斎藤忠一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 動く歩道

    【課題】乗客、特に車椅子利用者のパレットと床側間の移動の円滑化を図るとともに、パレットの動作を容易に判別可能とし、かつ装置の薄型化を図ることのできる動く歩道の提供。【解決手段】略水平移動し乗客を運搬するパレット6の略水平な主移動路面Pの高さ位置を、乗降床4上面の頂面の高さ位置と略同一或いは僅かに高い位置とし かつ、パレット6が乗降床4内に出入りする部分に、主移動路面...

    動く歩道

  2. 【課題】本発明は、動力伝達機構の潤滑油給油不足による異常音を検出した際、運転を停止することなく給油を行うことができる乗客コンベア設備を提供することにある。【解決手段】本発明は、動力伝達機構(5,9,10,11)の近傍に設置された異常音検出手段(16A,16B)と、この異常音検出手段の出力を判断して潤滑油供給機構(13A,13B14,15)の動作の要否を判断する制御装置...

    乗客コンベア設備

  3. 【課題】本発明は、滑り止め部材の変形による浮上りや外れがない安全性の高い乗客コンベアを提供することにある。【解決手段】本発明は、乗降床5の乗客歩行部に凹部8を形成し、シート状滑り止め部材9を前記凹部8内に接着剤10を介して固定したのである。このように、シート状滑り止め部材9を接着剤10によって乗降床5上に固定することで、長期使用時においてもシート状滑り止め部材9が浮上...

    乗客コンベア

  4. 【課題】三角ガード板を変位させることなく身を乗り出した乗客の検出が行える傾斜型乗客コンベアの安全装置を提供する。【解決手段】三角ガード板12の下階側で上端に支点14がある揺動体15を静止構造物側から垂下させ、この揺動体15の上方に対向した位置に揺動体の傾斜によって作動する検出手段16を設け、この検出手段からの出力に基づいて警報を発する警報手段を設けた。背の低い児童が身...

    傾斜型乗客コンベアの安全装置

  5. 【課題】本発明は、乗降部の異常を事前に検出して櫛板の破損を未然に防止し得る乗客コンベアを提供することにある。【解決手段】本発明は、櫛板14の乗降床9への取付部近傍にクリート5Kとの接触により電流変化を生じる導電体20を設け、この導電体20の電流変化を検出して異常を検出する異常検出手段を設けたのである。上記構成とすることで、仮に、踏板5が浮上ったりした場合、浮上った踏板...

    乗客コンベア