カテゴリー:日本 - 処理操作,運輸 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 ダンプ式コンテナ装置

出願人 発明者
出願日 2005年11月18日 (8年5ヶ月経過) 出願番号 2005-335058
公開日 2007年6月7日 (6年10ヶ月経過) 公開番号 2007-137293
登録日 2011年1月7日 (3年3ヶ月経過) 登録番号 4659598
特許期限 2025年11月18日 (残11年7ヶ月)
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2007年6月7日)のものです。

課題

トラック荷台に載せて設置されたコンテナを、ダンプカーの荷台のように傾斜可能とすることで、ダンプカーの荷台に直接に積み込むのに適しない積荷であっても、容易にコンテナ中搬入したり、ダンプカー式に一斉に下ろしたりできるダンプ式コンテナ装置を実現する。

解決手段

トラックの荷台上積載して連結固定されたベース体に、前記荷台上に積載されたコンテナの後部を軸支する支点を設けると共に、油圧シリンダー基端連結し、前記コンテナ中の積荷を下ろす際は、前記油圧シリンダーを伸長させて前記コンテナを前記支点を中心に起こして傾け、コンテナ中の積荷を一斉に滑降可能とする。コンテナに増設箱を連結することもできる。

この項目の情報は公開日時点(2007年6月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

PDFをダウンロードすると、すべての図面を閲覧可能です。

トラック荷台に直接載せて運搬できる形態積荷の場合は、特開平11-28961号公報に記載のようなダンプカーに載せて運搬し、その荷台を油圧シリンダーで起こして傾け、荷台中の積荷を一斉に滑降させて下ろすことができる。 特開平11-28961

概要

トラックの荷台に載せて設置されたコンテナを、ダンプカーの荷台のように傾斜可能とすることで、ダンプカーの荷台に直接に積み込むのに適しない積荷であっても、容易にコンテナ中搬入したり、ダンプカー式に一斉に下ろしたりできるダンプ式コンテナ装置を実現する。 トラックの荷台上積載して連結固定されたベース体に、前記荷台上に積載されたコンテナの後部を軸支する支点を設けると共に、油圧シリンダーの基端連結し、前記コンテナ中の積荷を下ろす際は、前記油圧シリンダーを伸長させて前記コンテナを前記支点を中心に起こして傾け、コンテナ中の積荷を一斉に滑降可能とする。コンテナに増設箱を連結することもできる。

目的

本発明技術的課題は、このような問題に着目し、トラックなどの荷台に載せて設置できるコンテナが、ダンプカーの荷台のように傾斜可能とすることで、ダンプカーの荷台に直接に積み込むのに適しない積荷であっても、容易にコンテナ中に搬入したり、ダンプカー式に一斉に下ろしたりできるダンプ式コンテナ装置を実現することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2007年6月7日)のものです。

請求項1

トラックなどの荷台上積載固定されたベース体に、前記荷台上に積載されたコンテナの後部を軸支する支点を設けると共に、コンテナ回転用シリンダー基端連結し、前記コンテナ中積荷を下ろす際は、前記シリンダーを伸長させて前記コンテナを前記支点を中心に起こして傾け、コンテナ中の積荷を一斉に滑降可能としたことを特徴とするダンプ式コンテナ装置

請求項2

前記コンテナの後壁および/又は側壁開閉可能になっていることを特徴とする請求項1に記載のダンプ式コンテナ装置。

請求項3

前記コンテナの後壁の一部又は全部が網体及び/又はパネル状体から成り、上端がコンテナに上下回動可能に支持されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のダンプ式コンテナ装置。

請求項4

前記コンテナ後部を軸支する支点が、トラックの荷台から後方に突出しており、前記コンテナの前記支点寄り底壁傾斜していることを特徴とする請求項1、請求項2または請求項3に記載のダンプ式コンテナ装置。

請求項5

前記コンテナとトラックの運転室との間に増設用の箱を配置した状態で互いに連結するフック手段を設けてあることを特徴とする請求項1から請求項4までのいずれかの項に記載のダンプ式コンテナ装置。

請求項6

前記コンテナと前記増設用の箱の連結側の側壁が開閉可能となっていることを特徴とする請求項1から請求項5までのいずれかの項に記載のダンプ式コンテナ装置。

請求項7

前記ベース体のトラック前部寄りの位置トラック荷台連結固定する手段を有していることを特徴とする請求項1から請求項6までのいずれかの項に記載のダンプ式コンテナ装置。

請求項8

前記ベース体のトラック前部寄りの位置の両端に位置合わせ支柱を固定し、前記コンテナを傾斜状態から水平状態に戻す際に、両位置合わせ支柱の間にガイドされるように構成してなることを特徴とする請求項1から請求項7までのいずれかの項に記載のダンプ式コンテナ装置。

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • 株式会社小松製作所の「ダンプトラック」が公開されました。(2013/12/05)

    【課題】撮像装置が撮像した画像を用いてダンプトラックの周辺を監視するにあたって、明暗のコントラスト差が大きい環境においても、ダンプトラックの周囲に存在する車両その他の対象物を画像に表示すること。【解決 ... 詳細

  • 亀山賢次の「ダンプトラックの可動バンパー」が公開されました。(2013/11/21)

    【課題】バンパー収納位置において、傾斜荷台とバンパー本体の干渉防止と、地面からの広いスペースの確保と、適用トラックの制限解除と、を併せて達成すること。【解決手段】ダンプトラックの可動バンパーA1は、サ ... 詳細

  • 日立建機株式会社の「ダンプトラックの積込み衝撃緩和装置」が公開されました。(2013/11/07)

    【課題】車体上に枢支ピンを中心としてホイストシリンダにより荷台を上下動可能に搭載してなるダンプトラックにおいて、積載物の積込み時の衝撃による車体の損傷を防止することができる積込み衝撃緩和装置を提供する ... 詳細

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?