機械的振動の発生または伝達一般 に関する技術一覧

「機械的振動の発生または伝達一般」に関する技術の関連情報です。 「機械的振動の発生または伝達一般」 の関連技術、「機械的振動の発生または伝達一般」 など、その他「機械的振動の発生または伝達一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「機械的振動の発生または伝達一般」の分野ページはこちら

機械的振動の発生または伝達一般に所属する技術動向

機械的振動の発生または伝達一般の分野に属する技術の状況としては、2014年に87件、2015年に107件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、機械的振動の発生または伝達一般の分野においては特に近年機械的振動の発生または伝達一般の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはパナソニック株式会社や株式会社NTTドコモ、日本電産コパル株式会社が豊富な実績を残しており、 三洋電機株式会社などは、 基本的電気素子や電気通信技術といった分野も含め、 日本電産セイミツ株式会社やシステム・ソリューションズ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

機械的振動の発生または伝達一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】操作入力が受付けられたことや操作入力に対する電子機器の応答を、ユーザが画面を見ずに容易に確認できるようにすること。【解決手段】CPU113は、タッチパネル102や操作キーに対する操作入力が受付けられたことを検知した場合に、駆動信号生成回路114を介して振動アクチュエータ115を駆動し、振動を発生させる。この振動によりタッチパネル102および操作キーをその表面に...

    携帯型電子機器、電子機器、振動発生器、振動による報知方法および報知制御方法

  2. 【課題】外からの振動や外気圧の影響を受けにくく、広い周波数範囲で安定に超音波などの圧力波を発生することができ、かつ集積回路技術を適用しての製造が容易な圧力波発生装置を提供することにある。【解決手段】本発明は、電気的に駆動される発熱体薄膜を熱絶縁上に被者された圧力波発生手段を用いる。発熱体薄膜を電気的にして表面の空気層に超音波周期の温度変化を与え、圧力波を生じさせる。特...

    圧力波発生装置

  3. 【課題】 本発明は触覚機能付の入力装置および電子機器並びに電子機器の感触フィードバック入力方法において、複数個配設された振動発生手段に与える振動波形のタイミングや強さをコントロールすることにより、面内のどの位置でもほぼ同一な振動フィードバックを得る様にする。【解決手段】 電子機器を構成するPDA1の筐体2のタッチパネル4とLCD6の間に複数のアクチュエータ5A〜5...

    入力装置および電子機器並びに電子機器の感触フィードバック入力方法

  4. 【課題】接合対象物と被接合部材との接合が確実で装置全体の小型化が可能なボンディングヘッド及びこれを備えたボンディング装置を提供すること。【解決手段】ボンディングヘッドは、1つの振動子2と、振動子2と結合して振動子2からの超音波振動を接合対象物に伝播する振動伝達部材1と、振動伝達部材1を支持固定する支持部材3(第1の支持部材3a及び第2の支持部材3b)と、接合対象物を押...

    ボンディングヘッド及びこれを備えたボンディング装置

  5. 【課題】滑らかな回転を可能とすること。【解決手段】この小型扁平ブラシレス振動モータは、固定基板2の中央にロータ支承手段4を配設し、ロータ抜け止め用に固定基板と同じ厚さのマグネット吸引によるロータ抜止用ヨーク1を固定基板2の内周部にのみ一部配設し、固定基板2上に複数個の電機子コイル3aを有するステータ3を配設し、ロータ支承手段4に回転自在に支承され、かつステータ3に空隙...

    小型扁平ブラシレス振動モータ

新着の技術

機械的振動の発生または伝達一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】開示される本発明による線形振動発生装置は、コイルが載置されたブラケットと、前記ブラケットと組み合わせられて内部空間を形成する磁性体材質のケースを有する固定体と、前記コイルに対応して振動力を生成する永久磁石および永久磁石の周縁を取り囲む重量体を有する振動体と、前記振動体と前記固定体との間において前記振動体の上下振動を弾持する弾性部材と、前記弾性部材と振...

    線形振動発生装置

  2. 【課題】可動子を扁平状にした場合にも、可動子が振動軸周りに回転して異音が発生するのを抑止する。【解決手段】リニア振動モータ1は、可動子2と、可動子2を往復振動自在に支持する枠体3と、枠体3に対して固定され可動子2を駆動する駆動部材4と、枠体3と可動子2との間に設けられ、可動子2の往復振動によって弾性変形する弾性部材5と、可動子2に対して、可動子2の振動方向に交差する方...

    リニア振動モータ

  3. 【課題】可動子を扁平形状にした場合にも、可動子の回転を抑えて接触音の発生を抑え、安定した振動を得る。【解決手段】リニア振動モータ1は、磁極部2と錘部3を備える可動子10と、可動子10を往復振動自在に支持する枠体4と、枠体4に対して固定され磁極部2に駆動力を付与するコイル5と、可動子10の振動を一軸方向に規制するガイドシャフト6と、枠体4と可動子10との間に設けられ、可...

    リニア振動モータ

  4. 【課題】バネ端部の支持位置のずれを解消して、リニア振動モータの動作特性の安定化を図る。【解決手段】リニア振動モータ1は、マグネット2と錘3を備える可動子10と、可動子10を往復振動自在に支持する枠体4と、枠体4に固定され、マグネット2に可動子10を振動させる駆動力を付与するコイル5と、枠体4と可動子10との間に設けられるコイルバネ6とを備え、可動子10と枠体4の一方又...

    リニア振動モータ

  5. 【課題】振動発生装置を安定して保持することができ、且つ、振動発生装置から保持部材に安定して振動を伝達することができる振動発生装置の保持構造を提供する。【解決手段】振動発生装置20の保持構造は、振動発生装置20と当接する第1保持部材31と、第1保持部材31と係合する第2保持部材32と、第2保持部材32に支持されて振動発生装置20を第1保持部材31側に付勢する弾性部材36...

    振動発生装置の保持構造、及び、入力装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

機械的振動の発生または伝達一般の詳細カテゴリ一覧

機械的振動の発生または伝達一般の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

機械的振動の発生または伝達一般 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON