運輸 に関する技術一覧

「運輸」に関する技術の関連情報です。 「運輸」 の関連技術、「車輪,キャスター,車軸,車輪の付着力を増大させるもの」「車両用タイヤ,タイヤの膨張,タイヤの交換,膨張可能な弾性体一般への弁の取付け,タイヤに関する装置または部品」 など、その他「運輸」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「運輸」の分野ページはこちら

運輸に所属する技術動向

運輸の分野に属する技術の状況としては、2014年に15,000件、2015年に15,383件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、運輸の分野においては特に近年空気クッション車両の分野における動向が活発であり、他にも軌条と路面両用車両,水陸両用またはこれに類するもの,用途転換可能な車両や 車両連結器といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や株式会社デンソー、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社デンソーやアイシン精機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

運輸』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】狭隘な場所に取り付けられる転がり軸受装置において、装置の大型化を避けつつ高剛性化を図り、その長寿命化を図ることを目的とする。【解決手段】転がり軸受装置100は、外輪1のフランジ14とハブ軸2のフランジ15との間の自由空間11を活用して、車両アウタ側の玉群4のピッチ円直径を車両インナ側の玉群5に比べて大きく設定している。これにより、転がり軸受装置100の大型化を...

    転がり軸受装置

  2. 【課題】カーカスコードの耐熱性を高め、ランフラット耐久性を向上させる。【解決手段】サイドウォール部3かつカーカス6の内側に配される断面三日月状のサイド補強ゴム層10を具えるランフラットタイヤ1であって、カーカス6は、タイヤ周方向に対して70〜90°の角度で配列したカーカスコード20をトッピングゴムで被覆したカーカスプライ6Aからなるとともに、カーカスコード20に、アラ...

    ランフラットタイヤ

  3. 【課題】 装置の軽量・コンパクト化を図ると共に、組立・分解時における作業性を向上させ、かつ補修費用を低減させた駆動車輪用軸受装置を提供する。【解決手段】 ハブ輪1と内輪部材6とからなる内方部材8と、外方部材7とを備えた複列の転がり軸受2と、等速自在継手3とがユニット化され、ハブ輪1の内周に硬化した凹凸部5が形成されると共に、これに内輪部材6の嵌合部13aを拡径させ...

    駆動車輪用軸受装置

  4. 【課題】第一の内輪軌道7の転がり疲れ寿命を確保し、しかも低コストの構造を実現する。【解決手段】炭素の含有量が0.45重量%以上である炭素鋼製のハブ2bと高炭素鋼製の内輪3とを、ハブ2bの端部に形成したかしめ部19により結合する。ハブ2bは、上記第一の内輪軌道7を含む斜格子部分を焼き入れ硬化する。内輪3は、心部まで焼き入れ硬化する。ハブ2bのうち、少なくとも上記かしめ部...

    車輪支持用転がり軸受ユニット

  5. 【課題】半導体発光素子を光源とする複数の灯具ユニットにより複数種類の配光パターンを形成するように構成された車両用前照灯において、半導体発光素子の温度上昇を抑制する。【解決手段】発光ダイオード42、52を光源とする複数の灯具ユニット20、22を、傾動可能に設けられた共通の金属製支持部材24に支持せしめた状態で灯室内16に収容する。複数の灯具ユニット20、22の一部または...

    車両用前照灯

新着の技術

運輸』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】モールディングの適正な取り付け位置からの落ち込みを防止することができ、また、装着時に要する力が過度に増大することがなく、かつ、ドアパネルのフランジの長さにばらつきがあっても装着状態が良好なモールディングを提供する。【解決手段】本発明のモールディング1は、車内側側壁部16、車外側側壁部12および頂壁部18を有するモール本体10と、車内側側壁部16の端部に延設され...

    モールディング

  2. 【課題】 収納時ドア外面とウインドガラス外面との間の僅かな隙間であるが、ベースも外に出さないでスッキリ性が高くデザイン全体の向上となる。【解決手段】 切り抜いたドア部分に収納するが厚いドアの場合はドア面とミラーが平らにする事が出来、又、薄いドアの場合は多少外部にミラーのみ出る場合もある。

    収納式バックミラー

  3. 【課題】旋回軸受けの強度を高くせずに旋回性能を向上させることが可能な旋回式キャスタを提供する。【解決手段】旋回軸受け2が取付対象物Oの底面に取り付けられる。回転体3が旋回軸受け2に取り付けられ、車輪ユニット5が回転体3に取り付けられて旋回軸Rの周りに水平旋回可能である。車輪ユニット5は、回転体3に支持された支持体6と、旋回軸受け2から旋回軸Rの径方向に離れた位置で路面...

    旋回式キャスタ

  4. 【課題】ホイールの製造方法及び補強構造を有するホイール構成を提供する。【解決手段】本発明によれば、ホイール本体の前成形工程で成形される収納凹部により、補強構造が収納凹部に収納された後にホイールを成形する同一の鍛造工程において、前記補強構造を挟着結合させて安定的な構造体にする。また、ホイールに微細加工を行う同一の工程において、補強構造を結合させることで他の複雑な施工が不...

    ホイールの製造方法及び補強構造を有するホイール構成

  5. 【課題】操作手段を別途設けることなくフットレストを操作できるようにする。【解決手段】フットレストとリンク機構20Rとロック手段30とを備えたオットマン装置において、リンク機構20Rを、少なくとも4本のリンクとジョイント軸とで構成し、ロック手段30を、リンク21aに固定される内歯部材31と、ジョイント軸22aからずれた位置を中心として揺動可能な状態でリンク21bに取り付...

    オットマン装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

運輸 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON