国立障害者リハビリテーションセンター総長

今注力している分野 (直近3年でのスコア 上位3位)

主要な分野の累積出願数

  1. 材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
  2. 微生物または酵素,その組成物,微生物の増殖,保存,維持,突然変異または遺伝子工学,培地
  3. 酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙,その組成物を調製する方法,微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御

関連する未来の課題

この法人の
活動状況

国立障害者リハビリテーションセンター総長 が強みを持つ分野

人工器官を組み立て,はめ込みまたは試験するための手段,例.測ったり調整したりするためのもの
【酵素、微生物を含む測定、試験】検体、検出物 - 作用表現の物質(酵素等既出分は除く) - 発癌剤、変異原

参入・撤退などの活動状況

2014年1月~2017年1月までの特許出願のデータを参考にしています。

参入・撤退の状況概観

国立障害者リハビリテーションセンター総長

撤退した分野

0分野

2014年1月~2017年1月の期間において撤退した分野はありません

異分野参入・
横展開した分野

0分野

2014年1月~2017年1月の期間において異分野参入・横展開した分野はありません

  • 2014年1月~2017年1月における、該当する活動状況がありません

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

国立障害者リハビリテーションセンター総長
に関する技術履歴

国立障害者リハビリテーションセンター総長の技術一覧