監視技術・予測技術

地震の予測と災害回避

最終更新日:2015/10/21

推定市場規模
300億円

 2011年3月11日にマグニチュード9.0を記録した日本地震観測史上最大の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し、巨大津波と併せて死者・行方不明者約2万人および福島第一原子力発電所事故を招くという甚大な被害を引き起こした。
 日本だけでなく地球上にいる限りその突然の恐怖に危惧せざるを得ないが、近年急速に研究が進んでいる地震予測技術として、衛星測位を活用した最先端測量技術や地殻活動監視技術などが注目されている。
 帝国データバンク調べによれば2012年市場規模では地震予測は52億円で前年比36.5%増との発表があり、国内のみにおいても地震と気象を併せた予報関連市場は300億円規模であり今後も広がるといわれている。
 これからは地震の「後追い」ではなく精度の高い「予測」によって被害の拡大を抑えるのみならず、二次災害を防ぎ安全を確保し一方的な災害から身を守り、いづれ地震のエネルギーを活用できる時代がくるかもしれない。

未来への変化の兆し

  • 衛星測位を活用した最先端測量技術

     従来は人工衛星の高分解能衛星画像データを活用した地震対策技術は、専門家が最新の衛星画像データを判読及び解析する手間がかかることからリアルタイム処理ができずにいた。
     また衛星からの大容量データを受信できる機関や効率的に情報を活用するシステムがなかったため、より実用化した技術を防災に反映しやすい仕組み作りが求められていた。

     日立造船株式会社やJAXAなどにより2013年から行われていた実験は、準天頂衛星初号機「みちびき」と技術試験衛星Ⅷ型「きく8号」を用いたGPS津波計からのデータ伝送であり、これが実用化されることで誰でも・いつでも・どこからでも地震や津波などの災害状況が分かりやすい情報として入手できるようになる。

     これまで被災地のネットワークが途切れた際に現地の状況が不明瞭で迅速な対応ができずにいたが、リアルタイムで高精度の情報が確認できるようになることで的確かつ効率的な支援と、事実情報を元にした防災活動が行えるようになるのである。 衛星測位を活用した最先端測量技術
  • 自然災害を予知

     技術向上により便利になった社会でも自然災害という大規模な不測の事態に人類は太刀打ちできずにいた。
    しかし大規模な演算性能を持つシステムにより、地震・津波・火山噴火などの自然災害に関するデータを解析することでシュミレーションが可能となってきた。

     2014年11月に防災科学技術研究所より発表された日立製作所のデータ処理高速化を図った総合理論演算性能は、旧システムの約21倍にあたる298.9TFLOPSで合計3.3ペタバイトのストレージ環境によって従来は難しかった将来発生する地震規模などを不確実性も含めて評価できるようになった。
    これにより地震・津波・火山噴火・地すべり・風水害・雪氷災害など様々な自然災害の大規模シミュレーションの研究・解析が可能となり危険を予知した避難経路の確保や防災対策が可能となる。

     自然災害は人類の天敵であるが技術向上により予測された天災では従来の大規模被害を回避した予防できる事故となり、我々の生活はより安全を持続しやすくなるだろう。 自然災害を予知

現在集まっている公募課題

  • あなたもastamuseに課題を掲載してみませんか?
    astamuseには月間150万人の技術者がサイトを訪れています。

    astamuseに課題掲載しませんか? あなたの技術的な課題に応えられる技術者がastamuseにはいるかもしれません。 技術分野問わず、未来につながる技術課題をastamuseに掲載してみませんか?

    課題掲載について問い合わせる

本ページに掲載されている公募案件については時点での内容を掲載しております。
各公募内容における報酬や条件、詳細につきましては各リンク先に記載されている内容を
ご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

この課題を解決するために共有する

この課題に関連する成長市場

関連する成長市場はありません

この課題に関連するイノベーター企業

関連する企業はありません

「地震の予測と災害回避」に関連する未来の課題