手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ に関する技術一覧

「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」に関する技術の関連情報です。 「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」 の関連技術、「締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具」「手持ち釘打ち工具またはステープラー,手動可搬型ステープラー」 など、その他「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ」の分野ページはこちら

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータに所属する技術動向

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの分野に属する技術の状況としては、2015年に1,848件、2016年に1,933件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの分野においては特に近年手工具用の柄の分野における動向が活発であり、他にも作業場設備,例.工作物の印付け用,作業場用の貯蔵手段や 衝撃工具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日立工機株式会社や本田技研工業株式会社、株式会社マキタが豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社ジェイテクトや株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】種々の装置で、リアリティのある電子ペットを実現する。【解決手段】ICカード21は、電子ペットの感情を含む、その内部状態を表す内部状態パラメータであって、その内部状態パラメータに基づいて、電子ペットがアクションを起こした場合に、そのアクションに対応して更新されるものを記憶し、電子ペットの肉体として機能する装置に着脱可能なようになされている。仮想ペット装置22は、...

    記憶媒体、ロボット、情報処理装置、並びに電子ペットシステム

  2. 【課題】カメラで撮影した対象物に関する情報を入手するようにした情報検索装置を得る。【解決手段】パソコン11はカメラ12を備え、カメラ12は対象物31を撮影する。カメラ12で撮影された画像データはパソコン11で画像処理される。パソコン11はネットワークインターフェイス回路を介してネットワーク41に接続される。ネットワーク41にはデータベース42,43,44が接続される。...

    情報検索方法、情報検索装置およびロボットの動作制御装置

    • 公開日:2002/08/02
    • 出願人:安藤繁
    • 発明者:安藤繁 他1名
    • 公開番号:2002-215655号
  3. 【課題】人体に対する全荷重を概略所定の割合で人体と支援装置とが負担して、人体の負荷を軽減し、自然な動作が可能な動作支援装置を実現する。【解決手段】ベルト10にモーメント発生部20を配置し膝側面にモーメント発生部40a、40bを配置する。モーメント発生部20、40aをビーム30aで接続しベルト80、90で大腿に固定する。ベルト80、90とモーメント発生部40bをビーム3...

    動作支援装置

  4. 【課題】本発明はワークの形状にかかわりなく教示操作が容易に行えることを課題とする。【解決手段】マニピュレータ11は、各可動部がモータ(図示せず)により駆動されてローラ19の位置や塗布方向を調整するようになっており、各モータはコントローラ12からの制御信号により旋回ベース14、第1アーム15、第2アーム16、手首部17を駆動するように制御される。ローラ19の回転によりマ...

    塗布用ロボット

  5. 【課題】呈示子が2方向へ様々な動作をすることによって情報を伝達する触覚による情報伝達システム、又は情報受感装置を提供する。また、呈示子を好適に駆動することができる小型の駆動力発生装置を提供する。【解決手段】基部2の上に薄い板状の磁石12,13,14,15を配置し、鉛直方向に磁界を発声させる。この上に受感部1を水平方向に移動可能に支持する。受感部に複数のコイルを固定し、...

    情報受感装置、情報伝達システム、情報受感装置の制御を行なうプログラムが記憶された記憶媒体

新着の技術

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 電動工具

    【課題・解決手段】胴体部の前後方向の長さを短縮可能にして狭い場所での作業性を改善可能にするためにブラシレスモータ10及び先端工具が接続される出力部30を収容する胴体部2と、一端が胴体部2に接続するハンドル部3と、ハンドル部3の他端に設けられる収納部4とを有するハウジング1を用い、電源コード40が引き出されている収納部4内に、モータ10に電力を供給するスイッチング素子と...

    電動工具

  2. 【課題・解決手段】開口部よりも奥側が広がった空間に適用でき、かつ構造が単純で、高い剛性と高い信頼性を有する遠隔作業マニピュレータを提供する。本発明の遠隔作業マニピュレータ(1)は、壁面(44)に固定される円形ベース(11)と、その上を回転する桁(12)と、その上を移動するトロリ(13)と、それに対して昇降し先端にツールユニットを装着したマスト(14)を備えており、桁固...

    遠隔作業マニピュレータ

  3. 【課題・解決手段】エンドエフェクタ18が1対の加工ツール18A,18Bを有し、1対の加工ツール18A,18Bは、工具回転軸21に直交する1方向に間隔Lを隔て、工具回転軸21まわりに回転可能に構成されている。1対の加工ツール18A,18Bを位置制御し、かつ前記1方向及び工具回転軸21の軸方向に直交する加工方向に力制御するとともに、工具回転軸21まわりにトルク制御する。

    力制御ロボットとその制御方法

  4. 【課題・解決手段】接触検知部(11)によって接触が検知された際に、ロボットアーム(21)が一旦停止し、その後、保持動作選択部(14)は、ロボットアームと接触した物体(30)との距離もしくは人(91)がロボットアームにかけている力もしくはその両方の情報によって、停止継続動作と、方向を制限した動作と、方向の制限の無い動作とのうち1つを選択し、選択された動作を動作制御部(1...

    ロボット、ロボットの制御装置及び制御方法、並びに、ロボット用制御プログラム

  5. 【課題・解決手段】干渉チェック装置(1A)において、干渉チェック対象であるモデル化対象に設定する幾何的モデルのモデル上限数が入力されるモデル数上限入力部(12)と、モデル上限数以下の幾何的モデルを用いて、モデル化対象からモデル候補を生成するモデル化処理部(14)と、モデル化対象を制御するコントローラの各処理に要する演算処理量に基づいて、干渉チェックの演算上限量を設定す...

    干渉チェック装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

ページトップへ

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの詳細カテゴリ一覧

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

手工具,可搬型動力工具,手工具用の柄,作業場設備,マニプレータ ページ上部に戻る