カテゴリー:日本 - 生活必需品 ( 世界での技術分布を見る )

世界でのこの技術分類の技術分布

技術 鼻の花粉侵入防止具

出願人 発明者
出願日 2005年7月19日 (9年2ヶ月経過) 出願番号 2005-235538
公開日 2007年2月1日 (7年7ヶ月経過) 公開番号 2007-021156
登録日 - 登録番号 -
特許期限 2025年7月19日 (残10年9ヶ月) 状態 拒絶査定(最終処分)
技術分野
関連キーワード

この技術の活用可能性のある市場・分野

有望な関連市場
重要な関連分野

以下の情報は公開日時点(2007年2月1日)のものです。

課題

従来の衛生マスク装着の際の暑さ、声が聞くにくいことの解消と、更に装着していることが目立たない用具にする。

解決手段

鼻の対象とした用具とすることと、2個の、鼻の入口部と同色帯状フイルター(1)と透明、又は皮膚と同色の弾力性ある帯状の薄板連結帯(2)で構成される。

この項目の情報は公開日時点(2007年2月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

図面をまとめてご覧になりたい場合はPDFをダウンロードしてください。

従来の鼻の花粉侵入防止は、対象としたものは特許文献又は非特許文献には無い。もっぱら鼻と口の両方を対象とした衛生マスクが主流で鼻と口を覆う以外に方法はなっかた

概要

従来の衛生マスクの装着の際の暑さ、声が聞くにくいことの解消と、更に装着していることが目立たない用具にする。鼻のみ対象とした用具とすることと、2個の、鼻の入口部と同色帯状フイルター(1)と透明、又は皮膚と同色の弾力性ある帯状の薄板連結帯(2)で構成される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2007年2月1日)のものです。

請求項1

連結帯(2)は、透明又は皮膚と同色弾力性ある帯状薄板の両端に、空気穴(3)を設けて、中央部より先端角度を開いたU字状にして、その両端を反対側に、に入る部分わん曲にしたものであり、そのわん曲の部分に、板状軟質鼻の入口部と同色のフイルター(1)で包み連結帯(2)と固定したことを特徴とした鼻の花粉侵入防止具

請求項2

連結帯(2)の中央部にフイルター(4)を追加して、全面にフイルターを設けた請求項1の鼻の花粉侵入防止具。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2007年2月1日)のものです。

--


技術分野

0001

鼻の入り口フイルターを設けて、鼻の花粉侵入を防止するに関するものである。


背景技術

0002

従来の鼻の花粉侵入防止は、対象としたものは特許文献又は非特許文献には無い。もっぱら鼻と口の両方を対象とした衛生マスクが主流で鼻と口を覆う以外に方法はなっかた

0003

従来の衛生マスクは、鼻と口をその上から覆う装着なので暑いことや、言葉を聞きにくいなどの問題があった。 この発明は、上記の問題解消と、更に衛生マスクをしたくない人にも装着し易く、装着していることが目立たない花粉侵入防止具の提供にある。

0004

衛生マスクは鼻と口を覆うのだが、口は花粉侵入には関係外であるので口まで覆う必要は無いので口を除外して暑さと言葉の聞きずらさからの解消がもたらされるので、従って下記の如く構成する。 (イ) 鼻のみ対象とした用具とする。 (ロ) 左右の鼻のフイルター(1)は、鼻の入口部と同色として、透明又は皮膚と同色の連結帯(2)で保持する。 連結帯(2)は、透明な樹脂弾力性ある帯状薄板で、中央先端角度を開いたU字状曲げた先端を、反対側に、鼻の入り口内部に入る部分を更にわん曲にして、その部分に空気穴(3)を設ける。幅は各人の鼻に入る寸法とする。 フイルター(1)は板状で、幅は連結滞の幅より広く鼻の大きさよりも大きく、花粉を通過させず通気性があり、柔らかく、吸水性速乾性の有るもので、連結帯の鼻の入り口内部に、入る部分の両側より包みこむように固定する。 (ハ) 装着の状態はフイルターが鼻の入り口を閉じると同時に、連結帯の中央を先端が角度を開いたU字状にした弾性力で人に依って違う左右の鼻の穴の距離と用具の全体を保持する構造とする。連結帯の中央部は透明又は皮膚と同色で目立たない着用とする。 (ニ) また鼻汁吸収力を更に高める方法として、連結帯(2)の中央部にフイルター(4)を追加して連結帯の全体にフイルターを設ける構造とする。 (ホ) 装着の仕方は、片手で楽に装着する。


発明を実施するための最良の形態

0005

次にこの発明の実態の形態を述べる。 実施例1 フイルター(1)は、板状で鼻の入り口内部の穴の大きさより多少大きく柔らかい、吸水性、速乾性が良く、花粉を通さない通気性の良いもので織物が適す。 連結滞(2)は、透明な薄板の樹脂で、弾力性があり、幅はフイルターの幅より小さく、両端の鼻に入る部分に空気穴(3)を設けて、フイルターは鼻の入口部と同色として連結帯の両端の空気穴を両側より包み込み接着剤で固定する。 連結帯の全長は、フイルター部をわん曲に対象に曲げ更に反対側に中央が角度を開いたU字状に曲げてその中心が、両鼻の中心に位置する長さにする。

0006

実施例2 実施例1のフイルター(1)と連結帯(2)の中央部を皮膚と同色のフイルター(4)を追加して全体をフイルターにすることで、目立たない着用と多くの鼻汁を吸収出来るものとなる。

0007

この用具の仕方は、片手で開いたU字状の中心部と親指人差し指摘み左右の鼻の入り口中心部にフイルターを入れて、指を離し、連結帯の中央部を鼻の外皮膚に接近する事で楽に装着は完了する。

0008

(ア) この発明の花粉侵入防止具の着用は、従来のマスクの鼻と口を対象とせず口のみなので、暑さやわずらわしさから開放される。 (イ) フイルターを鼻の入り口に入れた際フイルターの外形は鼻の入り口内部の形状と倣い、又空気穴があるので十分、花粉侵入の防止の効果がある。 (ウ) 音声を聞くのも、発声するにも好ましい。 (エ) 屋外での労働など暑くなく爽やかである。 (オ) 鼻水がたれる場合でも、たれ防止の効果がある。 () 目立たない着用となる。 (キ) 装着したままの状態で食事が出来る。 (ク) 片手で楽に、装着出来る。


図面の簡単な説明

0009

本発明の両端フイルター付の平面図 本発明の両端フイルター付の正面展開図 本発明の全面フイルター付の平面図 本発明の両端フイルター付の装着の平面図 本発明の全面フイルター付の装着の平面図 本発明の両端フイルター付の装着の斜視図

1 フイルター 2 連結体 3 空気穴 4 フイルター


ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

技術視点だけで見ていませんか?

この技術が活用されている市場・分野

有望な投資・参入先を探したい方- マーケット視点で見る -

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

( 分野番号表示ON )※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

Do you need an accurate translation of this document?

Request for estimate

新着 最近公開された関連が強い技術

  • エアウェア・ホールディングズ・インコーポレーテッドの「吸気濾過装置」が公開されました。(2014/01/09)

    【課題】使用者の快適さを過度に損なうことなく、周囲の鼻組織に対して効果的な封止を形成し、不注意に取り出されないように濾過材を固定して保持するように適合された、吸気濾過装置を提供する。【解決手段】鼻用空 ... 詳細

  • 玉井吉政の「保湿マスク」が公開されました。(2013/02/21)

    【課題】睡眠時にエアコンを使用したり、冬の乾燥した空気から、鼻や咽の粘膜、眼の角膜及び結膜に炎症をおこしやすい。その為、それらの炎症を防ぐことができるよう、鼻や眼の近傍に湿度を保てるようなマスクを提供 ... 詳細

  • 株式会社吉野工業所の「鼻栓」が公開されました。(2012/09/20)

    【課題】空気中の異物の吸引を抑制する鼻栓に関し、鼻から取り外す際に一部が鼻腔内に残ってしまうおそれがなく、使い勝手に優れる鼻栓を提案する。【解決手段】本発明の鼻栓は、左右の鼻腔内に挿入される一対の挿入 ... 詳細

この技術と関連性が強い技術

関連性が強い技術一覧

この技術と関連性が強い人物

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)、及び、法人情報を提供している企業からの情報を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、正確さについては保証致しかねますので、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

法人情報…有価証券報告書、財務諸表(XBRL)、企業データ提供会社情報(ヒアリング、企業コーポレートサイト等)

ご意見・ご要望

astamuseへのご意見・ご要望をお聞かせください。サービス向上への取組みに活用させて頂きます。

    回答が必要なお問い合わせに
    つきましてはこちら

    ご意見・ご要望頂き、ありがとうございました。

    頂いたご意見・ご要望には、必ず担当者が目を通しています。個々のご意見・ご要望に返信できないことをあらかじめご了承ください。

    返信が必要な場合は、下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

    お問い合わせ

    「SNS上の友人」や「同僚・知人」に、このページをお勧めできそうな方はいませんか?