カテゴリー:日本 - 生活必需品 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 押出式製麺機

出願人 発明者
出願日 2005年10月14日 (8年9ヶ月経過) 出願番号 2005-299591
公開日 2007年4月26日 (7年3ヶ月経過) 公開番号 2007-104973
登録日 2009年3月19日 (5年4ヶ月経過) 登録番号 4278647
特許期限 2025年10月14日 (残11年2ヶ月) 状態 特許維持
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2007年4月26日)のものです。

課題

ピストンが上昇復帰しなくなる事象を無くして塊状の麺生地ら線状の麺を効率よく製造することのできる押出式製麺機を提供する。

解決手段

複数押出孔39Aが穿設されるノズル板39、ノズル板39を底部に備え上端開口部が麺生地の投入口33Aとされるバレル33、及び投入口33Aからバレル33内に供給された麺生地をノズル板39の各押出孔39Aから外部に押し出すためのピストン34を備える押出式製麺機である。バレル33は、ノズル板39側で任意断面内径同一とされる主加圧室R1と、この主加圧室の上部に連続して内径が麺生地の投入口33A側に向かって漸次大きくなる圧力調整室R2とを形成する。圧力調整室R2内ではピストン34の周囲に空隙が形成され、主加圧室内ではその内壁全周に対してピストン34が摺接しながら昇降する。

この項目の情報は公開日時点(2007年4月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

PDFをダウンロードすると、すべての図面を閲覧可能です。

一般に、蕎麦、うどん、ラーメンなどの麺類は、蕎麦粉小麦粉といった原料穀粉に水などを混ぜ、これを捏ねて塊状の麺生地とし、次いで塊状の麺生地を平たく延ばし、これを細長切断することにより製される。

以上のような工程を手作業により行って得られる麺は手打ち麺と呼ばれるが、係る工程を自動化して大量の麺を効率的に製造することのできる製麺機も従来から一般に広く賞用されている。

係る製麺機として、麺生地の製造から切断までを一貫して行えるようにしたものや、麺生地の製造工程とそれ以降の工程を個別に行うようにしたものが知られる。

しかし、従来装置の多くは最終的に麺生地を細長く切断することに関係して、切断部の前段圧延部を設けているために装置構造が複雑になるなどの問題があった。

又、圧延した麺生地を細長く切断するものでは、多くの切り屑を発生する上に切断刃製作が難しいという問題がある。

そこで、自動機や手作業により得た麺生地の圧延、切断を行わず、それを細長く押し出し線状の麺(生麺)を得るようにした押出式の製麺機が知られる。

その種の装置として、押出成形されてくる麺類を受け受け容器を載置するための載置台と、該載置台の上方に所定距離だけ間隔を置いて配置された主ハウジング部と、該主ハウジング部の載置台に面する側に出し入れ自在に装着される成形型部材と、前記主ハウジング部の成形型部材が装着される側とは反対側に取り付けられた成形作動部材とを備え、前記成形型部材には、主ハウジング部の側で開口し、載置台の側に多数の細い貫通穴を有した底部を有する成形シリンダが設けられ、成形作動部材には、主ハウジング部に対して入れ状態とされた成形型部材の成形シリンダ内に前記開口を通して出し入れされる成形ピストンと、該成形ピストンの出し入れを駆動するための駆動部とが設けられ、前記成形シリンダ内に所定量練り上げ原材料を入れた成形型部材を入れ状態とし、前記駆動部を作動して成形ピストンを成形シリンダ内へと入れていき、原材料を底部へと押圧することにより、多数の細い貫通穴を通して載置台の方へと押出成形された麺類が出されていくようにした麺類押出成形機が提案されている(特許文献1)。

特開平8−294350号公報

概要

ピストンが上昇復帰しなくなる事象を無くして塊状の麺生地から線状の麺を効率よく製造することのできる押出式製麺機を提供する。複数押出孔39Aが穿設されるノズル板39、ノズル板39を底部に備えて上端開口部が麺生地の投入口33Aとされるバレル33、及び投入口33Aからバレル33内に供給された麺生地をノズル板39の各押出孔39Aから外部に押し出すためのピストン34を備える押出式製麺機である。バレル33は、ノズル板39側で任意断面内径同一とされる主加圧室R1と、この主加圧室の上部に連続して内径が麺生地の投入口33A側に向かって漸次大きくなる圧力調整室R2とを形成する。圧力調整室R2内ではピストン34の周囲に空隙が形成され、主加圧室内ではその内壁全周に対してピストン34が摺接しながら昇降する。

目的

本発明は以上のような事情に鑑みて成されたものであり、その目的はピストンが上昇復帰しなくなる事象を無くして塊状の麺生地から麺類を効率よく製造することのできる押出式製麺機を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2007年4月26日)のものです。

請求項1

複数押出孔穿設されるノズル板と、このノズル板を底部に備え上端開口部が麺生地投入口とされる筒状バレルと、その投入口からバレル内に供給された麺生地を前記ノズル板の各押出孔から外部に押し出すためのピストンと、を具備して構成される押出式製麺機において、前記バレルは、前記ノズル板側にあって任意断面内径同一とされる主加圧室と、この主加圧室の上部に連続して内径が麺生地の投入口側に向かって漸次大きくなる圧力調整室とを形成し、その圧力調整室内では前記ピストンの周囲に空隙が形成されると共に、前記主加圧室内ではその内壁全周に対して前記ピストンが摺接しながら昇降する構成にしたことを特徴とする押出式製麺機。

請求項2

ピストンは、ノズル板に対向する底面が上面よりも面積の大きい錐体状であり、麺生地の押出に際して前記ピストンの底面周縁が主加圧室の内壁全周に摺接することを特徴とする請求項1記載の押出式製麺機。

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?