株式会社ジェイ・エム・エス

主要な分野の累積出願数

  1. 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置,人体用の媒体を交換する,または人体から媒体を除去するための装置,眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置
  2. 医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具
  3. 材料またはものを殺菌するための方法または装置一般,空気の消毒,殺菌または脱臭,包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項,包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料

関連する未来の課題

この法人の
活動状況

株式会社ジェイ・エム・エス が強みを持つ分野

回転型液体ポンプ(2)
体外人工臓器
流体圧力測定
救急箱

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

株式会社ジェイ・エム・エス
に関する技術履歴

  • 消滅

    輸液装置の特許権利が期間満了により消滅しました。

    (2017/01/10)

  • 消滅

    輸液装置の特許権利が期間満了により消滅しました。

    (2017/01/10)

  • 消滅

    輸液装置の特許権利が期間満了により消滅しました。

    (2017/01/10)

  • 消滅

    輸液装置の特許権利が期間満了により消滅しました。

    (2017/01/10)

  • 消滅

    自動腹膜透析装置の特許権利が期間満了により消滅しました。

    (2016/12/16)

株式会社ジェイ・エム・エスの技術一覧