との当接を緩和する緩衝材として機能させることができる。この場合、吊玉は、ゴム等の弾性部材から構成したり、あるいは、吊玉の外面(吊玉を固定した時に屋外側に面する部位)にゴム等の弾性部材を設けること、が望ましい。窓シャッターにおけるシャッターカーテンと障子との当接緩和構造自体については、特開平11−22342号を参照することができる。

0024

本発明は、窓シャッターに利用することが可能である。


図面の簡単な説明

0025

室外側から見た本発明の固定装置を採用した窓シャッターの正面図である。 本発明の固定装置を採用した窓シャッターの横断面図である。 (a)および(b)は吊玉の装着状態を示す作用説明図、(c)〜(f)はそれぞれ吊玉の正面図、右側面図裏面図、平面図である。 (a)(b)はそれぞれ他の構成の吊玉を示す斜視図である。 (a)(b)はそれぞれ他の構成の吊玉を装着した場合を示す斜視図である。 他の構成の固定装置を採用した窓シャッターの正面図である。 (a)および(b)は他の構成の固定装置を採用した窓シャッターの吊玉の斜視図、および吊玉の装着状態を示す斜視図である。


--

0026

7 シャッターカーテン 11、12 窓障子 13 13´ 網戸障子 13a、13´a 竪框 16 操作紐 17、24、24´、28 吊玉 22 係止片 27、31 係止溝 23 磁石 32 鉄板部材 33 固定面


ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 八千代工業株式会社の「スクリーン装置」が公開されました。(2014/01/16)

    【課題】1つの移動手段により、開口を覆うための2つのスクリーンのいずれかを選択的に引き出すことのできるスクリーン装置を提供する。【解決手段】窓枠の対向する位置に2つのロール装置4,6が設置され、それぞ ... 詳細

  • セイキ住工株式会社の「横引きスクリーン装置」が公開されました。(2014/01/16)

    【課題】可動框が当接する受け框等との間にラッチ機構を備えた横引きスクリーン装置において、ラッチ受けに対するラッチの係合動作をスムーズに行うことができる横引きスクリーン装置を提供する。【解決手段】スクリ ... 詳細

  • 文化シヤッター株式会社の「開閉装置」が公開されました。(2014/01/16)

    【課題】開閉装置の可動部に電気部品を搭載し、それをバッテリで動作させる場合でも、バッテリ切れを防止でき、バッテリ残量の低下を適切に検知し、電気部品の安全性を向上させて動作させる。【解決手段】障害物感知 ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?