カテゴリー:日本 - 機械工学,照明,加熱,武器,爆破 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 遊星ローラねじ

出願人 発明者
出願日 2005年11月7日 (8年8ヶ月経過) 出願番号 2005-322303
公開日 2007年5月24日 (7年2ヶ月経過) 公開番号 2007-127241
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2025年11月7日 (残11年4ヶ月) 状態 未査定
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2007年5月24日)のものです。

課題

大量の潤滑剤を給油口から安定的に供給することができる遊星ローラねじを提供する。

解決手段

遊星ローラねじは、ねじ溝1aが外周面に形成されたねじ軸1と、ねじ軸1のねじ溝1aに対向するねじ溝2aが内周面に形成されたナット2と、両ねじ溝1a,2a間に転動自在に介装された複数ローラ3からなるローラ列と、ナット2に嵌合された2つの歯車4,4と、ナット2のねじ溝2aに開口し潤滑剤を吐出する2つの給油口10,10と、を備えている。そして、2個の給油口10,10の位相がずれていて、両給油口10,10の開口部10a,10aが転動するローラ3によって同時に塞がれたり狭くなったりすることがないようになっている。

この項目の情報は公開日時点(2007年5月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

PDFをダウンロードすると、すべての図面を閲覧可能です。

従来の遊星ローラねじとしては、螺旋状のねじ溝外周面に形成されたねじ軸と、ねじ軸のねじ溝に対向するねじ溝が内周面に形成されたナットと、両ねじ溝間転動自在に介装された複数ローラからなるローラ列と、を備え、ローラ列のうち両端のローラを回転自在に支持する保持器がねじ軸とナットとの間に介装され、ローラ列のうち両端のローラに形成された歯と噛み合う歯車がねじ軸又はナットに嵌合されたものが知られている(例えば特許文献1を参照)。

従来の遊星ローラねじの潤滑法としては、グリース潤滑油潤滑が採用されているが、射出成形機組み込まれる遊星ローラねじのように大荷重負荷される遊星ローラねじにおいては、内部にグリースを大量に供給する必要がある場合があった。また、冷却のために内部に機械油タービン油等を大量に供給する場合があった。 このような場合には、ねじ軸又はナットにねじ溝に開口する給油口を設け、この給油口から内部に潤滑剤を供給する方法が採用されることが多かった。 米国特許第2683379号明細書

概要

大量の潤滑剤を給油口から安定的に供給することができる遊星ローラねじを提供する。遊星ローラねじは、ねじ溝1aが外周面に形成されたねじ軸1と、ねじ軸1のねじ溝1aに対向するねじ溝2aが内周面に形成されたナット2と、両ねじ溝1a,2a間に転動自在に介装された複数のローラ3からなるローラ列と、ナット2に嵌合された2つの歯車4,4と、ナット2のねじ溝2aに開口し潤滑剤を吐出する2つの給油口10,10と、を備えている。そして、2個の給油口10,10の位相がずれていて、両給油口10,10の開口部10a,10aが転動するローラ3によって同時に塞がれたり狭くなったりすることがないようになっている。

目的

なお、ボールねじの場合は、ボールが給油口の開口部を同時に塞ぐようなことは起こりにくく、上記のように給油口の開口部の位相を180°ずらしても上記のような問題は生じない。このような問題は、ローラを軸方向に平行に配置する遊星ローラねじ特有の問題である。 そこで、本発明は、上記のような従来の遊星ローラねじが有する問題点を解決するものであり、大量の潤滑剤を給油口から安定的に供給することができる遊星ローラねじを提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2007年5月24日)のものです。

請求項1

螺旋状に連続するねじ溝外周面に形成されたねじ軸と、前記ねじ軸のねじ溝に対向するねじ溝が内周面に形成されたナットと、前記両ねじ溝間転動自在に介装された複数ローラと、前記ねじ軸のねじ溝又は前記ナットのねじ溝に開口潤滑剤を吐出する給油口と、を備え、前記ねじ軸と前記ナットとの相対回転運動により、前記ローラの転動を介して、前記ねじ軸と前記ナットとが軸方向相対移動するようになっている遊星ローラねじにおいて、前記給油口を2個以上設け、それらの開口部の周方向位置を、全ての給油口の開口部が前記ローラによって同時に塞がれることがないような位置としたことを特徴とする遊星ローラねじ。

請求項2

2個以上の前記給油口のうちいずれか一つの給油口の中心位置といずれか一つのローラの中心位置とが一致して該給油口の開口部がそのローラによって塞がれている状態で、残りの給油口のうち少なくとも一つは、その開口部がローラによって完全には塞がれておらず、前記潤滑剤を吐出可能となっているとともに、その潤滑剤を吐出可能となっている給油口は、最も近接しているローラの外周面と開口部との間の径方向距離が、該開口部の径よりも大きいことを特徴とする請求項1に記載の遊星ローラねじ。

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?