液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 に関する技術一覧

「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術の関連情報です。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 の関連技術、「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離」「固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 など、その他「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」の分野ページはこちら

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離に所属する技術動向

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野に属する技術の状況としては、2014年に266件、2015年に280件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野においては特に近年浮遊選別,差別沈降の分野における動向が活発であり、他にも液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離や 固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはパナソニック株式会社や三菱電機株式会社、シャープ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立多賀テクノロジー株式会社や東京都といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】室内壁面等に付着した臭い、菌、ウィルスを除去することができる空気清浄機を提供する。【解決手段】フィルターにより空気を濾過する空気清浄部2を有する空気清浄機である。これにおいて、脱臭作用を有する液体Lや殺菌作用を有する液体Lや抗ウィルス作用を有する液体Lを溜める液溜め部5と、前記液溜め部5の液体Lを霧化する霧化手段6と、前記霧化手段6によって霧化されたミストMを...

    空気清浄機

  2. 【課題】イオン発生器(1) におけるイオン発生量を増やすことで、イオン発生器(1) の利用範囲を広げるとともに帯電中和などの効果を高め、かつ運転効率も高める。【解決手段】放電電極(2) と、この放電電極(2) に対して所定間隔を離して配設された対向電極(3) と、両電極(2,3) に接続された高圧電源(4) とを備えたイオン発生器(1) で、放電電極(2) と対向電極...

    イオン発生器

  3. 【課題】マイナスイオンを発生させる運転と、マイナスイオンおよびプラスイオンを発生させる運転とを切り替えることができるイオン発生装置を提供する。【解決手段】誘電体11と、誘電体11を挟んで対向する一対の電極12、13と、該一対の電極12、13間に交流電圧を印加するスイッチングトランス31と、二次巻線31s1と電極13との接続点にアノードが接続されカソード側が接地されるダ...

    イオン発生装置及びこれを用いた空気調節装置

  4. 【課題】 発生したイオンの消滅を抑えて効率的でバランスの良いイオン放出を行うことが可能なイオン発生素子、イオン発生装置、及びこれを備えた電気機器を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係るイオン発生素子10は、1つの誘電体11上に取り付け、または印刷されるプラスイオンを発生するための第1放電部12と、マイナスイオンを発生するための第2放電部13とを少なく...

    イオン発生素子、イオン発生装置、電気機器

  5. 【課題】負イオンだけでなく人体に有効な正イオンも確実に大気中に供給することができ、しかも大気中における正イオンと負イオンのバランスを最適に保つことができ、安全である空気イオン発生器および空気イオンの供給方法を提供する。【解決手段】放電電極針21と放電電極針21の基端に接続された高圧電源ユニット23とを備えた空気イオン発生器10であって、高圧電源ユニット23が、放電電極...

    空気イオン発生器および空気イオンの供給方法

新着の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は小粒子廃金属コンベヤー(411)を通じて移送された小粒子廃金属、中粒子廃金属コンベヤー(412)を通じて移送された中粒子廃金属、大粒子廃金属コンベヤー(413)を通じて移送された大粒子廃金属をそれぞれの大きさによって溶融して再利用処理し、スラグコンベヤー(414)を通じて移送されたスラグを覆土材として再利用処理することができるようにして、資源...

    廃原材料再利用処理装置

  2. 【課題・解決手段】本発明は、スラッジの第一のエマルション(14)が、第一の流量Q(m3/h)で供給を受けるインライン容器(5、6)中、流量Q′(Nm3/h)(Q′>5Q)で、容器の、0.05m3未満の小さな容積を有する第一の領域(8)に注入される空気(13)とのスラッジの衝突により、形成されて第一のエマルション(14)を形成し、それが、第一の指定の長さL1にわたって延...

    液体スラッジを処理する方法及び装置ならびに当該方法によって得られるフィルターケーキ

  3. 【課題】潤滑油などの油の再生方法を提供する。【解決手段】第1電極11及び第2電極12間に25Vの交流電圧を印加すると、潤滑油中の水粒子が振動し、水粒子同士が凝集して大きな塊となり、筒状フィルタ14表面に膜を形成し、更に比重が潤滑油より大きいため、凝集した水粒子は下方に沈降する。この後、水分が除去された潤滑油を再びろ過する。このろ過は、スイッチをオフ、スイッチをオンにし...

    油の再生方法及び再生装置

    • 公開日:2016/12/08
    • 出願人:井上雅仁 他2社
    • 発明者:井上雅仁 他1名
    • 公開番号:2016-203139号
  4. 【課題】高い集塵効率を実現でき、省スペース化が可能なガス浄化装置及び該ガス浄化装置を用いたガス浄化方法を提供する。【解決手段】ガス浄化装置100の集塵電極110は、一対の側面部111−1、111−2と湾曲部112とを有する。側面部111−1、111−2の間隔はガス下流側の方が上流側よりも短い。隣り合う複数の集塵電極110がガスの上流側端部で接触して連結する。放電電極1...

    ガス浄化装置及びこれを備えるガスタービン発電システム、並びに、ガス浄化方法

  5. 【課題】 排気発生装置から排出される加熱によって気化した溶媒を含む排気雰囲気からの溶媒除去において、気化した溶媒が溶媒を捕集するための電極をすり抜けることなく、確実に電極へ誘導され、効率良く排気雰囲気を浄化する溶媒分離装置を提供する。【解決手段】 円形筒状の溶媒分離部13の筐体の第1壁面26aに電極20を配置して、ファン23により排気雰囲気17中の気化した溶媒22...

    溶媒分離装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の詳細カテゴリ一覧

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 ページ上部に戻る