排滓 の意味・用法を知る

排滓 とは、炭素鋼又は鋳鋼の製造鋳造用とりべ などの分野において活用されるキーワードであり、新日鐵住金株式会社JFEスチール株式会社 などが関連する技術を1,000件開発しています。

このページでは、 排滓 を含む技術文献に基づき、その意味・用法のみならず、活用される分野や市場、法人・人物などを網羅的に把握することができます。

排滓の意味・用法

  • 転炉製鋼法

    転炉に主原料を装入する第一工程、脱Si・脱Pを行う脱二工程、転炉を傾動させ第二工程で生成したスラグを 排滓 する第三工程、炉を直立させ上吹きランスから酸素を供給して脱Cせしめる第四工程、生成した溶鋼を出鋼する第五工程、第五工程にて生成した脱C精錬後のスラグを炉内に残留させた後に第一工程に戻り、第一工程から第五工程を繰り返し実施する転炉製鋼法において、前記第五工程の後に転炉を傾動して炉内に残留している生成スラグの一部を排滓するにあたり、転炉傾動角を制御することにより炉内に残留させるスラグ量を制御することを特徴とする転炉製鋼法。

    この特許をみる
  • 溶銑の精錬方法

    転炉にて溶銑の予備脱Pを行い、脱P処理後に溶銑を転炉内に残したまま、転炉を傾転させてスラグを 排滓 する際に、溶銑の流出を抑制しつつ、残留スラグの量が少ない精錬方法を提供することを目的とする。

    この特許をみる
  • 転炉排滓方法

    溶鉄を転炉に残したまま、転炉を横転させて溶鉄の上層のスラグを 排滓 する際に、排滓率が高く、また、迅速な排滓が可能な効率的な排滓方法を提供する。

    この特許をみる
  • 転炉排滓方法

    溶鉄を転炉に残したまま、転炉を横転させて溶鉄の上層のスラグを 排滓 する際に、溶鉄とスラグの分離性や鉄分歩留まりに優れ、また、迅速な排滓が可能な効率的な排滓方法を提供する。

    この特許をみる
  • クロム含有廃棄物の処理方法

    転炉を利用して、脱Siまたは脱Si脱P精錬を行った後、一旦吹錬を中断してスラグを排出する中間 排滓 工程をもうけ、排滓終了後脱C精錬を連続的に行い、出鋼終了後、脱Cスラグを排滓せず炉内に高温状態で残留させたまま次溶銑の脱Siまたは脱Si脱P精錬に再利用することからなる転炉精錬工程において、前記脱C精錬時にクロム含有廃棄物を添加する。

    この特許をみる

このキーワードを含む技術一覧(全1,000件)

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

関連する分野分野動向を把握したい方

( 分野番号表示 ON  )※整理標準化データをもとに当社作成

このキーワードに関連する分野一覧(全23分野)

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

ページトップへ

注目されているキーワード

毎週更新 2017月01月11日 更新

  1. 1 アンパッキング
  2. 2 始動開始
  3. 3 膣クランプ
  4. 4 尖角
  5. 5 ソーシャルイベント
  6. 6 食用乳化油脂
  7. 7 通数
  8. 8 インプルメント
  9. 9 泊りがけ
  10. 10 天井フラグ

関連性が強い法人

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。、当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ