手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ に関する技術一覧

「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」に関する技術の関連情報です。 「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」 の関連技術、「締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具」「手持ち釘打ち工具またはステープラー,手動可搬型ステープラー」 など、その他「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」の分野ページはこちら

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータに所属する技術動向

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの分野に属する技術の状況としては、2014年に1,834件、2015年に1,848件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの分野においては特に近年手工具用の柄の分野における動向が活発であり、他にも作業場設備,例.工作物の印付け用,作業場用の貯蔵手段や 衝撃工具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日立工機株式会社や本田技研工業株式会社、株式会社マキタが豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社ジェイテクトや株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】種々の装置で、リアリティのある電子ペットを実現する。【解決手段】ICカード21は、電子ペットの感情を含む、その内部状態を表す内部状態パラメータであって、その内部状態パラメータに基づいて、電子ペットがアクションを起こした場合に、そのアクションに対応して更新されるものを記憶し、電子ペットの肉体として機能する装置に着脱可能なようになされている。仮想ペット装置22は、...

    記憶媒体、ロボット、情報処理装置、並びに電子ペットシステム

  2. 【課題】カメラで撮影した対象物に関する情報を入手するようにした情報検索装置を得る。【解決手段】パソコン11はカメラ12を備え、カメラ12は対象物31を撮影する。カメラ12で撮影された画像データはパソコン11で画像処理される。パソコン11はネットワークインターフェイス回路を介してネットワーク41に接続される。ネットワーク41にはデータベース42,43,44が接続される。...

    情報検索方法、情報検索装置およびロボットの動作制御装置

    • 公開日:2002/08/02
    • 出願人:安藤繁
    • 発明者:安藤繁 他1名
    • 公開番号:2002-215655号
  3. 【課題】人体に対する全荷重を概略所定の割合で人体と支援装置とが負担して、人体の負荷を軽減し、自然な動作が可能な動作支援装置を実現する。【解決手段】ベルト10にモーメント発生部20を配置し膝側面にモーメント発生部40a、40bを配置する。モーメント発生部20、40aをビーム30aで接続しベルト80、90で大腿に固定する。ベルト80、90とモーメント発生部40bをビーム3...

    動作支援装置

  4. 【課題】本発明はワークの形状にかかわりなく教示操作が容易に行えることを課題とする。【解決手段】マニピュレータ11は、各可動部がモータ(図示せず)により駆動されてローラ19の位置や塗布方向を調整するようになっており、各モータはコントローラ12からの制御信号により旋回ベース14、第1アーム15、第2アーム16、手首部17を駆動するように制御される。ローラ19の回転によりマ...

    塗布用ロボット

  5. 【課題】呈示子が2方向へ様々な動作をすることによって情報を伝達する触覚による情報伝達システム、又は情報受感装置を提供する。また、呈示子を好適に駆動することができる小型の駆動力発生装置を提供する。【解決手段】基部2の上に薄い板状の磁石12,13,14,15を配置し、鉛直方向に磁界を発声させる。この上に受感部1を水平方向に移動可能に支持する。受感部に複数のコイルを固定し、...

    情報受感装置、情報伝達システム、情報受感装置の制御を行なうプログラムが記憶された記憶媒体

新着の技術

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 ロボットによりワークを加圧するとき、ロボットの単純な構成によってワークに大きな加圧力を付与すること。【解決手段】 ロボット140において、ロボット140が設置された空間に定めた主たる平面上で、第1アーム(上アーム143)の基端部と、第2アーム(前アーム144)の先端部とを結ぶ基準直線Lを想定し、第1アーム(上アーム143)と第2アーム(前アーム144)の...

    ロボット、ロボットの制御方法、及びロボットの制御プログラム、並びに記録媒体

  2. 【課題】伸縮アームの伸縮動作に応じて面積または体積を変えることのできる面積可変枠体または体積可変立体構造物を提供する。【解決手段】面積可変枠体は、多角形の枠体の各辺を構成する伸縮アーム(A,B,C,D)と、隣接する2つの辺の伸縮動作を連動させるように、隣接する2つの伸縮アームを連動可能に連結する連結機構(15,16)とを備える。伸縮アームは、X字状に交差させた2つの剛...

    伸縮アームを用いた面積可変枠体及び体積可変立体構造物

  3. 技術 挟み具

    【課題】ピンセット、毛抜き、骨抜き等の挟み具において、簡単な構造を加えることで、開口先端に形成されている挟持面部が、挟持操作時に縦にずれが生じないようにする。【解決手段】細長金属板をU状に屈曲(屈曲部2)して形成し、操作板部1a,1bの操作で先端の挟持面部3を開閉する挟み具において、屈曲部2の近傍の操作板部1a,1b間を適宜な連結部材4を、嵌合カシメ構造や溶接手段で装...

    挟み具

  4. 【課題】岩石、岩盤やコンクリート構造物などの処理対象物に形成された削孔に挿入された複数の押圧部材の間に先細り形状の先端部が挿入された楔部材の後端部にピストンによる打撃を与えることで複数の押圧部材を削孔の径方向外側に移動させて削孔の周囲を破砕する作業を、空打ちの発生を防止しながら行う。【解決手段】楔部材の後端部を遊挿可能な挿入空間が先端部に設けられるシリンダ部と、シリン...

    ブレーカおよび当該ブレーカを用いた破砕方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、少なくとも2つの互いに可動のアームモジュールと、ユーザ入力に基づいてロボットアームを制御する制御信号を形成するための、少なくとも1つの手動操作可能な入力モジュールとを備えた、ロボットアームに関する。2つのアームモジュールは、入力モジュールを選択的に実装可能な第1の接続面を有する。

    入力モジュールを備えたロボットアーム

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

ページトップへ

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの詳細カテゴリ一覧

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ ページ上部に戻る