屠殺,肉処理,家禽または魚の処理 に関する技術一覧

「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」に関する技術の関連情報です。 「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」 の関連技術、「屠殺」「食肉,家禽,魚の加工」 など、その他「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「屠殺,肉処理,家禽または魚の処理」の分野ページはこちら

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理に所属する技術動向

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理の分野に属する技術の状況としては、2015年に73件、2016年に89件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、屠殺,肉処理,家禽または魚の処理の分野においては特に近年屠殺の分野における動向が活発であり、他にも屠殺といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社前川製作所や株式会社日本キャリア工業、アルベルトハントマンマシネンファブリクゲーエムベーハーウントツェーオー.カーゲーが豊富な実績を残しており、 日本水産株式会社などは、 食品または食料品,他のクラスに包含されないそれらの処理や健康,娯楽といった分野も含め、 日本フィレスタ株式会社や東洋水産機械株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】新規で安全な抗変異原性作用物質を開発し、該物質を配合した化粧料組成物及び/又は飲食品を提供する。【解決手段】モヤシ、コンブ、キリンサイ、コトジツノマタ、アナアオサから選ばれる1種又は2種以上の植物抽出物を含有する抗変異原性作用物質、並びに、該物質を配合する化粧品組成物及び/又は飲食品を提供する。【効果】本発明は、DNAの変異を効率よく修復し、抗変異原性作用物質...

  2. 【課題】食肉などの品物への虚偽表示を抑え、食肉などの品物に付された表示の正当性を容易に確認することができる食肉トレサビリティ方法および食肉トレサビリティシステムを提供する。【解決手段】食肉品の生産及び加工についての履歴データを管理する管理装置11と、管理装置11と通信するマーキング装置40とを有し、マーキング装置40は、IC番号が記憶されているRFIDタグに食肉品を識...

    食肉トレサビリティ方法および食肉トレサビリティシステム

  3. 【課題】魚体の殺菌を行なう魚体殺菌装置および魚体殺菌方法を提供する。【解決手段】魚体殺菌装置1は、殺菌槽2、PH調整槽3、洗浄槽4が直列に配置され、これらにわたってネットコンベア5が設けられる。殺菌槽2は、クエン酸などの酸性の殺菌水を貯留し、ネットコンベア5で搬送された魚体の殺菌を行なう。殺菌された魚体はつぎにPH調整槽3に搬送される。PH調整槽3には、アルカリ水が貯...

    魚体殺菌装置および魚体殺菌方法

  4. 【課題】 目詰まり等を起こし易い注射器を用いることなく、簡単な構造で、操作が能率的かつ経済的な食肉加工装置を提供すること。【解決手段】 エキス液類及び油脂類からなる群から選ばれた少なくとも1種の注入物を含む、開口両端部を有する中空パイプを冷凍した複数のカートリッジを収容するホッパー、前記ホッパーから排出された冷凍カートリッジを搬送するベルトコンベアー、前記ベルトコ...

    油脂注入用食肉加工装置

  5. 【課題】小型で簡単な食品細断構造を有し,食品を均一かつ正確に細断し,食品の浪費を低減することが可能な食品細断装置を提供すること。【解決手段】載置された切断物2を切断方向に移送するコンベヤ1と;コンベヤにより移送された切断物2を切断方向に加圧移動させる供給ロール20と;所定間隔で配設された複数の針板32aを有する圧着ロール32と,針板32aと周縁が相互に重なるように所定...

    食品細断装置

新着の技術

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】魚の血抜きをしてしめる為に用いられているしめ具はナイフを使用したりナイフの形状をしたものだが、魚が暴れたナイフを弾かれることがあり危険であったり、狙った1本の血管だけを切断することが出来なかった。【解決手段】しめ具のシャフト上部に握れる部分をT字状に設ける。握れる部分は例えばシャフト上部に設けられたグリップ1である。グリップ1の働きでしっかり握りしめることが出...

    メタルピックV(ブイ)

  2. 【課題】 保持具によるガラや頸椎の保持状態がカッパ部の引き剥がし時に解除される危険性が少ない食鳥屠体ガラのカッパ部剥し装置を提供する。【解決手段】 食鳥屠体ガラの胸腔に内勘合して食鳥屠体ガラを保持すると共に第1所定方向に移動する第1保持具と、食鳥屠体ガラの頸椎を咬持すると共に第2所定方向に移動する咬持体と咬持体に近接し食鳥屠体ガラの頸椎を咬持体の移動方向へ案内する...

    食鳥屠体ガラのカッパ部剥がし装置

  3. 【課題】魚をしめる為に用いられているしめ具の形状は、魚の脳を貫通するだけであり、効率良く脳を破壊出来なかった。【解決手段】しめ具のシャフト部分に突起を設ける。突起は例えば、シャフト先端手前に設けられた突起3(ブレインクラッシャー)である。突起3(ブレインクラッシャー)の働きで、魚の脳が効率良く破壊できる。

    メタルピックブレインクラッシャー

  4. 【課題】生産効率を低下させることなく延伸前の対象物の大きさのばらつきに対応可能で、かつ、延伸後の対象物の品質を一定に維持することが可能な対象物を移送しながら延伸させる延伸装置を提供すること。【解決手段】本発明の延伸装置1は、対象物2を載置する載置面41を有し、この載置面41の幅方向両縁近傍を接近させて、対象物2を包み込むベルト4と、このベルト4の載置面41と反対の面に...

    延伸装置、ベルト及び延伸方法

  5. 【課題】動物小腸の切開装置により切開された紐状の腸管に残留する汚物を極めて効率良く除去することができる汚物除去機構を提供する。【解決手段】腸管切開刃1の下方に、第1の汚物除去スノコ部4を介して腸管流下シュート6を下方に向かって傾斜して設ける。その落下端側に、切開後の腸管14aが流下衝突する位置に第2のスノコ部7を配置して、この第2のスコノ部7を介して汚物受け函8を設け...

    動物小腸切開装置の汚物除去機構

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

屠殺,肉処理,家禽または魚の処理 ページ上部に戻る